韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

転落

ナイアガラの滝からバ韓国塵留学生が転落!! 医療費・帰国費用合わせて12億ウォンを政府に求める請願が!!!!

ナイアガラの滝からバ韓国塵が転落


カナダに留学していた屑バ韓国塵が、ナイアガラの滝から転落して脳死状態になっていましたwwww

立ち入り禁止の場所に行き、写真を撮ろうとして転落したとみられているようです。


いやぁ、まさに絵に描いたような屑チョンですね。


この事態に家族は歓喜の涙を流しているようですねwwww


大統領府の国民請願掲示板に助けを求め、

治療費や帰国費用として12億ウォンを無心していました!!



ここは是非、バ韓国政府が助けてあげるのに期待したいものです。

間違いなく、金目当てで似たような請願が多発するでしょうからwww



-----------------------
米観光地での転落・昏睡で医療費1億円…支援の是非めぐり議論白熱

 韓国大統領府(青瓦台)の国民請願掲示板に、「米国グランドキャニオンで転落して重体に陥った20代の韓国人青年の帰国を助けてほしい」という内容の請願がアップされた。

 今月17日、請願掲示板に「カナダに留学していた25歳の韓国人青年パク・ジュンヒョクさんが、帰国前に観光しようと一時立ち寄った米国アリゾナ州のグランドキャニオンから転落した。パクさんは付近の病院で治療を受けているが昏睡状態で、まだ目覚めていない」という書き込みが登場した。

 請願者は「家族が急いで現地に向かって容体を見守っているが、数度にわたる手術と粘り強い治療にもかかわらず脳死状態で、言葉にできない苦痛の中で耐えている。韓国に連れ戻したいが、観光業者との法的な問題や治療費の問題で不可能な状態」とつづった。

 その上で、請願者は「この青年の行動の是非はともかく、他国で遭遇した気の毒な事故が原因で、個人が負担・解決できるレベルを超えたもの。国は、たった一人の自国民であろうとも保護するのが義務だ。韓国国民の一員たるパクさんが故国へ戻れるように助けてほしい」と付け加えた。

 請願文によると、脳死状態に陥ったパク・ジュンヒョクさんを韓国へ移すにはおよそ2億ウォン(現在のレートで約1940万円。以下同じ)かかるという。また、パクさん側が現地で支払わなければならない医療費も10億ウォン(約9710万円)を超えるという。さらに観光業者とパクさんの保護者は、パクさんが行ってはならない危険な場所へ一人で行き、写真を撮っていて事故に遭ったのかどうかをめぐって争っているといわれている。

 「グランドキャニオン転落青年」の一件をめぐり、ネット上では論争が起きている。「気の毒な状況に直面している国民を保護すべき」という見解があるかと思えば、「観光していて転落した国民の医療費までは、税金で面倒みることはできない」という意見もあって対立している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/23/2019012380153.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















エレベーターからの転落が日常茶飯事のバ韓国www 12歳の小学生が落下!!!!!

バ韓国のエレベーターは転落が日常茶飯事


一昨日、実に楽しい事故がバ韓国で発生していましたwwww


小学生の屑チョンがエレベーターに乗り込もうとしたところ、

扉の向こうにエレベーターが無くてそのまま転落したようですwwwwww



残念ながら1.2メートルしか落下しなかったので、軽傷で済んでしまったとのこと。


いやぁ、惜しかったですなぁ。


中途半端な結果に終わってしまい、この屑チョンの家族はさぞかし悔しい思いをしていることでしょう。



「死んでいてくれれば、夢の貴族生活を送れたのに……」


そんな心の声が聞こえてきますねwwwww


-----------------------
扉は開いたがエレベーターはなく…小学生が転落してけが=韓国

 18日午後4時ごろ、ソウル永登浦区新吉洞(ヨンドンポク・シンギルトン)の店の1階で、小学生がエレベーターの通路に落ちてけがをする事故が発生した。この事故で小学生A君(12)がひざを痛めて付近の病院に運ばれた。命に別条はない。 

 消防関係者は「当時エレベーターが故障中で、階の高さに合わせて停止しない状態だった」とし「これを知らなかったA君が扉が開くとすぐに足を踏み出し、通路の下に落ちたとみられる」と伝えた。 

 A君は1.2メートル下に転落した。消防当局は詳細な事故の経緯を調べている。

https://japanese.joins.com/article/321/249321.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















歩きスマホをしていたバ韓国塵、蓋が開いていたマンホールに転落!!!!!!!!

シンクホールに落下するバ韓国塵の急増を願う!


バ韓国の首都ソウルでの出来事。

歩きスマホをしていた20代の雌チョンが、マンホールに落下!!

残念ながら死ななかったようですが、屑チョンらしい間抜けっぷりを披露してくれましたねwwwww


ちなみに、このマンホールは調査のために蓋が開いていたとのこと。

その周囲には赤いロードコーンが設置されていたようですが、それに気づかなかったようです。


今後も似たような事故は多発してくれそうですね。




歩きスマホをしている屑チョンどもが、レミングの集団自殺よろしくシンクホールに次々と転落……。

なんとも胸が熱くなる光景ですなぁ。



-----------------------
「ソウルの安全意識は不十分」マンホール転落事故への指摘に、韓国ネットが反論

 2018年4月20日、韓国・テレビ朝鮮はこのほど、女性が5メートルの深さのマンホールに転落した事故を取り上げ、韓国社会の安全意識の低さを指摘した。 

 記事によると、今月17日の午後、ソウル・江南(カンナム)の裏通りで、スマートフォンを見ながら歩いていた20代女性がマンホールに転落する事故が発生した。この事故で、女性は足にけがを負った。区役所が下水管の状態を調査するためマンホールの蓋を開けておいたことが原因とみられているそうだ。当時現場には赤いロードコーンが置かれ、誘導員もいたとされるが、事故は防げなかったとのこと。 

 これについて記事は「現場の安全措置に残念な点な多いため、歩行者の不注意のせいにはできない」と伝えている。事故当時、マンホールの周りにはロードコーンが3つ置かれていたそうだが、海外では通常、マンホール工事の際は四方を囲むマンホール屏風(びょうぶ)を設置するという。 

 記事は最後に「ソウル市内にマンホールは約60万カ所ある。不十分な安全意識があちこちで市民を脅威にさらしている」と締めくくっている。 

 しかし、これに対する韓国のネットユーザーからのコメントは「これはどう見てもケータイを見ながら歩いてた女性が悪い」「安全措置が不十分だったのも原因だけど、歩きながらスマホはやめて」「歩道でもないし、車道の真ん中でよくスマホ見ようなんて思ったね?」「ロードコーンが3つも置かれてたんだから気付かなきゃ」と女性に対する厳しい指摘が目立ち、「死ななかったことを感謝した方がいい」「今は病院でケータイを見てるんじゃない?(笑)」との皮肉まで。 

 また現代のスマホ事情に警鐘を鳴らし、「朝、地下鉄を降りて階段を上がるまでスマホを見つめている人が多い。通勤の邪魔になるし本当にみじめ」と嘆くユーザーも見られた。

http://www.recordchina.co.jp/b593448-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【お笑いバ韓国軍劇場】軍用バスが崖下に転落して22匹が重軽傷!!!!

バ韓国の軍用バスが崖下に墜落


先日、バ韓国軍の訓練兵22匹が乗っていた軍用バスが、

ガードレールを突き破って崖下に転落していました。



いやぁ、残念です。


その崖下というのは、高さ5メートルにしか過ぎなかったようです。


その結果、重軽傷者は出たものの、1匹も死ななかったのです。


事故の原因はまだはっきりしていないようですが、

次はもっと高低差の激しい崖下にダイブしていただきたいものですね。



-----------------------
韓国軍:軍用バスが転落、訓練兵ら22人重軽傷

 江原道楊口郡方山面古方山里のトゴ・トンネル付近(方山方面)で2日午後5時6分ごろ、25人乗りの軍用バスが道路左側のガードレールを突き破って高さ5メートルの崖下へ転落した。この事故で、バスに乗っていた20歳の訓練兵など韓国軍将兵22人が重軽傷を負った。

 事故を起こしたバスには、運転手の上等兵と責任者の中士(軍曹に相当)、訓練兵20人が乗っていた。バスは事故の衝撃で車輪が車体から外れ、天井部分が紙のようにぐしゃぐしゃになるなど大きく破損した。

 訓練兵らは韓国陸軍第21師団にて服務中の将兵で、現在は楊口の白頭病院・聖心病院に搬送され、治療を受けている。事故当時、訓練兵らはいずれもシートベルトを着用していたという。事故に遭った将兵のほとんどは、昨年12月4日から25日にかけて第21師団新兵教育隊に入り、訓練を受けていた1-5週目の訓練兵だった。一行は2日午前9時ごろ、健康診断を受けるため方山面ソンヒョン里の新兵教育隊から楊口邑下里の師団医務隊に向かい、診療後を終えて新兵教育隊に戻る途中、事故に遭った。

 警察は「ブレーキが破裂したようだった」という運転兵と責任者の話を基に、正確な事故の経緯を調べている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/01/03/2018010300945.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る