韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

金融危機

金融危機並みの水準! 世界の全輸出でバ韓国の割合が3パーセント以下に!!

バ韓国の経済活動は売春頼み


全世界の輸出において、バ韓国の占める割合が3パーセント以下に落ち込むようです。


これは2008年の金融危機並みの水準とのこと。



なかなかいい感じですね。



そもそもヒトモドキの分際で国際市場に参加していることが間違いなのです。


そろそろきちんと整理するべきでしょう。



ヒトモドキ並びに、ヒトモドキの血を引く混血どもを朝鮮半島に閉じ込め、

餓死するまで放置しておくのが正解なのです。



たったこれだけのことで、各国の治安が向上し、人類の更なる発展が期待できるのですから!




-----------------------
韓経:世界貿易に占める韓国の割合、11年ぶりに3%台崩壊

 世界の全輸出で韓国が占める割合が11年ぶりに3%以下に落ちる見通しだ。韓国が米中貿易紛争と世界的な景気鈍化の衝撃を最も大きく受けていると分析される。

 韓国貿易協会と国際通貨基金(IMF)が8日に明らかにしたところによると、1~8月の累計世界輸出額は12兆4083億ドルと集計された。同じ期間に韓国の輸出額が占める割合は2.9%で3614億ドルだった。世界の輸出で韓国が占める割合が3.0%を下回ったのは金融危機当時の2008年に記録した2.6%から11年ぶりだ。

 韓国が世界の輸出で占める割合は今年、1月の3.0%と4月の3.1%を除き2%台にとどまってきた。韓国の輸出が減った最大の原因は米中貿易紛争にともなう中国の景気鈍化と指摘される。対中輸出の割合が高い韓国が中国の消費悪化で貿易紛争にともなう流れ弾に当たったという話だ。韓国政府関係者は「輸出構造が半導体など特定品目に偏っているのも主要背景。企業の輸出多角化を積極支援したい」と話した。

https://japanese.joins.com/JArticle/260311
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















沈みゆく泥船「バ韓国」ww 21営業日で5兆ウォンが売り越される事態に!!!!!

バ韓国経済の復活はあり得ない。ただ落ち続けるだけ


外国人投資家によるバ韓国離れが、ここにきて更に激しくなっていました!!


なんと21営業日で売り越しが続き、この期間で5兆ウォンが売り越されていたのです。




まぁ、これが本来あるべき姿ですよね。


バ韓国経済に未来なんてものはないのですからwwww




>「2020産業見通し・産業リスク評価結果」によると、評価対象40業種のうち、来年の業況が今年よりも改善するとみられる業種は皆無だった。


どの業種も今年より悪化すると見られているバ韓国。



屑在日や糞帰化チョンどもの私財を取り上げるため、バ韓国政府主導で強制送還事業を始めてほしいものです。




-----------------------
韓国だけを売る外国人投資家、21営業日で5兆ウォン

 外国人投資家の韓国離れが尋常ではない。5日のソウル株式市場ではメーンボードに当たる有価証券市場で外国人による売り越しが688億ウォン(約63億円)に達した。11月7日に始まった連続売り越し日数は歴代5位の21営業日に達した。この期間に外国人による売り越しは累計で5兆ウォンを超えた。同じ期間に外国人が台湾株式市場で約7兆ウォンを買い越したのとは対照的だ。6日も外国人の売り越しが続けば、2015年12月2日から16年1月5日に記録した22営業日連続の売り越し(歴代4位)に並ぶ。歴代最長記録は世界的な金融危機が起きる直前の2008年6月9日から7月23日までの33営業日連続だ。

 外国人による「韓国売り」は専門家も予想できなかったことだ。当初専門家は11月末には外国人の売り越しが沈静化するとみていた。

 11月26日に世界の株式市場でベンチマークとなるモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)の新興市場(EM)指数で中国の組み入れ比率を高め、韓国の組み入れ比率を引き下げるリバランシング(再調整)が終われば、自然と外国人の資金離れも止まるという見方が優勢だった。ところが26日以降も外国人の売りが続き、韓国総合株価指数(KOSPI)も2060まで下落したことから、投資家に衝撃が走った。

 韓国経済に対する否定的な見方も一因だ。韓国の信用格付け会社、ナイス信用評価が4日発表した「2020産業見通し・産業リスク評価結果」によると、評価対象40業種のうち、来年の業況が今年よりも改善するとみられる業種は皆無だった。主力輸出品目である半導体の業況改善が遅れるとの分析も聞かれた。スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)アジア太平洋企業格付け担当理事のパク・ジュンホン氏は「半導体の業況は来年半ば以降、小幅な回復はあり得るが、本格的な回復とは言えない」と予想した。ノ・ドンギル氏も「韓国株式市場から外国人が離脱するのは米中貿易交渉の雑音だけでなく、半導体の業況改善が遅れるという見方が重なったからだ」と分析した。外国人の売り越しが始まった11月7日以降、外国人はサムスン電子、SKハイニックスの株式2兆5000億ウォン相当を売り払った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/06/2019120680001.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【バ韓国経済終了】サムスングループの営業利益、前年比52パーセント減少!!!!!!

バ韓国の経済崩壊が加速中!


バ韓国経済の要とも言えるサムスングループがかなりヤバいようです。

なんと前年同期比で52パーセントも営業利益が減少していましたwwwww


この数値は、2009年の世界金融危機の時よりも悪いとのこと。



ウォンの価値が便所紙以下になっている状況なので、

経済崩壊がますます加速することになるでしょう。



そもそも、ヒトモドキに貨幣経済なんてものは無理がありましたね。


糞と尿を物々交換するのがお似合いの連中なので、

ようやく本来の姿に戻れるんじゃないですかね?




ここで油断することなくきっちりと引導を渡し、

二度ときゃつら害獣を目にしないで済むようにしたいものです。


-----------------------
「サムスン3本柱」営業利益半減…金融危機時より深刻

 ただでさえ海外のみならず国内でも業績が悪化しているサムスングループが再び不確実性に見舞われたことで、懸念の声が高まっている。本紙がサムスングループ16上場企業の今年上半期の実績を分析したところ、売上は前年同期比で5%、営業利益は52%減少していたことが分かった。世界金融危機後の2009年上半期、サムスングループの売上が前年同期比で9%増加し、営業利益が40%減少したが、これに比べてもかなり良くない数字だ。

 問題なのは、サムスングループの3本柱というべき3社がすべて不振であることだ。半導体業況不振などでサムスン電子は前年同期比で売上が-9%、営業利益が-58%を記録した。サムスングループの事実上の持株会社であるサムスン物産も売上高は変わらないが営業利益は-45%というさんざんな数字だ。サムスン物産側は「建設部門の一部海外プロジェクトの工期遅延、原油価格、ニッケル・パーム油などの主要材料の価格下落などで収益が減少した」と説明した。

 金融グループを代表する企業のサムスン生命も今年上半期の売上は-4%で、営業利益は半分だった。サムスン生命側は「昨年上半期にサムスン電子株売却に伴う一時的利益(7515億ウォン=約660億円)が発生したため、今年の営業利益が大幅に減少したように見える」と弁明したが、金利引き下げや株式市場低迷などで保険業界そのものに対する不確実性は高まっている。サムスン生命の株価は26日、過去最安値の6万5800ウォン(約5700円)を記録した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/31/2019083180009.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















復帰不可能www バ韓国株価指数、過去最大の落ち幅を記録する勢いで下落中!!

バ韓国経済、絶賛崩壊中!


バ韓国の株式市場がトンデモないことになっているようです。

株価指数が絶賛急落中で、年内最高値との下落幅が過去最低の26パーセント以上にもなると予測されています。


この下落により、売りに転じる動きが加速しているとのこと。

その結果、ますますバ韓国の株式市場がますます冷え込んでいるようです。


ま、当たり前といえば当たり前ですね。


バ韓国経済に待ち受けているのはマイナス要因ばかりで、明るい兆しが何一つないのですからwwww



ま、ウォンの価値なんざ、使用済みの便所紙以下の価値しかないので、

どうなろうと我々人類にはまったく関係ないんですがねwwwwwww



-----------------------
韓経:恐怖から韓国株価が「歴代級急落」

 KOSPI(韓国総合株価指数)が米国発の衝撃でまた急落した。この3日間に2161.71から2063.30へと98.41ポイント(4.6%)下落した。今年の最高値(1月29日、2598.19)と比べて下落率は20.6%にのぼる。今のような下落傾向なら米国債ショックでKOSPIが年内最高値から約26%下落した2011年の落ち幅を超えるという予想も出ている。 

 過去10年間にKOSPIが20%以上下落した年はグローバル金融危機を迎えた2008年(下落率50.3%)と米国国債格下げがあった2011年(25.9%)の2回だけだ。ギリシャやスペインなど南欧財政危機で株式市場が混乱した2012年(13.7%)、中国経済失速による人民元暴落事態で市場が揺れた2015年(15.8%)も下落幅は現在ほど大きくなかった。 

 KOSPIの急落は大きく落ちたバリュエーション(実績比の株価水準)指標でも確認される。NH投資証券によると、24日基準でKOSPIの12カ月予想純利益基準の株価純資産倍率(PBR)は0.84倍と、グローバル金融危機当時の2008年10月27日(0.78倍)水準に近づいた。 

 下落する株式市場に恐怖心理が広がり、外国人と機関の売りの中でも株を買っていた個人投資家までが売りに転じた。この日も外国人の売り越し(3614億ウォン)で株価が下落し、個人も2813億ウォンの売り越しとなった。機関は6310億ウォンの買い越し。 

 証券業界では米ハイテク株の急落など対外的要因とともに、国内企業の実績も韓国株式市場の見通しを悪化させる要因だと診断している。金融情報会社エフエヌガイドによると、今年の上場企業の営業利益は210兆6000億ウォンと、前年比7.9%増にとどまると予想される。昨年の営業利益増加率が32.5%だった点を考慮すると、利益増加率は急激に落ちたということだ。上場企業の今年の1株あたり純利益(EPS)予測値も1カ月前に比べて1%下落した。同じ期間、米国(-0.2%)より下落幅が大きかった。日本(0.1%)は小幅上昇した。 

 現代車とネイバーがこの日、市場の期待値に達しない7-9月期に実績を出し、懸念が現実になった。セルトリオンと現代車、アモーレパシフィックなど326銘柄が過去1年間の最安値を更新した。

https://japanese.joins.com/article/476/246476.html?servcode=300&sectcode=310&cloc=jp|main|inside_left
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る