韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

金目当て

バ韓国国籍を放棄してインドネシア国籍を取得する屑チョンが急増中!!!!

国籍を捨てる屑バ韓国塵が急増中


ここ最近、バ韓国国籍を捨ててインドネシア国籍を取得する屑チョンが急増しているようです。

しかも、若い世代も積極的にインドネシア人に成りすましているとのこと。


自国経済が壊滅的なので、職を求めて国籍を変えるケースも多いようですね。


さらに、節税のためだけに国籍を変える屑チョンも少なくないようです。



本当に醜い連中ですなぁ。



金のためにコロコロと国籍を捨てるだなんて、

性根が腐りまくっているヒトモドキならではなですね。



-----------------------
インドネシア人になる韓国人が急増?=ネットからは批判の声

 2019年4月23日、韓国日報は「韓国人の国籍への執着が薄れている」と報じた。 

 記事が取り上げているのはインドネシアの事例。インドネシア同胞社会や関連機関によると、韓国国籍を放棄してインドネシア国籍を取得した韓国人は600人を超えたと推算される。10年で2倍に増えており、ここには韓国政府の集計に含まれていない人数も相当数含まれているという。また、国籍変更を申請して待機中の韓国人も現在4000人前後に上ると伝えられた。 

 近年、韓国人のインドネシア国籍の取得は増加傾向にあり、2014年と15年にはそれぞれ40人ほどだったが、その後、毎年50人台を維持している。国籍変更申請の基準が厳しく、手続きが複雑になり、費用まで上がったにもかかわらず、増加傾向にあるという。 

 こうした国籍変更者の増加について、記事は「事業や不動産、税金などの経済的な理由が大きいが、両国間の心理的な壁を崩す交流や協力が反映された結果という解釈もある」と伝えている。また、「国籍変更者は経済活動をする中年事業家や会社員、資産家が多く、夫はインドネシア国籍でありながら教育などに敏感な妻と子どもは韓国国籍という『書類上の国際結婚』が増えているなど、インドネシア政府の自国民優遇および現地化優先政策が理由に挙げられる」と指摘している。 

 さらに、公務員や警察官などインドネシアの主流社会に進出するために早くからインドネシア人として生きていく若者も増えているといい、韓国語とインドネシア語が堪能なインドネシア国籍の韓国出身の若者らは、インドネシアに進出している韓国企業が好む採用対象でもあるという。この他、インドネシアには相続税がないため、財産事業を引き継がせようと親が子どもに国籍変更を勧めるケースもあるようだ。 

 記事は、国交正常化46周年を迎えたインドネシアに在住する韓国人が現在、3万1500人程度と推計されることに触れ、「国籍は違っても、一人ひとりがインドネシアと韓国の頑丈な架け橋の役割を担当している」と伝えた。 

 これを受け、韓国のネット上では「家族のうち1人は韓国国籍を残して韓国からもらえるものはもらいつつ、事業はインドネシアで税金も現地で納めてる」「韓国の健康保険を使えないようにして。在外国民の税金虫が多い」「とりあえず、韓国に戻ってこないで。それと政府は医療保険法を改正して『黒髪の外国人(韓国人)』を徹底的に選別してほしい」など批判的なコメントが寄せられた。 

 また、「インドネシアだけじゃなく貧民国でも自国民を優先してるのに、韓国は外国人優先政策。そんな国に誰が住みたいと思う?経済的に余裕があれば自分も移民したい」「現地在住。記事の内容は事実。インドネシアは外国人に対する行政が厳しいけど、韓国は甘過ぎる」と韓国の外国人政策への指摘も多く見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b632322-s0-c30-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【追軍売春婦】中国で60年以上も暮らしていたバ韓国の偽証婆が死亡!

金目当てで偽証するのがバ韓国塵の習性


一昨日、また元追軍売春婦が1匹死んでいましたwww


この偽証婆は、戦後60年以上中国で暮らしてから7年ほど前にバ韓国の国籍を回復していたんだとか。


被害者階級になるべく、金目当てだったことは間違いありません。



これで偽証婆どもは残り25匹になったようです。


しかし、今回死んだ婆のような手法で“成りすまし”が急増してもおかしくないでしょう。



金目当てで、バ韓国語をろくすっぽ喋れない中国人の偽証婆がぞろぞろ出てくるかもしれませんね。



-----------------------
慰安婦被害者また1人死去…生存者25人に

 旧日本軍慰安婦被害者のイ・クィニョさんが14日午前に死去した。92歳だった。 

 忠清北道清州(チョンジュ)で生まれた故人は1943年、「中国に行けばお金を稼ぐことができる」という話にを聞いて中国に行ったが、慰安所で苦しむことになった。 

 解放後は中国で暮らしていたが、2011年に大韓民国の国籍を回復した。その後、2016年から龍仁(ヨンイン)ソウル療養病院に入院しながら過ごした。 

 陳善美(チン・ソンミ)女性部長官は「寒い天気の中でおばあさんを見送ることになり本当に心が痛む」と哀悼の意を表した。続いて「今年に入って被害者が8人も私たちのもとを離れたことに悲痛な思いを隠せない」とし「おばあさんに礼儀を尽くして葬儀費用も支援する」と述べた。 

 イ・クィニョさんが死去したことで政府に登録された生存慰安婦被害者は25人になった。葬儀は順天郷(スンチョンヒャン)大ソウル病院葬儀場で行われる。出棺は17日午前。

https://japanese.joins.com/article/165/248165.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------

金目当てで売春婦となり、老後は金目当てで偽証する……。

本当に屑チョンという生き物は見た目と同様中身も腐りまくっていますなぁ。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国】追軍売春婦の実態を語った大学教授、虚偽だと決めつけられ懲役6か月の実刑判決!!!!!

偽証婆どもの真っ赤な嘘を信じるバ韓国塵ども


「追軍売春婦は金目当てで従軍していたニダ」

「最初から何をするのか理解していたうえでその職についたニダ」

「大金を稼いでいい思いをしていたニダ!」


……と追軍売春婦の実態を語っていたバ韓国の教授に対し、実刑判決が下されていました。



売春婦どもの行いをそのまま口に出しただけなのに、問答無用でこれらの発言が虚偽だと決めつけるバ韓国。



やはり法治国家の真似事すらできないようですねwwwww





偽証婆どもの矛盾には目を瞑り、ただの真実を嘘だと決めつける屑チョンども。


こんなキチガイ生物はさっさと地上から消し去るべきでしょう。



-----------------------
慰安婦卑下発言の順天大教授に実刑判決=光州地裁

 大学の講義で元従軍慰安婦の女性を卑下する発言を行い罷免された順天大のS教授が名誉毀損の罪で起訴された裁判で、光州地裁は17日、懲役6月の実行判決を言い渡した。S教授は直ちに収監された。S教授は判決を不服として控訴した。

 S教授は昨年4月、順天大物理教育学科の学生14人に対する講義中、慰安婦強制動員の被害者を侮辱する発言を行い、論議を呼んだ。

 S教授は「あのおばんさんたちは(何をするのか)相当知っていて行ったんだ。日本に狂って連れて行かれた女も実際は遊び人だからついて行ったんだ」などと発言した。発言は学生によって暴露されて非難が相次ぎ、一部の市民団体がS教授を名誉毀損で告発していた。

 担当裁判長は「大学教授の立場で学生に虚偽の事実を摘示し、既に大きな被害を受けた高齢の被害者を卑下し、回復困難な傷を負わせた。それにもかかわらず、自身の過ちを全く反省せず、責任を回避しようとばかりしており、相応の処罰が必要だ」と判決理由を説明した。

 S教授は昨年10月、問題の発言が全国的な非難を浴び、罷免された。S教授は今年1月、教員訴請審査委員会に不服を申し立てたが棄却され、行政訴訟を起こしている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/18/2018091800530.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【大爆笑www】バ韓国塵の分際で「Me Too」運動ってwwwww

バ韓国では売春させろデモが日常的に行われる


バ韓国の現役の女性検事が職場でのセクハラ被害を訴えていました。


何を今さらって感じですね。


そこに屑チョンが複数匹いれば、性別に関係なくセクハラが発生して当然なのです。

なにしろ、幼稚園児が同級生を集団でレイプするお国柄なんですからwwww


ま、どうせ世界的に話題を呼んでいる「Me Too」運動に感化されただけでしょう。

あわよくば大金をせしめてやるという根性が丸見えで、吐き気を催してしまいます。


こんな醜い朝鮮ヒトモドキはさっさと根絶やしにするべきなのです。


-----------------------
韓国検察内で性犯罪が横行、現職女性検事による「韓国版Me Too運動」が反響呼ぶ

 2018年1月31日、韓国で現職の女性検事が自身の経験したセクハラ被害を暴露し、大反響を呼んでいる。韓国・JTBCなどが伝えた。 

 ソ・ジヒョン昌原地検統営支庁検事は26日、検察内部のネットワークに「私は望みます」と題する文章を掲載し、8年前にセクハラ被害、3年前に人事上の不利益を受けたと明らかにした。ソ検事は「10年10月30日、ある葬式場で法務部長官に随行していた時、多くの人が見ている前で法務部幹部からひどいセクハラを受けた」と告白。さらに「その後、所属庁の幹部を通じて謝罪を受けることになったが、その幹部から連絡はなく、むしろ14年の事務監査で検察総長から警告を受け、15年には異例の人事発令を受けた」と主張した。 

 ソ検事は29日にはニュース番組にも出演し、被害を打ち明けた理由について「性暴力被害者たちに『決してあなたたちに非はない』とのメッセージを伝えたかった」と述べた。その他にも「検察の改革のため」「加害者たちに罪を認めて被害者に許しを請うよう促すため」と説明した。また、ソ検事は知人の女性検事が受けた3件の被害も暴露した。中には性的暴行被害もあったという。 

 この「勇気ある暴露」は韓国社会で大きな反響を呼び、ネット上には「難しい決断をしたソ検事に拍手を送りたい」「被害者に罪はない。被害者が堂々とするのは当然のこと」「絶対に辞職しないで。定年まで検察で働いてほしい」など多くの応援コメントが寄せられている。また「性犯罪者が裁判をしているから、性犯罪への処罰が甘い」「最もクリーンでなければならない検察がこんな状態なら、普通の会社はどうなる?」「自分の権力を信じ、こんなことになるとは想像もしていなかっただろう」「権威主義を悪用したのだから相応の処罰を受けるべき」などセクハラ被害を隠そうとした検察に対する怒りの声も相次いでいる。 

 さらに、「私も被害を受けた」と主張する人も続出しているという。元検事の女性はあるメディアに対し、「過去に直属の上司からセクハラ被害を受けたが、同様の被害を受けた同僚検事から『先輩検事に相談したところ、抵抗すれば職を失うことになると言われた』との話を聞いて諦めた。結局はそのストレスに耐えられず退職を決意した」と明かし、さらなる波紋を広げている。

http://www.recordchina.co.jp/b564699-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る