韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

追放

バ韓国国籍を捨てた屑チョンどもが5年間で1万匹を突破!! その多くがアメリカや日本の国籍を取得だと!?

バ韓国塵どもに国籍を与えるのは大間違い


この5年間でバ韓国の国籍を捨てたヒトモドキが1万匹を突破していました。


本当に馬鹿な連中です。


国籍を変えようとも、ヒトモドキはヒトモドキにしか過ぎないというのに。



ちなみに、75パーセント以上の屑チョンどもがアメリカ国籍を選んでいたとのこと。


その次に多かったのは、この日本!


しれっと日本人に成りすましている屑チョンが増え続けているかと思うと、ゾっとします。



そもそもヒトモドキは我々人類とは異なる生き物なので、国籍を与えること自体が間違っています。



アメリカも日本も、さっさとヒトモドキどもから国籍を取り上げて殺処分するなり国外追放処分するなりするべきでしょう。


一刻も早い法改正が望まれるところです。




-----------------------
国籍放棄者の84%は10代で放棄…韓国国籍放棄者の75%は‘米国’を選択=韓国

 韓国・ここ5年間で韓国の国籍を捨てアメリカ国籍を選んだ多重国籍者が1万人を超えることが明らかになった。

 国会外交統一委員会所属のイ・サンミン共に民主党議員が18日配布した法務部資料‘2015~2019年の二重国籍放棄現状'によると、韓国国籍を放棄した者は、5年間で1万3433人だった。

 彼らのうち、米国国籍を選んだ割合は75.3%(1万119人)で、他の国に比べて圧倒的に高かった。米国の次に日本国籍を選んだ割合が高かったが9.2%(1248人)にすぎなかった。

 この他、カナダの8.33%(1119人)、その他2.98%(401人)、オーストラリア2.29%(308人)、ニュージーランドの0.82%(111人)、ドイツ0.55%(75人)、英国0.38%(52人)の順となっている。

 一方、在外同胞の大韓民国出・入国と国内での法的地位保証を目的とする在外同胞法が施行された2018年の場合、韓国国籍放棄は6986人に急増した。前年(1905人)に比べ3倍以上の数である。

 ここ5年間の年齢別韓国国籍放棄者の場合、11~20歳83.7%(1万1250人)で最も割合が大きかった。0~10歳10.48%(1408人)に達した。21~30歳5.42%(729人)だった。

 これに関連しイ議員は「11~20歳の国籍放棄の割合が高いのは、先天的多重国籍の男性は、国籍法第12条の規定により、18歳になる年の3月末まで国籍離脱申告が可能なためとみられる」と説明した。

 さらに「8日、憲法裁判所でこれらの国籍法が憲法に反する決定が下されたため、多重国籍者の国籍放棄に対する改善策を講じていかなければならないだろう」と述べた。

 また、「個人の国籍放棄は、個人と国家間の実質的な結束が不足するグローバル時代であるだけに、柔軟な対応が必要だ」としながらも「男性の場合、兵役義務回避の手段として悪用される可能性もあり、防止策の用意が必要だ」と付け加えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d31f77307e42a16ac0c36f34308e753856ffad6e
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















サッカー界の韓国離れが加速化! FIFA追放も視野に!?

この暴行事件で韓国を処罰しないFIFAはもうダメ


何を今さら感が否めませんね。

いま、世界中のサッカー関係者が韓国に対して激怒しているとのことです。

先日のACLしかり、ブラジルW杯アジア最終予選しかり、いつでもどこでも糞チョンは糞チョンらしさ全開です。




やはり2002年の日韓WCあたりで正式にFIFAから除名すべきでしたね。

今現在、韓国マネーがどの程度FIFAを浸食しているのかは不明ですが、現実問題韓国を追放することは難しいでしょう。


いっそのこと、韓国以外の全ての国がFIFAから抜けて、新しい組織を作ったほうが手っ取り早いかもしれません。



我々は人類のスポーツとしてのサッカーが観たいだけなんです。

ヒトモドキの馬鹿チョンの玉蹴りなんぞ、見たくも聞きたくもありません。


-----------------------
世界中が激怒する韓国サッカーFIFA追放5秒前

たび重なるラフプレーに最悪マナー

 日本敵視の外交で国際的に孤立を深める朴槿惠(パククネ)大統領に負けず劣らず、韓国サッカーが総スカン状態に陥っている。

はっきり言って世界中がブチ切れています。先日、アジアチャンピオンズリーグの決勝で中国・広州恒大の監督としてソウルを訪れた世界的名将、マルチェロ・リッピ監督が、"韓国人は失礼極まりない。30年間の監督生活で、こんな無礼な目に遭うのは初めてだとブチまけました」(専門誌記者)

 事前に確保を依頼していた練習場を直前で使わせないという暴挙に、ドイツW杯の優勝監督が激怒するのは当然のこと。

 だが、これは氷山の一角に過ぎない。

10月12日、同じくソウルで行われたブラジルとの親善試合で、韓国選手はサッカー界の若き至宝・ネイマールを2人で徹底マーク。後ろからラフすぎるタックルを執拗に繰り返し、乱闘寸前の事態になりました。ネイマールが大ケガでもしたら、国際問題になっていたでしょうね」(前同)

 すでに国家間のバトルに発展しているケースもある。

 ブラジルW杯アジア最終予選、対イラン戦でのことだ。

韓国選手が"イランに血の雨を降らせてやる"と意気込むなか、ソウルに乗り込んだイランは勝利を収めましたが、大喜びしたイラン選手が韓国スタッフに殴られるという、まさかの事件が起きたんです」(同)

 事件は、すでにFIFAを巻き込んだものなっており、両国の関係は深刻な状態だという。

ほかにも、2002年日韓W杯における"不正ジャッジ疑惑"の影響で、ポルトガル、イタリアなどは韓国との対戦を拒否しているとも聞きます。国際的に"追放される"という可能性も十分にありますね」(同)

 まさに、激ヤバだ!

http://taishu.jp/sports_detail648.php
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る