6世紀ころのヒトモドキの顔


バ韓国の大学教授が、6世紀初頭の新羅時代のメスの顔を復元していました。


これはバ韓国の道路工事中に発見された1500年前の頭蓋骨を復元したものとのこと。



人類の基準から見たら不細工極まりないですが、

現在の屑チョンどもと比べたら遥かに綺麗ですねwwwwww


劣等遺伝子同士の近親交配を重ねた結果が現在の屑チョンなのですから。



これ以上劣化する前に、朝鮮ヒトモドキという種を終わらせるべきでしょう。

最後の1匹まで見逃すことなく駆除し、この悪夢のような連鎖を終わらせてあげるのがきゃつらのためなのです。



もちろん混血種も例外ではありません。

人類と交わって生まれてしまった混血児もさっさとぶっロコすべきでしょうね。

そんな異形の化け物は、生きながらえたとしても誰も幸せになりませんからwwwwwww


-----------------------
新羅時代の女性はこんな顔、韓国の研究グループが復元に成功

 6世紀初めの新羅時代、都が置かれた現在の慶尚北道慶州市に住む女性の顔はどのようなものだったのだろうか。ソウル大学医学部法医学研究所は8日、「延世大・梨花女子大・成均館大や新羅文化遺産研究院などと共同で、新羅時代の女性の人骨を利用し、1500年前の新羅時代の女性の顔を復元するのに成功した」と発表した。復元された新羅時代の30代後半の女性の顔は、現代の女性と比較すると、左右の顔の幅が狭く、上下も短い一方、後頭部がぽこっと突き出ていた。

 研究グループは2013年、慶州市内で道路工事の最中に発見した1500年前の人骨を分析した。頭蓋骨がばらばらになった状態で発掘されたため、まず骨格を復元し、コンピューター断層撮影(CT)を利用して3Dスキャン作業を行った。その後、3次元コンピューターグラフィックス(3DCG)のプログラムを利用し、顔の筋肉や顔色を付けるなど、女性が生きていたときの姿を最終的に復元した。このように、精巧な3Dスキャン作業などを経て、古代の女性の姿を復元したのは、韓国では今回が初めてだ、と研究グループは話した。

 ソウル大医学部法医学研究所のイ・ウォンジュン研究員は「復元された女性の身長は150-160センチ程度と推定され、骨の炭素同位体を分析した結果、食生活は野菜が中心だったと考えられ、体重は相当軽かったと予想される」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/09/2016060901209.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ