韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

通貨危機

崩壊中のバ韓国経済! 製造業の在庫率が過去20年で最悪の値に!!

バ韓国経済を破壊する文大統領


今年のバ韓国の製造業は、かなり低調でした。


製造業の在庫率は、ここ20年で最高の数値を記録!

工場の稼働率は、ここ10年で最悪の値となっていましたwwwww



ま、物を作っても売れないので、こうなることは目に見えていましたね。


さらに、バ韓国の輸出量は13か月連続で減少中です。



まさに末期症状ですね。


ここまでバ韓国経済を失速させた文大統領に、賛辞を送りたいものです。



民族丸ごと自殺でもして、さっさと楽になってほしいものです。



-----------------------
韓経:在庫率、通貨危機後最高…工場稼動率この10年で最低=韓国

 今年韓国の製造業は1997年の通貨危機と2008年の金融危機の際に立てた「不名誉な記録」を相次いで塗り替えた。製品販売が急減して在庫が貯まり、企業が生産と投資を控えて生産能力が下落する悪循環が産業・経済指標に明確に現れた。

 統計庁が25日に明らかにしたところによると、5月基準で全製造業在庫率は117.9%だ。1998年9月の122.9%以降で最も高い数値を記録してから高い水準を維持している。在庫率は毎月末基準で業が倉庫に積み上げた在庫量(生産者製品在庫指数)を1カ月間に市場に出した出荷量(生産者製品出荷指数)で割って算出する。製品10個を市場に出す時に12個が倉庫に貯まったことになる。

 生産するほど損失を出すことになるため企業は電気料金と人件費を節約するために稼動を減らすほかはない状況だ。製造業の平均稼動率は1-3月期に71.8%で金融危機直後の2009年1-3月期の66.5%以降で最も低かった。今年4-9月期には稼動率が小幅に上がったが、73%を上回っていた2015~2018年の年平均稼動率の水準には依然として至らなかった。

 在庫率上昇と稼動率下落が深刻化し、企業は設備投資を減らした。すでに生産していた物も倉庫に貯まっている上に将来のための設備を新たに入れるのは難しいという判断からだ。設備投資は今年減少が続いた。10月の統計を見ると機械類が4.0%減、運送装備が7.1%減など製造業関連投資の減少が目立った。人的投資である雇用も急減した。製造業の就業者数は昨年4月に減少に転換してから先月まで20カ月連続で減った。過去最長期間の減少だ。

 製造業不況の最大の理由としては内外の環境悪化と世界的な景気低迷による輸出不振などが挙げられる。米中貿易紛争などにより企業の投資心理が冷え込んで貿易が鈍化し、対中依存度が大きい韓国が直撃弾を受けた。韓国の輸出は昨年12月から12カ月連続で減少した。今月も減っており13カ月連続の減少が確実視される。

 規制一辺倒の産業政策も製造業の競争力を落とした要因に挙げられる。最低賃金と法人税率引き上げ、週52時間労働制施行などで経営コストが急激に上がったことも製造業者を萎縮させたと分析される。

https://japanese.joins.com/JArticle/260903
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















通貨危機より最悪の事態に!! バ韓国の失業者、19年ぶりに100万匹を突破!!!!!!

失業者が100万匹を突破したバ韓国


バ韓国の月平均失業者数が106万5000匹を突破していたようです。


失業者が100万匹を超えるのは19年ぶりとのこと。


つまり、2008年のバ韓国通貨危機よりも最悪の状況となっているわけです。



いやぁ、楽しみですなぁwwww


これから先も何ひとつ明るい展望がないので、失業者はさらに増え続けるだけでしょう。



政府は公共機関で働くインターンを5000匹増やすという対策を取るようですが、それも焼け石に水でしょう。





失業者が加速度的に増えていく一方のバ韓国なので、

我々の世代でヒトモドキという種の終焉を目撃できる可能性が高まりましたねwwwwww


-----------------------
韓国の月平均失業者数が100万人超え、過去19年で最悪に―中国メディア

 2018年10月14日、韓国の第3四半期の月平均失業者数が106万5000人に達したことが、同日発表の韓国統計庁のデータから分かった。中国新聞網が伝えた。 

 記事によると、月平均失業者数の100万人突破は19年ぶり。第3四半期の失業率は3.8%と前年同期を0.4ポイント上回り、上昇幅は14年第4四半期以降で最大となった。中でも30、40代の失業が深刻という。 

 一方、9月の就業者数は前年同月比4万5000人の増加にとどまった。第3四半期の就業率は前年同期より0.3ポイント低い61.1%。下げ幅は10年第1四半期以降で最大だ。 

 韓国政府は先日、公共機関で働くインターンを5000人増やすと発表したが、「5カ月以内」という雇用期間に「若者の雇用問題の短期的な改善には有効だが、長期的な作用には限りがある」との見方が出ている。 

 記事はまた、「韓国経済は今年から低成長の泥沼に陥っている。国際通貨基金(IMF)は先日、今年の成長率見通しを3.0%から2.8%に下方修正した」とも報じた。

https://www.recordchina.co.jp/b642303-s0-c20-d0063.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















「大学を卒業しても就職先がないニダぁぁ!」、バ韓国の大卒失業者の数が通貨危機直後の2倍に!!!!!!!!

バ韓国の若者世代の将来は真っ暗


地獄のような受験戦争を経て大学に入学している屑チョンども。

そんな苦労を経て大学を卒業しても、コンビニのレジ打ちの職にありつければいいほうだと以前から言われていましたが……。



直近の調査によると、

大卒失業者が54万匹を突破していましたwwww


受験のために大金を投じていた親たちはどんな気分なんですかね?


子供が成長する前に殺しておけば良かったと後悔しきりでしょうwwwww





ちなみに、この数値は1998年の通貨危機直後の数値より2倍も多いんだとか。


よくもまあ国としての体裁を保っていられるものだと、驚きを禁じ得ないですなぁ。




文大統領の対北政策で浮かれているバ韓国塵どもですが、

国の終わりを肌で感じ取りヤケクソになっているだけなのかもしれませんね。



-----------------------
大卒失業者54万人突破... IMF通貨危機直後の2倍多く

 大学を卒業しても就職がされず、失業者に転落した大卒者が大きく増えた。 

 最悪の雇用ショックにより、今年の第2四半期の大卒失業者は、IMF外国為替危機直後よりも多く増えるほど深刻になった。

 一方、高卒就業者数は、今年に入って7ヶ月連続で減少して金融危機以降最長減少を記録した。 大卒は失業に高卒は就職難にあえぐ雇用不振な状況が続いているわけだ。 

 26日、統計庁によると、今年第2四半期の大卒以上の失業者は54万3000人で、前年同四半期より2000人(0,3%)増加した。 

 これは、四半期ごとの統計集計が行われた1999年第3四半期以来最大の失業者規模であり、IMF外国為替危機翌年の1999年第3四半期の大卒失業者27万6000人より2倍多くのレベルである。 

 大卒失業者は高卒(44万7000人)、中卒失業者(11万6000人)を大きく上回り全体の失業者110万5000人の49.1%を占めた。 

 大卒失業者は20代後半の失業者が最も大きな比重を占めることを考えると、大卒者が卒業後の就職活動に乗り出し、大きく増加したと分析される。 また、大学卒業後の就職に失敗した30代前半の失業者の増加も雇用市場の悪化に一役した。 

 第2四半期の25~29歳の失業者は18万1000人で、前年同四半期比4000人(2.3%)増加し、30~34歳の失業者は8万5000人を記録した。 20代後半と30代前半の失業者は26万6000人で、全体の大卒失業者の49%を占めた。 

 高卒就職難も深刻である。 今年第2四半期高卒就業者数は1022万2000人で、前年同四半期比28万3000人(-2.7%)減少した。 去る2月以来、7カ月連続で減少となった。 

 これは金融危機前後2007年10月から2009年12月まで27カ月連続で減少が続いた後、最長就業者の減少である。 高卒就業者の減少は、全体の就業者の減少にも影響を及ぼし、8月全体の就業者は前年同月比3000人増にとどまった。

http://news.nate.com/view/20180926n02494?mid=n1006
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・ソウルのオフィスビル、空き室率が過去最悪レベルに突入!!!!!

空き室だらけとなったバ韓国のビル


バ韓国の首都ソウルのオフィスビルですが、空き室率の増加が止まらないようです。

現在は、統計を開始して以来最悪の数値となり、東京の4倍ともなるようです。



間違いなく今後も空き室率は上がっていくでしょうね。

なにしろ、国内経済は1997年の通貨危機と同レベルの低水準になっているんですからwwwww

さらに、景気回復の兆しは皆無なんですからwwwwwwwww




それにしても、いちいち日本や東京を比較対象に持ち出す屑チョンどもの神経が信じられませんね。


ヒトモドキの分際で、我々と肩を並べられるとでも思っているんでしょうか?


本当に不愉快な話です。



-----------------------
韓経:ソウルのオフィスビル空室率「過去最悪」…東京の4倍

 ソウルのオフィスビル空室率(延べ面積9900平方メートル以上基準)が2003年以降で最高値を記録した。新規オフィスビル供給は続いているのに対しオフィスを埋める企業は景気低迷への懸念からオフィス規模を縮小したりソウルを離れたりしている。 

 総合不動産資産管理会社のジェンスターが13日に明らかにしたところによると、4-6月期のソウルのオフィスビル空室率は10.6%を記録した。統計を作成し始めた2003年以降で最も高い水準だ。 

 ジェンスターは7-9月期には空室率が11.7%まで上昇すると予想した。7-9月期に新規供給されるオフィスビルが57万2054平方メートルで、4-6月期より87%増えたためだ。このように空室が急増するのは新規供給があふれているのに対して需要が落ち込んでいるためだ。ソウルでは今年から2021年まで新規オフィスビルが毎年100万平方メートル以上供給されるが、新しいオフィスを埋める企業はオフィスを統合・縮小したり京畿道城南(キョンギド・ソンナム)の板橋(パンギョ)ベンチャーバレーなど新たに造成されたオフィスタウンに離れている。 

 こうしたソウルの空室率上昇は日本の東京と対照的だ。日本経済新聞によると東京都心の大型オフィスビルの空室率は先月2.58%を記録した。今年だけで東京に延べ面積1万平方メートル以上の大型オフィスビルが10棟完工するがほとんどがすでにテナントが決まっているという。東京のオフィスビル空室率は7年連続で下がっており、賃貸料は5年連続で上昇している。ジェンスターのイム・チェウク専務は「日本の都心の大型オフィスビル延べ面積はこの10年間で2倍に増えたが空室率は逆にさがっている。大企業とIT企業が景気活況に力づけられ積極的に業務環境改善に乗り出している」と説明した。

http://japanese.joins.com/article/998/243998.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る