韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

金メダル

バ韓国なら当たり前ww 障害者のフリしてパラリンピックで金メダル獲得!!!!!

バ韓国のスポーツ選手、全盲のふりして金メダル


バ韓国のスポーツ選手20匹が、検察の取り調べを受けていました!!


その理由は、


健常者なのに障害者を装っていたというもの!



しっかり視力があるのに、全盲だと偽ってパラリンピックで金メダルを取得した猛者もいたようです。


ま、きゃつらの小さい脳みそではスポーツマンシップという概念を理解するのは不可能でしょう。




あれ?


そもそもおかしいですよね。


ヒトモドキなんてものは1匹の例外もなく障害者です。

だとしたら、オリンピックには参加せず、全匹パラリンピックに出場するべきなのでは?


ま、来年の東京五輪はボイコットするから関係ないはずですよね?


-----------------------
韓国で「障害者」装ったスポーツ選手20人を取り調べ、中国ネットでも話題に=「信頼と名誉は地に落ちた」

 韓国の20人余りのスポーツ選手が、障害者を装っていたとして検察の取り調べを受けた。29日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で中国メディア・時差視頻が伝えた。

 韓国の放送局・JTBCが26日に報じたところによると、調査対象となった選手の中には、かつて柔道の世界パラリンピック大会に出場し、金メダルを獲得した選手も含まれていた。同選手は「全盲」を自称していたが、今年から兵役についていることが分かった。韓国では、身体に障害を負っている人などは兵役を免除される。

 詐称が疑われた20人余りのスポーツ選手とそのコーチらは、「韓国代表チームの選考に影響を与え、公務に支障をきたした」として取り調べを受けた。すでに一部の選手は警察の取り調べに対して容疑を認める供述をしているという。

 このニュースは中国でも大きな注目を集めており、関連ワードが一時、微博の検索ワードランキングの上位に入った。ネットユーザーからは、「韓国のスポーツマンシップと節操のなさって、一体…」「これで韓国のスポーツに対する信頼と名誉は地に落ちたな」「そこまでしてメダルが欲しかったのだろうか」「韓国式スポーツマンシップはすでに障害者競技にまでまん延しているのか」「こんなことをしても、いつか必ずバレることは分かっていただろうに」「本人たちは、恥知らずだとは思わなかったのか?」などと批判的なコメントが殺到した。

 また、「でも、全盲のふりをし通したというのは逆にすごい」「その演技力は認める」などの皮肉や、「韓国にもすばらしいスポーツ選手はたくさんいるが、こういった選手が全体の印象を落としている」という指摘も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b755910-s0-c50-d0148.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【アジアパラ競技大会】記念撮影するバ韓国と北チョンの選手ども

アジアパラ大会に健常者を出場させたバ韓国


インドネシアで行われていたアジアパラ大会。

その閉会式で南北朝鮮の連中が記念撮影を行っていました。



健常者が障害者の振りをして参加するというトンデモないことをしでかしていたのに、

呑気に記念撮影とは許しがたいですね。



あ!


我々人類の基準から見たら、朝鮮ヒトモドキという生き物は1匹の例外もなくただの障害者でしたねwwwww


今後は、五輪やアジア大会になどに参加せず、パラリンピックだけに参加してはいかがですか?



きっと金メダルがたくさん獲得できるでしょうからwwwww


-----------------------
記念撮影する南北の選手

 障害者スポーツの総合大会、アジアパラ競技大会の閉会式が13日午後、インドネシア・ジャカルタのブンカルノ競技場で開かれた。水泳で合同チームを結成し出場した韓国と北朝鮮の選手が記念撮影を行っている。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20181014019000882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アジアパラ大会・目が見えないフリをしたバ韓国塵選手が金メダル獲得!!!!!

アジアパラ大会で屑バ韓国がインチキで金メダル獲得


インドネシアで開催中のアジアパラリンピック大会。

その男子柔道・障害等級2級で、バ韓国塵が金メダルを獲得していました。



しかし!


この屑チョンは普通に運転免許も取得しており、

視力は両目とも「1.0」だったことが判明!!


その他にも視力障害者だと偽って大会に出場しているバ韓国塵選手が何匹もいるようです。




いかにも屑チョンどものやりそうなことですなぁ。



やはりスポーツの国際大会にヒトモドキを出場させることが間違いなのです。



自ら進んで屑チョンどもを見たいと思うのはキチガイくらいなので、

そのスポーツが中継されていても視聴率は稼げないでしょう。



きゃつらの生きている姿を目にしないで済むよう、一刻も早く根絶やしにするべきなのです。



-----------------------
金メダルをとった視覚障害の韓国人選手、本当の視力は「1.0」だった?=韓国ネット「世界を相手に詐欺?」「メダルを返そう」

 2018年10月9日、韓国・JTBCによると、インドネシアのジャカルタで開催中のアジアパラ大会に出場している視覚障害の韓国代表選手らの中に、視力が1.0の選手が含まれていることが分かり、物議を醸している。 

 記事によると、8日に行われた同大会柔道で金メダルを獲得した韓国人のA選手は、障害等級2級の選手。2級には、矯正視力0.02以下の人が該当する。しかし同選手が昨年、運転免許を取得するためソウル江南の病院で検査したデータによると、視力は両目1.0となっていた。同じく障害等級2級で今大会に出場しているB選手は、16年の検査では両目0.8となっているが、15年に障害者の世界大会に出場し、銀メダルを獲得していたという。 

 記事は、この問題について「国政監査で本格的に取り上げられるとみられる」と伝えている。韓国与党「共に民主党」のイ・ジェジョン議員は「正当な出場機会を奪われた障害者たちがいる。身体検査や選手選抜に問題がなかったか、調査する必要がある」と述べた。 

 また文化体育観光部は、パラ大会開幕前に「一部代表選手の障害等級が疑わしい」として障害者体育会に再検証を指示していた。しかし同会は再検証をせず、兵役対象者3人のみを代表から除外したという。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは「目が見えないふりをして金メダルを取るなんてひど過ぎる。良心の欠片もないのか?」「本当の障害者たちが被害を被っていることは考えないの?」「韓国の体育界が世界を相手に詐欺?恥ずかしい」「組織的不正があったのだろう。この事実を知らなかったはずがない」「国の恥。韓国で捜査し、メダルを返そう」など、選手や障害者体育会への厳しい批判の声が上がっている。その他「車椅子マークの車から降りて普通に歩いている人もよく見かける」「スポーツだけじゃない。韓国では全ての分野が腐敗している」などと訴える声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b652056-s0-c50-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【アジア大会】バ韓国の跳馬選手、審判に挨拶しなかったせいで金メダルを逃すwwwwww

挨拶しなかったせいで減点となったバ韓国の屑チョン


ジャカルタで開催中のアジア大会。

その体操男子の跳馬競技で屑チョンが醜態を晒していましたwwwwww


競技前に審判に“挨拶”しなかったことで、

減点をくらい金メダルを逃していたのです!!



いやぁ、実に屑チョンらしい結末ですなぁwwwww



この選手は、


「そんなルールがあるとは知らなかったニダ!」


と言い訳しているようですが……。



やはりヒトモドキどもに人間の礼節を理解するのは無理ゲーのようですねwwwww



-----------------------
体操:完璧演技キム・ハンソル、審判にあいさつせず「金」逸=アジア大会

 インドネシアのジャカルタ・アジア大会で24日に行われた体操男子跳馬の決勝で、8人中5番目に登場した韓国のキム・ハンソル(23)が1回目でヨ-2(前転とび2回転半ひねり後方伸身宙返り2回ひねり)を成功させた。着地も完璧だった。点数は14.875。

 キム・ハンソルは2回目でロペス(側転空中3回ひねり)も成功させ、ほぼノーミスで演技を終えた。キム・ハンソルは金メダルを確信したかのようにガッツポーズを見せ、両手を上げて観客席にアピールした。ところが結果は0.3ポイントマイナスの14.225。キム・ハンソルはもちろん韓国チームのスタッフや応援に詰めかけた現地在住の韓国人たちも首をかしげた。最終的にキム・ハンソルは平均14.550となり、最後に登場した香港の石偉雄(14.612)に0.062ポイント及ばす銀メダルに終わった。

 キム・ハンソルが銀メダルとなった理由は、2回目が終わった直後に審判に対して合図をしなかったためだ。国際体操連盟(FIG)のルールによると、試合の前後に審判に対して合図をしない場合、最終点数から0.3ポイントマイナスになるという決まりがある。キム・ハンソルがこのルールを熟知して合図をしていれば、平均14.700となって跳馬で優勝し、2冠王になっていたはずだった。

 キム・ハンソルは「そのようなルールがあるとは知らなかった。あいさつさえしっかりとやっていれば金メダルだったのに」と非常に残念な様子だった。キム・ハンソルは今後同じ失敗はしないことを誓った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/25/2018082500342.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る