韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

過労死

【これがバ韓国のリアル!】大卒後の末路は2択だけwwwww

バ韓国塵の行く末はチキン店と死だけ


一般的な大卒バ韓国塵の行く末は、


・チキン店

・餓死

・過労死


……の3択しかないようです。


頼みの綱のチキン店もあっさり廃業しているので、実質は2択ですねwwww



屑チョンの皆さんにはもっと現実を直視してほしいものです。


生きているだけで無駄なので、さっさと死ぬべきだと気が付いてくれませんかね?



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【無駄死にwwww】過労死が認定されないバ韓国!!

過労死が日常となったバ韓国


バ韓国では過労死の賠償請求が難しいんだとか。



その理由は、

過労死の法律上の定義があいまいだということ!


その結果、泣き寝入りする遺族が続出しているようです。


さらに、過労による自殺も多発しているようですが、

この場合ただの過労死よりもさらに定義があやふやとのこと。



企業側としては“逃げ得”になるので、今後も遺族様どもが苦しむことは間違いないでしょう。


まさに無駄死にですねwwwwwwww



-----------------------
韓国で「過労死」の賠償請求が難しい理由―中国メディア

 2018年11月6日、環球時報は、韓国で過労死や過労自殺が相次ぐ中で、遺族の賠償請求が難しい状況にあると報じた。 

 記事はまず、韓国が今年7月に法律を改正し、週の労働時間を68時間から52時間以下に引き下げたと紹介。その背後には、同国の深刻な「残業文化」と、これに伴う「過労死」の問題があると伝えた。 

 そして、昨年における韓国人の年間平均労働時間が2024時間と経済協力開発機構(OECD)加盟国平均の1759時間をはるかに上回っているとし、実際の労働時間はこれよりもさらに多く、過労死もしばしば発生していると紹介している。 

 また、「過労死は家族の生活に大きな経済的影響を及ぼす一方で、法律上の定義があいまいなことで過労死認定の境界線を設定することが難しく、多くの遺族が賠償を得るための証拠集めに苦しんでいる」とした。 

 さらに、近年では過労による精神疾患が重篤化して自殺に至ってしまう「過労自殺」の定義についても議論が起きており、「過労自殺が労災に属するかどうかについても定論が存在しない」と指摘。現行の「労災保険法」では明確に規定されておらず、企業側も責任逃れに徹しているとし、2015~17年に過労自殺で労災認定を受けて賠償を得た事例は43件、過労自殺件数全体の28.9%に留まったと伝えている。 

 記事は、「過労自殺だけではなく、業務によるうつ病などの精神疾患の認定率も低い状況だ」と指摘した上で、「今年に入って2件の過労自殺が起き、国民の注目を集めた。このため、韓国雇用労働部はこの問題について専門的に検討し、関連法律の改定に向けた議論を早急に進めることを発表した」と伝えた。

https://www.recordchina.co.jp/b659578-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















崩壊中のバ韓国経済、今年だけで100万匹以上の自営業者が廃業へ!!

続々と廃業しているバ韓国の自営業者


バ韓国で、全就業者の25パーセントを占めているのは“自営業”のようです。


その自営業者のうち、今年度には100万匹が廃業する見通しなんだとかwwwwwwwww



どの企業にも就職できず、コンビニのレジ打ちバイトにすらなれなかった屑チョンどもの最終手段であったはずの自営業。

しかし、その頼みの綱が見事に崩壊しているわけですwwwwwwww


ここまで末期的だと、たとえ政権が変わったとしても経済状況が好転することはなさそうです。




廃業していないあきらめの悪い自営業者は、今後続々と過労死してくれそうですね。


いやぁ、楽しみですwwwwwwww


-----------------------
韓国自営業者の「悲鳴」…今年は100万カ所廃業

 国家経済の毛細血管であり庶民経済の根幹である自営業が奈落に落ちている。無給家族従事者118万人を含めた関連従事者688万人で韓国の全就業者の25%を占める自営業がつまずき、所得主導成長を掲げた文在寅(ムン・ジェイン)政権になり雇用と所得分配はむしろ悪化の一途だ。 

 国税庁の国税統計と小商工人連合会などによると、今年廃業する自営業者は過去初めて100万人を超えると予想される。年間開業数比の廃業数で示す自営業廃業率は2016年の77.8%から昨年は87.9%に高まった。今年は90%に迫るだろうというのが業界の推定だ。自営業者10人が店を開く間に9人近くが店を閉めるという話だ。 

 自営業の廃業が急増する理由は、景気が悪化する状況でコストは毎年大きく膨らんでいるためだ。小商工人市場振興公団関係者は「消費沈滞に労働時間短縮の余波でお客は途絶えているのに最低賃金は2年間で30%近く上がることになり、個人食堂とコンビニエンスストアには耐えらない」と話した。小商工人市場振興公団によると1-3月期の自営業者売り上げは前年同期比12.3%減ったと調査された。 

 自営業者が感じる体感景気もやはり急激に冷え込んでいる。韓国銀行が発表した7月の景気見通し消費者動向指数(CSI)を見ると、自営業者の指数が79でサラリーマンの91より12ポイント低かった。韓国銀行が関連統計を作成した2008年7月以降で自営業者がサラリーマンに比べ大幅に低い。景気見通しCSIは6カ月後の景気状況に対する判断を示す指標だ。100未満なら否定的に答えた世帯が肯定的に答えた世帯より多いという意味だ。 

「自営業の現場を視察すると政策と体感指標間の乖離は深刻な水準だ」。 

 最近現場訪問を増やしている金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官が17日に「共に民主党」との政府与党協議でした発言だ。売り上げ減少と商店街の空室率などが思ったよりも激しく、副首相でさえ自営業危機を深刻に受け止めているという話だ。 

 自営業危機はJノミクス(文在寅大統領の経済政策)の最も手痛い部分だ。文在寅政権は発足から1年間に所得主導成長を掲げて最低賃金を今年16.4%上げたのに続き来年も10.9%引き上げることにした。人件費上昇の負担は零細自営業者には直撃弾だ。 

 自営業危機はあちこちで数字で確認される。自営業の廃業は急増し、残っている自営業者の状況は悪化の一途だ。従業員を解雇して事業主の労働時間を増やしても所得減少を避けるのは難しいのが実情だ。最低賃金を稼ぐことも厳しい状況で来年はさらに大きな波が近づく見通しだ。 

http://japanese.joins.com/article/562/243562.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















さすがバ韓国!! 週52時間勤務の狙いとは真逆に、屑チョンどもの労働時間アップwwww

バ韓国塵はさっさと死ぬべき


バ韓国で、週52時間勤務の制度が始まりました。


その結果、勤務時間の短縮に伴って収入が激減する屑どもが急増しているようですwwwwwww

中には3分の1近くも収入が減るケースもあるようですね。


多くの屑チョンどもは、通常の勤務の後に副業で小銭を稼がざるを得ないということになっているんだとかwwwww



つまり、労働時間を減らすための政策が、逆に屑チョンどもの労働時間を増やしているワケです。


素晴らしいですなぁ。


過労死してくれる屑チョンが増えてくれそうで、楽しみです!!



-----------------------
過労社会から脱出のはずが…労働時間短縮で月給減→深夜まで副業

 「疲れていても他に方法がない。新婚で暮らしはぎりぎりだし、生活費の足しにするために運転代行の仕事を頑張らないといけない

 「週52時間勤務」が本格的にスタートした2日午後9時、ソウル市城東区で会ったキムさん(34)の目は真っ赤に充血していた。キムさんは午前8時にプラスチック生産工場に出勤し、午後8時に退勤、休む間もなく「第2の職場」に出勤したところだった。

 キムさんの仕事は、運転代行の「随伴車」の運転だ。運転代行のドライバーが酒に酔った客の車を運転する際、キムさんはその後ろを随伴車でついていく。そして目的地までの運転を終えた代行ドライバーを次の地点まで乗せていくのがキムさんの仕事だ。

 キムさんは今年4月から随伴車の運転の仕事を始めた。2013年から勤務している工場は、週52時間勤務の導入に伴い、それまでの2組2交代勤務が4月から3組2交代勤務に変わった。キムさんの労働時間は週72時間から52時間に減少した。

 労働時間の減少に伴い、330万ウォン(約33万円)だった月給が100万ウォン(約10万円)近く減った。予想もできなかったことだった。キムさんは「結婚してまだ6か月の新婚夫婦なので、子どもを持つためにはわずかなお金も無駄にできない」として「会社が社内規定で副業を禁止しているため、所得申告の必要がない随伴車運転の仕事を始めた」と話した。運転代行のドライバーは会社に登録しなければならないが、随伴車のドライバーは登録する必要がない。キムさんは「同僚たちが、月給が減った分を運転代行の仕事で補っていると聞き、運転代行ドライバー用のネットのコミュニティーサイトに仕事を探していると書き込んだ」と話した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/03/2018070303804.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る