韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


輸出

2016年に日本に輸出されたバ韓国車、その数「371台」!!!!!!!

バ韓国車は鉄屑ほどの価値もない


2016年にバ韓国からこの日本に輸出された「バ韓国車」は371台だったとのこと。


いやぁ、にわかには信じられませんね。


在日屑チョンですら乗るのを避けているバ韓国車が、新たに371台も輸入されていただなんてwwwwwww


ちなみに、バ韓国へ輸出された日本車は4万3千台以上とのこと。


これもけしからん話ですね。

屑チョンの分際で日本車に乗るとは、身の程知らずもいいところです。



屑チョンらしくバ韓国車に乗って、

車ともども粉みじんになっていただきたいものですね。


-----------------------
韓国車は日本でなぜ売れない?昨年の対日輸出、わずか371台=「品質の違い?」「日本に車を売ろうとしていることに無理がある」―韓国ネット

 2017年2月9日、韓国・イーデイリーによると、韓国への日本車の輸入が増加する一方、日本への韓国車輸出が伸び悩んでいる。 

 韓国自動車産業協会(KAMA)によると、2013年に462台だった対日本自動車輸出量は、2014年321台、2015年273台、2016年371台(乗用車200台、バス171台)となっている。371台の輸出量は、アフリカのアンゴラ(355台)と同水準で、パプアニューギニア(427台)よりも低い。 

 韓国の自動車最大手・現代(ヒュンダイ)自動車は2000年に日本に販売法人を設立し、中型セダン・ソナタを筆頭に日本市場に進出したが、2009年に商用車販売店だけを残して撤退した。韓国の自動車最大手・ルノーサムスン自動車は釜山工場で生産したクロスオーバーSUV・QM5(現地名コレオス)を2008年から輸出し、2009年に229台の販売を記録したが、その後販売量が減少し、2015年からは完全にゼロになった。米GM子会社・韓国GMも、2011年からシボレーの小型車アベオ(現地名ソニック)と中型SUV・キャプティバを輸出しているが、2013年325台、2014年150台、2015年170台だった。一方、日本車の輸入は増加傾向にあり、2013年3万6194、2014年4万7939台、2015年4万1518台、2016年4万3337台を記録した。実際の販売量は、2013年2万2042台、2014年2万4093台、2015年2万9003台、2016年は3万5429台と着実に増加している。日本での韓国車販売不振の原因として、小型車を好むことや購入後のアフターサービスが楽に受けられることなど、日本の消費者の自動車購入動機を正確に把握していなかったことが指摘されている。 

 日本への韓国車輸出が伸びない現状に、韓国のネットユーザーからは「技術もないのに日本に車を売ろうとしていることに無理がある」「日本は細かなところまで精密に作るからな、それと比べられたら…」「品質の違いじゃないのか」「米国市場でも猛威を振るっている日本車に韓国車が対抗できるわけない」など、品質の違いを指摘する声が多く寄せられた。

http://www.recordchina.co.jp/a163599.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【鳥肉注意!】バ韓国のサムゲタン輸出が最低値に!!

サムゲタンを食うのは屑チョンくらい


バ韓国のサムゲタン輸出量が過去半年で最低となる数値になったようです。

その理由は、中国での限韓令と鳥インフル。


今までは中国への輸出が制限されていたようですが、その制限が解除されたばかりなのにこのザマですwwwww

……ということは、大量の在庫が余っているワケですね。


この流れでいくと、いつものようにイオンだの岡田屋だので、

鳥肉セールがおっ始まりそうですね。



くれぐれも騙されて購入しないよう注意したいものです。


-----------------------
鳥インフルに限韓令…、やっと始まった韓国の対中サムゲタン輸出が大ピンチ―中国メディア

 2017年1月25日、環球網によると、韓国産サムゲタン(参鶏湯)の先月の対中輸出が過去6カ月で最低となる5.5トンにとどまった。背景には韓国を襲った鳥インフルエンザや中国が反発する高高度防衛ミサイル(THAAD)問題があると指摘されている。 

 これまで検疫や衛生問題を理由に制限されていた韓国産サムゲタンの対中輸出が始まったのは16年6月末のことだ。中韓が15年に合意した輸出協議内容には鳥インフルエンザが発生した際の原料調達先に関するルールが盛り込まれている。韓国農林畜産食品部などは輸出企業5社のうち3社に鳥インフルに関連した検疫上の問題があることを報告、残る2社も鶏肉調達などの問題に直面していることを明かしている。

 韓国は16年の対中輸出目標500トンを掲げていたが、結果は約190トンだった。鳥インフルのほか、中国での需要の低さや価格競争力の弱さ、韓国のTHAAD配備に対する中国当局の「限韓令(韓流禁止令)」を念頭に置いた現地小売業者が販売に消極的になっていることを指摘する声が出ている。

http://www.recordchina.co.jp/a161986.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








バ韓国・海洋水産部が日米に向けて“牡蠣”スナックの輸出を開始!

ウンコ臭プンプンのバ韓国産牡蠣スナック


バ韓国の海洋水産部がアメリカや日本にむけて、牡蠣のスナック輸出を始めるんだそうです。

ウンコまみれの海で育ったウンコ臭い牡蠣を使ったスナックなんて、いったい誰が食べるというのでしょう?

イオンやAEONや岡田屋あたりが、原産国の表示を誤魔化して店頭にしれっと並べるんでしょうね。



ま、いつものように大腸菌が発見され、アっという間に輸入禁止措置をとられるんでしょうけどwwww

-----------------------
栄養満点の“牡蠣”、スナックになって輸出へ=韓国

 水産物輸出品の“牡蠣”がスナックとして開発され輸出されることとなった。

 韓国海洋水産部は21日、米国の食品会社コハフードと1億ウォン台の牡蠣スナック輸出契約を結び、今年下半期に輸出が開始する予定で、日本とも5月に輸出契約が控えていると明らかにした。

 牡蠣スナックは海水部が支援する技術開発事業を通じて産・学・研が共同で製品開発に成功し、生牡蠣を除いた後、さまざまな調味料(ヤンニョム)を加味したことで、酒のつまみや子供用栄養おやつとしても注目されている。

http://www.wowkorea.jp/news/japankorea/2016/0421/10164756.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








安定のパククネ婆政権wwww 通貨危機以降、最低水準となった昨年のバ韓国GDP成長率!!

GDPで大活躍の売春業


昨年のバ韓国のGDP成長率が判明していました!

バ韓国政府の目標は前年3パーセント増だったようですが、2.6パーセント増で終わったとのことです。


いやぁ、驚きました!!!!!!!!!


とっくの昔にマイナス成長しているんだとばかり思ってましたからwwwwww



今回判明した低成長率はIMF危機以降、最低の水準とのこと。

さすがはパククネ婆のことだけはあります。



国内経済のことなんか放置して、日本の悪口を言いふらすのに必死でしたからねぇ。


海外への輸出も駄目、国内の消費増も見込めない、世界中からは笑い者にされて忌み嫌われ、この世の地獄と言われているのも納得です。



地獄と化した朝鮮半島から屑チョンが逃げ出さないようしっかりと隔離したいものです。

そして、在日どもや世界中に散らばってしまった害獣どもを朝鮮半島に送還し、半島ごと焼却処分するべきでしょう。




ね、屑チョンの皆さん。

生きていても辛いだけでしょ?

そろそろ楽になっていいんですよ。


-----------------------
朴政権、歴代「最低記録」 韓国経済成長率、今年も低空飛行か

 朴槿恵(パク・クネ)政権が不名誉な「最低記録」を打ち立てた。韓国の2015年の国内総生産(GDP)成長率は前年比2・6%と、3%台の政府目標は未達に終わり、「国際通貨基金(IMF)危機」後の歴代政権で平均成長率は最も低い水準に落ち込んだ。中国経済の失速に巻き込まれており、今年も景気回復は容易ではない。

輸出低迷 リーマンショック時と同水準

 成長率低下の元凶となったのが、韓国のGDPの約半分を占める輸出の低迷だ。輸出の伸びは14年の2・8%から15年は0・4%と大幅に縮小、リーマン・ショック直後の09年以来の低水準に落ち込んだことが大きく響いた。

 さらに中東呼吸器症候群(MERS)による内需不振も影響したとみられる。MERSでは朴政権の初動の遅れも批判を浴びた。

 四半期ベースでも、15年7~9月期(第3四半期)は消費喚起策を受けて1%台の成長を確保したが、10~12月期(第4四半期)の成長率は0・6%と、0%台の低空飛行に再び落ち込んだ。

 朴政権がスタートした13年度の成長率は2・9%、14年度は3・3%、そして15年度は2・6%と大きく下がり、3年間の平均成長率は2・9%と3%を下回った。

 韓国は1997年に発生したアジア通貨危機で経済が破綻状態となり、IMFの管理下で改革を余儀なくされた。

 それ以降、歴代政権での経済成長率は、金大中(キム・デジュン)大統領当時の5年間(1998~2002年)が平均5・3%、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領当時(03~07年)が平均4・5%、李明博(イ・ミョンバク)大統領当時(08~12年)が平均3・2%と徐々に下がっているが、朴政権の成長率はさらに低い。

 2・6%という成長率も、IMF危機後の1998年のマイナス5・5%、リーマン・ショック翌年の2009年の0・7%、欧州財政危機があった12年の2・3%に次いで悪い数字だ。

 朴政権は16年の成長率を3・1%と掲げるが、これが実現できるかどうかは極めて不透明だ。というのも、輸出に復調の兆しが見られない。

 輸出は昨年1月に前年割れに転じた後、12カ月連続でマイナスとなっている。今年1月も2ケタ減が確実視されているのだ。

 これはやはり中国経済失速の影響が大きい。韓国は輸出の4分の1以上を中国に依存しており、対中輸出が10%減少すると成長率も0・5%低下する計算だ。中国の15年の成長率は“公式発表”でも6・9%と政府目標の7%を下回ったが、16年はさらなる低成長に陥ると予想されている。

 中国経済に巻き込まれて韓国経済も低空飛行が続きそうだ。

http://www.sankei.com/world/news/160129/wor1601290020-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






オススメ息抜きネタ
拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。

★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る