韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


赤字

バ韓国のロッテ免税店、昨年の営業利益は前年比99パーセントダウン!!!!

バ韓国の免税店はどこも青息吐息


バ韓国最大の免税店である“ロッテ免税店”の営業利益が過去最低レベルに達していました!!!


昨年の売上額は10億ウォンも減少し、営業利益は99.2パーセントもダウンしたとのこと。


やはり糞支那による限韓令が効いているようですね。


バ韓国の観光業界は躍起になって東南アジアからの観光客を呼び込もうと必死ですが、

どう考えても焼け石に水でしょう。


なにしろ、まともな神経をした人がバ韓国を訪れたら、

「二度と来ない!」と思うのが普通なんですから。


あ!

まともな神経をしている人は、そもそもバ韓国になんか行くはずもありませんでしたねwwww


-----------------------
ロッテ免税店の営業利益が99%減、「冬は過ぎてもまだ寒風」―中国メディア

 2018年4月3日、観察者網は韓国メディアの報道を引用し、韓国のロッテ免税店の営業利益が過去最低レベルになったと伝えた。 

 韓国・聯合ニュースによると、韓国最大の免税店であるロッテ免税店の昨年の売上額は5兆4539億ウォン(約5454億円)で、前年と比べて10億ウォン(1億円)減少した。営業利益は25億ウォン(約2億5000万円)で、前年の3301億ウォン(330億円)と比べて、99.2%も減少し、過去最低となったという。 

 記事によると、業績低迷には多くの要素が関係しているが、主に「『高高度防衛ミサイル(THAAD)』の影響で訪韓中国人が減少していること、さらに仁川空港の免税店の賃料が値上がりしたこと」が大きいという。ロッテ免税店は、仁川空港側と賃料について話し合いを重ねてきたが折り合いがつかず、第1ターミナルにある4区画の売り場のうち、3区画から撤退している。 

 また、「韓国第2の免税店である新羅免税店も業績は芳しくない」と紹介。年間の売上額は3兆5762億ウォン(約3576億円)で、前年比7.1%増加したが、営業利益は26%減少し、583億ウォン(約58億円)だったという。記事は「その他にも、新世界とHDC新羅免税店以外のほとんどの免税店が赤字になった」と伝えた。 

 こうした現状について関係者は、「東南アジアからの観光客の呼び込みに努めているが、中国人団体客の穴をなかなか埋められない」と話している。今年中にTHAADの影響から脱して大勢の中国人観光客が訪れることに期待しているという。 

 韓国メディアは「冬は過ぎたものの、中国人観光客の減少は続いている。中国人観光客を主な顧客としてきた免税店などの旅行業界にとっては、まだ寒風が顔に当たっている状態だ」としている。

http://www.recordchina.co.jp/b589425-s0-c20.html
-----------------------


なんにせよ、着々とバ韓国の終わりが近づいているのが改めて実感できました。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【バ韓国浮上できず】中国人観光客、前年同月比41パーセント減!!!!!!!!

バ韓国を観光するのはキチガイだけ


建前上では限韓令が終わっていますが、

バ韓国には中国人観光客が全然戻っていないようですwwww


この2月にバ韓国を訪問した中国人は、

なんと前年同月比41パーセント減なんだとか!!



ま、今までは異常だったので、

これがバ韓国の限界でしょうね。




そもそも、バ韓国にわざわざ観光しに行こうと思うのは、

出来損ないの人類くらいなんですからwwww



-----------------------
中国人客戻らず、免税・旅行業界に冷風=「春が来たのに春らしくない」と嘆く韓国メディア

 2018年3月27日、中国メディアの海外網は、韓国を訪れる中国人観光客の減少が続き、免税・旅行業界に冷風が吹いていることを受け、韓国メディアが「春が来たのに春らしくない」と漢詩の一句を用いて嘆いていると報じた。 

 記事が韓国・ニューシスの報道を引用して伝えたところによると、2月の訪韓中国人観光客は34万5341人で、前年同月比41.5%減少したことが、韓国観光公社と新韓金融投資証券が25日に発表した統計で明らかになった。 

 ニューシスは、免税業界関係者から「高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備をめぐり悪化した中国との関係に改善の兆しが現れているという話もあるが、実際に体感された変化は全くないのが現実だ」などの声が出ているとした上で、中国人観光客の急減により、業界1位のロッテ免税店は昨年第2四半期、重症急性呼吸器症候群(SARS)事態以降14年ぶりの四半期当たり赤字となったことを伝えている。

http://www.recordchina.co.jp/b587159-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国の海運業、過去最大の赤字を記録!!!!!!!!!!

バ韓国の海運業、最大の赤字に


バ韓国の海運業が、過去最大の赤字を記録していました!!

2017年度の赤字額は5074億円とのことで、2016年の赤字額の3.6倍以上になったとのこと。


そして、

2018年度についても赤字となる見込みなんだとか。



バ韓国政府はこの事態を受け、5兆ウォンの支援を決めたようですが、

今更何をやっても無駄でしょうね。


どれだけ金をつぎ込んでも、ヒトモドキの策なんてタカが知れてますからwwww



どうかそのまま国の崩壊に向けて突っ走ってくださいな。


-----------------------
韓国海運業が過去最大の赤字を記録、政府が対策へ=韓国ネット「血税を投入する必要はない」「すべてが地に落ちた」

 2018年3月8日、韓国・聯合ニュースは、韓国の海運業界について「世界的な業況不振やリストラの影響により、海上輸送部門の国際収支の赤字額が大きく増加した」と伝えた。 

 記事によると、韓国銀行(中央銀行)経済統計システムで17年の海上輸送収支(輸入額-支払額)は47億8010万ドル(約5074億円)の赤字となり、16年の赤字額の3.6倍を記録、統計を取り始めた2006年以降最大の赤字額となった。海上輸送収支は2006〜2015年までは毎年、黒字を記録していたという。 

 その理由について、記事は「韓国内1位、世界7位のグローバル海運会社だった韓進(ハンジン)海運が2016年に法定管理を申請し、昨年破産したことも韓国海運業の競争力にダメージを与えた」と説明している。これにより、海上輸送収入が昨年は179億6810万ドル(約1兆9070億円)となり、16年に比べ14.2%減少、2006年以降最小となったそうだ。 

 さらに海上輸送収支の赤字は今年も継続する可能性が高いそうで、すでに1月の海上輸送収支が5億2710万ドル(約527億円)の赤字を出しているとのこと。 

 このような状況を受け、韓国政府は海運業再建のため資本金5兆ウォン(約5000億円)規模の韓国海洋振興公社の設立を決め、今年7月の発足を目指し詰めの作業に入っているという。同公社は船舶買取などの投資保証、設備投資への参加、海運取引の支援、老朽船舶の代替・経営状況モニタリングなど海運業全般を支援する役割をする予定とのこと。 

 この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「16年に比べて3.6倍だって?これはもう災害レベルだ」「ゾンビのような企業に血税を投入する必要はない」「傷口が広がる前に事業を止めさせろ」など収益力のない事業への支援に否定的な意見が寄せられている。 

 また「韓進海運を調査して。崔順実(チェ・スンシル)事件(一般人が国政に介入した事件)の大きな疑惑の1つが韓進海運がらみだ」「保守政権が10年続いた結果がこれ。経済も道徳も、すべてが地に落ちた状態」など原因を分析するコメントも見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b578881-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








さすがバ韓国www 平昌五輪会場の維持だけで"年間数百億ウォン"!!!!!!!!!!!

五輪後に負債を抱えるだけのバ韓国


前々から分かっていたことですが、

平昌冬季五輪の競技施設のその後の使い道がまったく未定となっているようです。


その年間維持費は、数百億ウォンにもなるんだとかwwwwwww


たかだか21万匹が暮らすにしか過ぎない江陵市が、維持できるわけもありません。



この施設維持によって、ジワジワと屑チョンどもの首が絞められていくと思うと爽快ですなぁ。


-----------------------
平昌五輪会場、今後の利用定まらず=施設維持には年間数十億円―中国メディア

 2018年2月28日、中国新聞網によると、平昌冬季五輪の閉幕に伴い、韓国では競技施設の有効活用が議論となっている。施設の維持には年間数十億ウォンから数百億ウォン(約数億~数十億円)がかかるとみられ、同五輪組織委員会は各方面に支援を呼びかけている。 

 記事によると、五輪会場となった施設12カ所のうち、今後の管理主体が決まっていないのは4カ所。うち江原道のチョンソン高山スキー場は、原状回復費に1000億ウォン(約100億円)近くかかる見通しという。残る3カ所のうち、江陵市のスピードスケート場、アイスホッケーセンターなどは今後、韓国代表チームのトレーニング施設として利用される予定。いずれも年間維持費は20億ウォン(約2億円)以上かかる見通しで、管理主体が決まらない原因になっているという。 

 一方、地元の江陵市の人口は21万人あまり。市民が利用するスポーツ施設としては数が多すぎるため、江陵道知事は「21年の冬季アジア大会を誘致したい」と表明しているが、記事は「財政的にも難しそうだ」と分析している。

http://www.recordchina.co.jp/b574494-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る