韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

過失

バ韓国・サムスンの折り畳みスマホ、発売延期となった不具合がまたまた発生!!!!!!

バ韓国・サムスンの折り畳みスマホにまたまた不具合


またまたサムスンの折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」に欠陥が見つかっていましたwwwww


画面中央にガッツリ縦線が現れ、まるで2分割画面のようになってしまうんだとか。



この現象は、発売延期になった当時にも指摘されていた不具合。


つまり、半年以上も発売を遅らせておきながら、なにも修正されていなかったわけですね。


さすがバ韓国のことだけはあります。


サムスン側は、「顧客の過失でそうなったニダ!」と反論しているようですが、

果たしてどうなることやら。



今後の展開が楽しみですwww



-----------------------
サムスン折り畳みスマホにまた欠陥?使用者から不満の声

 2019年10月29日、韓国・スポーツソウルは、サムスンの折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」に相次いで欠陥が見つかり、使用者の不満が高まっていると報じた。

 記事によると、「ギャラクシーフォールド」はこのほど、ディスプレイ内部に「緑色の縦線」が生じる欠陥が見つかり物議を醸したが、今度はメイン画面の中央に「黒い縦線」が入りまるで二つの画面であるかのように見える」欠陥が見つかったという。「ギャラクシーフォールド」は今年4月に画面の欠陥で発売を延期していたが、その時と欠陥の状況が類似しているためさらに波紋を呼んでいるそうだ。

 欠陥を訴える使用者らは「使用開始から1カ月も経っていない上、落とすなどの外部衝撃もなかった」と主張しているというが、サムスン電子側は「原因は外部からの衝撃で、顧客の過失だ」と反論しているという。

 記事は「問題はギャラクシーフォールドの販売量が極めて限定的で、欠陥事例がかつてのギャラクシーノート7の発火事故のように多くないということ」と指摘している。業界関係者は「欠陥問題が訴訟にまで発展し、品質をめぐる議論が浮き彫りになれば、ブランド信頼度への打撃は大きくならざるを得ない」とみているという。

 これを受け、韓国のネット上では「これは致命的な問題」「サービスをしっかりしないとヤバいことになるよ」と指摘する声が上がっている。

 一方で「あえて折り畳みを買う必要あるかな(笑)。今のスマホでも全く問題がないっていうのに」「(新製品に)何でもすぐ飛びつくのはよくない」「プライド持って高いサムスン製品を買ったのなら、修理にお金がかかっても我慢しなきゃ」とのコメントも。

 また「サムスンは海外で問題が起こると平謝りなのに国内で問題が起こると強気だ」「米国で10万回以上折り畳みする実験映像では何の問題もなかったけど、なんでかな?」など、韓国内と海外での性能や対応の違いを皮肉る声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b755801-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















やっぱりねwww バ韓国・サムスンの折り畳み式スマホ、早速致命的な欠陥が発見される!!

バ韓国サムスンの折り畳み式スマホ、やはり欠陥品だった


先日発売されたばかりのサムスンの折り畳み式スマホ。


さっそく欠陥が発見されていましたwwww


ディスプレーに突然、黒点と白い線が現れるというもの。



サムスン側は、そのスマホを持ち込んだユーザーに対し、


これは使用者の過失のせいニダ! 交換費として、65万ウォン払えニダ!!


……という対応をとったとのこと。



しかし、専門家の意見は、“内部構造の欠陥”による不具合というものでした。



騒ぎが大きくなると、サムスンは急遽、無償での修理を申し出たようですが、

相変らずいい加減な対応ですなぁ。



ま、サムスンのスマホを購入するようなキチガイが、どんな目にあったとしても関係ありませんがねwwww



-----------------------
改善されたはずのサムスン折り畳みスマホ、またもディスプレーに欠陥か

 2019年10月23日、韓国・MBCは、ディスプレーの欠陥により予定より遅れて発売されたサムスン電子の折り畳み式スマートフォン・Galaxy Foldのディスプレーにまた欠陥が疑われると報じた。

 記事は、3日に同機器を購入した会社員から提供された情報を伝えている。会社員は「19日に突然ディスプレーに黒い点と2本の白い線が現れた」と主張し、「サムスン電子のサービスセンターを2カ所訪れたが、いずれも黒い点は使用者の過失によるものとされ、ディスプレーの交換費用として65万ウォン(約6万円)が必要だと案内された」と話したという。

 しかし当該機器の写真を見たディスプレーの専門家は「黒い点は外部から押された跡があれば使用者の過失によるものだが、そのような跡はない。白い線は内部構造の欠陥による場合が多い」とし「点と線が両方現れるのは一般のスマートフォンでは見られない現象で、折り畳み式という特性上の欠陥である可能性が高い」と指摘した。その上で「欠陥が現れた位置がヒンジ部分であることから、この一部分に集中的に圧力がかかりディスプレーを少しずつ刺激しているのではないか」と分析したという。

 サムスン電子のサービスセンターは22日になって無償の修理を申し出た。欠陥の可能性については「当該機器を回収して原因を分析する」と明らかにしたという。

 これに韓国のネットユーザーからは「客の過失と言っておきながら問題が大きくなると無償修理」「最初から分かっていたこと。これまで発売されたサムスンの新製品はいつもこうだ」「欠陥はある程度予想できた。問題はアフターサービスをどれだけ充実させるかだ」「韓国の大企業はいつもこれ。国内で欠陥が見つかると客のせい、海外で同様の欠陥が見つかるとリコールして補償」「購入から2週間で欠陥が現れたなら交換してあげるべきだ。交換や返金が可能なのに客のせいにして有償修理なんておかしい」など批判の声が相次いでいる。

 また「発売を急ぎ過ぎた。サムスンのイメージが悪くなる」「これまでのテスト機器を韓国で売っているのでは?」「これはどう見ても折り畳む部分のせいで生じた線だ。サムスンはアフターサービスがいいって言われていたけどもう昔の話だね」「この症状はディスプレーの欠陥としては代表的なもので、パソコンのモニターやスマートフォンのディスプレーなどさまざまな機器に現れる。サムスンがそれを知らなかったはずがない」などと指摘するコメントも見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b754442-s0-c30-d0149.html
-----------------------


当ブログの管理人である私の周囲では、朝鮮製のスマホを使っているユーザーは一人もいません。


本当にこの日本でも販売されているんですかね?




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国・鉄道公社】乗客をドアに挟んだまま列車が発車!! 「乗客の過失ニダ!!」

ツリ目でエラ張り! バ韓国・KORAILの列車


バ韓国の鉄道で、いかにも屑チョンらしい事故が起きていました。


・駅に停車した列車から母娘が降りようとする。

・乗り込む乗客が押し寄せてきて、すぐに降りられない。

・ようやく降りようとしたところで、ドアが閉まる!

・娘の足が挟まるが、列車はそのまま発信!!

・そのまま娘は4メートルほど引きずられる。


……という内容です。


しかし、この話にはまだまだ続きがあるのです!!


・母親は「心理治療が必要ニダ!」、娘は「恐怖で乗り物に乗れなくなったニダ!!」と主張。

・鉄道会社は「治療費のことは心配しないでほしいニダ!」

・しかし! 突然「今回の事故は乗客の過失だったニダ!!」と態度を変える。


……といった具合です。



いやぁ、金をせびろうとする母娘の魂胆が見え見えですが、

鉄道会社の態度も屑チョンならではですなぁ。

ま、バ韓国でしか発生しない醜い事故でしょう。



それにしても、死者が出なかったのが残念なお話です。


-----------------------
子どもをドアに挟んだまま走行した韓国の列車「乗客の過失です」=韓国ネットからは「日本から学ぶべき」の声も

 2018年1月23日、韓国・YTNは、韓国中部・忠清北道(チュンチョンブクド)の丹陽(タニャン)駅で列車が子どもをドアに挟んだまま出発し、一緒にいた母親とともに負傷する事故が発生したと報じた。しかし、会社側は「乗客の過失」との立場を示しているという。 

 事故は1カ月前にさかのぼる。同駅に設置された防犯カメラの映像には、駅に停車した急行ムグンファ号のドアが開いて親子が降りかけた瞬間、突然ドアが閉まる様子が映っている。その後ホームと線路の間に倒れ込んだ母親は、ドアに片足が挟まってしまった6歳の娘を何とかつかまえるも、4メートルほど引きずられてしまっている。 

 この事故で足や腰などを負傷した母親は3週間の入院治療を受けることになったという。母親は「他の乗客らが先に乗り込んできたため列車から降りられずにいたところ、ドアが再び開いたので『降りて』という意味だと思った」と主張する。 

 母親は現在も心理治療が必要な状態で、6歳の娘もエレベーターに乗れないなど、極度の不安症状を見せているとされる。 

 さらに、最近になって新たな問題が生じたという。事故当時にKORAIL(韓国鉄道公社)側は「治療費のことは心配しないでほしい」と伝えていたが、最近になって保険会社が「乗客の過失」として態度を変えたためだ。KORAIL側は「ムグンファ号は時速5キロを超えなければ、レバーを引くことでドアが開く」と主張しているものの、乗客の過失を立証する証拠は出していない状況という。 

 なお、事故発生当時に駅には3人の職員が勤務していたが、ホームには1人もいなかったことが分かっている。また、列車が予定時刻より2分ほど遅れて到着したこと、乗客の乗降車にかかった時間はわずか1分だったことも確認されたそうだ。 

 この事故を受け、全国鉄道労働組合の関係者は「この10年間、安全より利益、安全より効率を重視して人員を削減し続けてきた結果が事故につながった」と伝えている。 

 YTNによると、現在KORAIL側は公式インタビューを拒否しており、鉄道特別司法警察隊が事故の捜査に当たっているとのこと。 

 韓国のネットユーザーからは「KORAILはおかしい」「(防犯カメラの)映像を見れば(会社側の過失が)明らか。もし母親が子どもをつかんでいなかったら死んでいたかもしれない」と会社側を非難する声が続出している。 

 また「日本ではいつも列車の外に乗務員や駅員がいて、乗客を見守っている」など日本を比較対象に挙げる声も多く、「学ぶべき」「そうじゃない所もあるよ」と賛否を含めて130件以上の反応が集まっている。 

 一方で、別の視点から「どうか降りる人が降り終わってから乗って」「KORAILも問題だけど、一部の乗客が降りる人のことを考えずに何がなんでも押して入ろうとするのも問題」など乗客のマナーを指摘するコメントも少なくなかった。

http://www.recordchina.co.jp/b561888-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








感染拡大の責任を取らせるべく、MERS被害者どもがバ韓国政府相手に集団訴訟!?

MERS感染拡大を後押ししたバ韓国政府に拍手!!


MERS旋風が景気良く吹き荒れているバ韓国。

屑チョンどもはこのMERSの感染拡大の責任を取らせるべく政府を相手に集団訴訟しようとしているとのこと。


専門家の見立てでは政府の過失を立証することは難しいとのことで、大して勝ち目はないようですが。


また、院内感染させた病院に損害賠償を請求しようとする動きもあるんだとか。

政府相手には無理でも、こちらなら多少の勝ち目はありそうですね。



なんにせよ、MERSで死んだ屑チョンの家族は張りきっていることでしょう。


これで被害者様・遺族様になれたニダ! あとはゴネまくって一生遊んで暮らせるだけの金を貰ってやるニダ!


顔を真っ赤にしながら鼻息荒くしているのでしょうねwwwww


-----------------------
MERS:患者が韓国政府を提訴したら勝てるのか

「過失をはっきり証明するのは困難、勝訴の可能性は低い」

 中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)への感染者が増え続けている中、感染者や一連の事態によって被害を受けた人たちが、韓国政府や病院を相手取って損害賠償請求訴訟を起こした場合、勝訴できるだろうか。市民団体「経済正義実践市民連合(経実連)」は今月9日、国を相手取って集団訴訟を起こすことを検討していると発表した。

 国を相手取って起こす訴訟の根拠となるのは国家賠償法だ。同法第2条第1項は「公務員が職務を執行する中で、故意または過失により法令に違反し、他人に損害を与えた場合、国は損害を賠償しなければならない」と定めている。MERSの感染拡大について、保健当局が必要な措置を講じなかったため感染が広がったという点が立証されれば、被害を受けた当事者たちが国を相手取って訴訟を起こすことができる。

 だが、法曹界の専門家たちは「訴訟が行われたとしても、裁判所で損害賠償を命じる判決が下される可能性は高くはない」との見方を示した。疾病管理本部など保健当局が規定に従わなかったためにMERSの感染が広がったという点が立証されなければならないが、賠償責任を問うことができるほどの国の過失を証明することが、現実的には難しいためだ。ソウル市内の地裁の裁判長は「今回の事態で政府の無能や安逸な姿勢が明らかになったが、市民社会がこれを批判することと、実際に裁判所で法的責任を問うことには違いがある。予測が不可能な感染症の特性上、国に過失があったと断定するのは容易ではなく、感染を理由に国家賠償訴訟を起こして勝訴するというのも難しいだろう」と指摘した。一部では「国が初期段階でMERS患者を診察した病院のリストを公開しなかったことを過失と見なせる」という声も出ているが、専門家たちは病院のリストについて「必ず公開しなければならない」情報であり、国が被害を予想しながら故意に公開しなかったと立証するのは困難だ、との見通しを示した。

 病院を相手取って損害賠償を請求した場合、病院がMERSの感染者を規定に従って隔離したか否か、施設や感染予防システムの管理を十分に行っていたかという点が中心的な争点になると考えられる。MERSの感染が十分疑われる状況だったにもかかわらず、患者を放置し、そのため周囲にいた人たちに感染したとすれば、病院の責任を認めることができる。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/13/2015061300932.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る