韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


路線バス

バ韓国の路線バス、小学生を轢き殺した後も1時間近く通常運行!!

バ韓国の路線バスが小学生を轢き殺す


バ韓国の路線バスが、小学生を轢き殺すという事故を起こしていました。


しかも!


この路線バスは屑餓鬼を轢き殺した後も1時間に渡って通常運行していたというのです!!



ま、屑チョンの餓鬼なんざダニほどの価値もないので、運転手も轢き殺した自覚が無かったんでしょうね。


残念なのは、事故後の1時間で1匹も殺していないことですね。


1匹が1匹を殺しただけではあまり評価できません。

少なくとも2匹以上を轢き殺していれば称賛に値したのですが……。



屑チョンどもはこの運転手に厳罰を求めているようですが、

ただの器物損壊罪なのに大げさですなぁwwww


-----------------------
韓国で路線バスがひき逃げ、小学生が死亡も、1時間そのまま運行=ネットでは「本当に気付かなかっただけかも」との推測多数

 2017年6月15日、韓国・清州(チョンジュ)市で、路線バスが小学生をひく死亡事故を起こすも、その後1時間近くにわたって通常運行していたことが分かった。韓国・聯合ニュースが伝えた。 

 清州興徳(フンドク)警察署は同日、小学生をひき死亡させ、現場を離脱した容疑(特定犯罪加重処罰法上逃走車)で、バスの運転手A(60)を逮捕し取り調べていることを明らかにした。 

 警察によると、Aは15日午後3時26分に清州市内で道路を横断していたB君(11)に衝突、事故の収拾をすることなく路線バスを運行した疑いが持たれている。大けがを負ったB君は通行人の通報を受けて救急車で近くの病院に運ばれたが、その後死亡した。一方、バスは事故後も通常の運行を続けていた。 

 その後の調べで、B君は児童保護区域の往復2車線の道路を渡っていたところ、Aが運転する路線バスの右側前方のバンパーにぶつかったことが判明、警察は付近の防犯カメラの映像から該当のバスを特定し、同日午後4時20分にAを逮捕した。 

 警察の調べに対し、Aは「人にぶつかったのが分からなかった」と供述しているという。 

 この事故に、韓国のネットユーザーからは「大切な命が…」「ご冥福をお祈りします」とB君の死を悼むコメントや、「路線バスやタクシー、無法ドライバーには強力な処罰を」と厳しい処罰を求める声などが寄せられている。 

 また、Aの供述を受けて「これは本当に気付かなかったのかも。どんなにおかしな人でもひき逃げ事故を起こしたら冷静に運転を続けられない。それに、子どもをひいたことが分かればバスの乗客も黙っていなかったはず」と理解を示す声も多数、一方で「いや、気付かなかったのは前を見てない証拠。児童保護区域は制限時速30キロのはずだけど、かなりスピードを出していたのでは?」など推測する声も。 

 さらに、「幼稚園児をたくさん乗せてるのに、追い越しをする高齢の運転手もいる」「60歳を過ぎると感覚も鈍ってくる。だから毎年検査をし、不適格判定を受けた人は交代させるべき」と運転手の高齢化に警鐘を鳴らす声や、中には「子どもへの教育も大切。バスのような大型車の近くには行かせないように教育すべき」と教育の重要性を訴えるユーザーもみられた。

http://www.recordchina.co.jp/b181369-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国のバスは乗るのも降りるのも命がけwwwwwwwww

屑チョンの性根の醜さがよく分かる画像


バ韓国の路線バスの実態というのはトンデモないようですね。


・目的の停留所で下りるため、走行中にドアの前に立たなければならない

・バスが止まる前にドアが開かれる

・乗る際も急がないと発車してしまう


……など、屑チョンらしさ全開となっているのです。



ま、まともな神経をしている人なら、そもそもバ韓国になんざいかないので、

我々人類には関係ない話ですがねwwwwwwww



どうせならもっと過激な運行をしていただき、

毎日のように屑チョンどもを数千匹単位でぶっ殺してほしいものです。





※ちなみに、画像はバ韓国のバスで日常的に見られる光景です。

隣に誰も座らせたくないので、どいつも通路側に座ってブロックしているのです。

本当に糞すらの価値ほどもない連中ですね。




-----------------------
韓国の路線バスである決まりを守ったら…目的地で降りられない事態に=韓国ネット「日本と比べるのは間違い」「韓国では原則を守ると損をする」

 2017年2月5日、韓国・テレビ朝鮮は、韓国の路線バス内でよく見られる注意書きの決まりを徹底して守ってみたところ、目的のバス停で降りられない事態になったと伝えた。 

 その決まりとは「降りる際はバスが止まってから座席を立つ」というもの。韓国の路線バスでは、「停留所に止まる前に絶対に立ち上がらないでください」との注意書きが車内の目立つ位置に貼られているほか、停車前に「乗客の皆さん、バスが止まってからゆっくり降りてください」とアナウンスも流れる。しかし、いざ記者がこの「原則」を守ってみると、降りる前に降車ドアが閉じられる事態が続発した。下車ボタンを押したにもかかわらず、試した20台のうち11台でドアが閉まってしまったのだ。 

 こうした状況から、韓国のバスでは停車する前から降りる準備をしておく方法がむしろ一般化しているようだ。筆者の経験だが、韓国のバスで日本のように停車をじっくりと待っていたために降りられなくなったことは数度、運転手に「バス停が近づいたらドアの前まで来てくれないと降りたいのかどうか分からない」と言われたこともある。記事によれば、運転手側には「ぎりぎりに組まれた運行間隔を守らねばならない」という事情があるという。 

 記事は「日本などの先進国では、安全のためバスが停車した後に降りるのが原則」と説明、韓国のバスの注意書きが、実際には守られることのないお題目になってしまっている問題を指摘した。 

 この記事に、韓国のネットユーザーからは共感を訴えるコメントが多数寄せられている。「乗ってもいないのに発車してしまうのはやめてほしい」との声が最多の「いいね」を集めたほか、「前もってドアの所まで行っておかないと無理だよ」「決まりを守ると運転手さんにむちゃくちゃ怒られるんだよなあ」「共感。僕も守ろうとして何度バス停を乗り過ごしたことか…」「バスの乗り降りは本当に怖い」「停車する前に降車ドアを開けるのもやめて」など、実体験を基にしたコメントが並ぶ。 

 また、「日本人が韓国に来て仰天することのうちの一つだね」「日本で暮らした人間からすると、日本と比べること自体が間違い。日本とは比較にならないのが韓国の現実だよ」「日本でバスに乗ってごらんよ!ああ、これが国民意識の違いかと思うね」など、記事で言及された日本を引き合いに出すコメントも。 

 さらに、「こういう基本的なことを守ってこそ、また一歩先進国に近づけるのでは?」「この決まりが実質的に守られる環境が整うといいな」と希望を語る声の一方、「韓国はパリパリ(早く早く)文化だから絶対変わらないよ」「韓国は原理原則通りに生きたら損をする社会みたいだ」など、諦めともみえるコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/a162927.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【コリアンボカン】マンホールのふたが突如跳ね上がり、走行中のバスを直撃!!

戦闘機を破壊するなど、破壊力のある韓国製マンホール


チャイナボカンに負けず劣らずコリアボカンも頑張っていますね。

今回はマンホールのふたが突然跳ね上がってバスを直撃したとのことです。

どうやら爆発ではなく水圧の上昇によるものらしいですね。




しかも駆除された韓国塵はゼロとのこと。





数千匹単位で駆除されるようなコリアンボカンが連日のように発生してくれること、期待してます!



-----------------------
「マンホールのふたが跳ね上がって路線バスを強打」~運転手と乗客がけが

 道路上のマンホールふたが跳ね上がって走行中の路線バスを強打して、バスの運転手と乗客がけがをする事故が起きた。

 12日の午後3時55分頃、昌原市(チャンウォンシ)馬山会原区(マサンフェウォング)陽徳路(ヤンドクロ)の道路で、直径約80cmのマンホールふたが急に跳ね上がり、道路を走っていた路線バスの下部を強打した。

 この衝撃でバスに乗っていた運転手のカン某さん(42歳)と、乗客のパク某さん(41歳)など乗客2人が倒れてけがをした。

 警察は、豪雨が降って水圧が高くなり、下水管を覆っているマンホールふたが跳ね上がったと見て、バス内の監視カメラ映像と乗客の供述を基に、正確な事故経緯を調査している。

 警察はまた、管轄の区役所にマンホールを再設置するよう伝えた。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=079&aid=0002606804
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る