韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

都有地

在日どもはヒトに非ず!! 小池都知事の所信表明が素晴らしすぎる!!!!!

小池都知事の任期中に屑チョンどもを追い出したい!


1週間前のニュースで恐縮ですが……。


小池都知事が心地良い所信表明をしていましたね。

都民ファーストの観点から、地域住民の声も反映し、

韓国人学校への都有地貸与の撤回なども行ってきた


いやぁ、素晴らしいの一言です。



ハゲ添のままだったら、屑チョン学校への土地貸与が強行されていたのですから、

これで安心ですね。


でも、あの屑チョンどものことですから、

ウリも東京に住んでるから“都民”ニダ!

都民ファーストをうたうならウリをもっと大切に扱うニダ!!

などと言ってそうですね。



ヒトモドキの分際で権利を主張するだなんて、

本当に腹立たしいことです。


やはり、美しい日本を取り戻すためには、

屑在日や糞帰化チョンどもの粛清が必要不可欠ですね。



-----------------------
「都民ファーストの観点から韓国人学校への都有地貸与を撤回」小池百合子知事が所信表明

 東京都の小池百合子知事は1日の所信表明で、これまでの取り組みの成果の1つとして「都民ファーストの観点から、地域住民の声も反映し、韓国人学校への都有地貸与の撤回なども行ってきた」と語った。

 また、都政透明化に向けて「情報公開を徹底するために、口利きの記録化や黒塗り資料の積極的な公開も進めてきた」と強調した。

http://www.sankei.com/politics/news/161201/plt1612010020-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








これぞ売国奴!! 需要のないバ韓国塵学校のために、都有地をバ韓国政府に貸し出すハゲ都知事!!

都民のためではなく屑チョンどものために働くハゲゾエ


新宿区にある6千平方メートルの都有地をバ韓国政府に貸し出すことを決めたハゲゾエ都知事。

ただでさえ保育園が足りないというのに、都民の声をガン無視してバ韓国に媚びを売ってるワケです。


相次ぐ批判の声に対し、このハゲは、

なんでもかんでも保育園のニーズ、ニーズ。都有地を国際親善に使うことが問題なのか

と開き直っているんだとか。



こういう朝鮮脳の屑には、どれだけ抗議の声をあげても意味がないのです。

さっさと天誅を下すべきでしょう。



「売国奴に死を!」をモットーにした義士が現れてハゲ退治してくれたら、拍手喝さいものでしょうね。




-----------------------
韓国人学校に都有地貸与 都庁前でデモ、批判3千件超が殺到 舛添知事は「撤回しない」

 韓国人学校を増設するため、東京都が新宿区にある約6千平方メートルの都有地を韓国政府に貸し出す方針を固めたことに、批判が相次いでいる問題で、舛添要一知事は25日、報道陣の取材に対し「(見直す考えは)全然ありません」と計画を撤回しない考えを示した。

 都有地のあるJR市ケ谷駅周辺はマンション新設が相次ぎ、保育ニーズも高まっているが、舛添氏は「なんでもかんでも保育園のニーズ、ニーズ。都有地を国際親善に使うことが問題なのか」と述べた。

 都庁には24日までに「外交ではなく都民のために使うべきだ」などとする批判的なメール2500通、電話680件が寄せられている。舛添氏は「都民は1350万人いる。どんな政策をやっても批判がある。私の支持者が9割いて、1割反対でも135万人。それが政治の世界だ」と語った。

 一方、都庁前では25日、保守系市民団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の呼びかけで、抗議デモが行われた。「絶対反対」などのプラカードを掲げた男女約60人が「保育所を求める都民の切実な声をなぜ聞けないのか」などと訴えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000575-san-soci
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る