自国の兵士を殺傷する能力に長けたバ韓国のK-11小型小銃


バ韓国が20年近くを費やして製造したバ韓国製複合小銃のK-11。


その開発事業が中止になるようですwwww


故障も多く、突然の誤作動で爆発するなど、自国の兵士の殺傷力の高い小銃だっただけに残念ですなぁ。




ちなみに、この鉄くずに投じられた予算は1100億ウォン!


命中率6パーセントという代物なのに、開発に携わっていた屑チョン12匹が勲章をもらったり表彰を受けたりしていました。



いやぁ、本当に残念です。

有事の際、使い物にならないK-11を抱えて死んでいく屑チョンが見られなくなるんですねwwwww


これに懲りず、バ韓国製の武器製造にもっと力を注いでほしいものです。




今回の失敗は予算が足りなかったからなのでは?

10数倍くらいに予算を増やし、次こそはバ韓国製武器の完成を目指してみてはいかがですかねwww



-----------------------
命中率は6%?「名品」と言われた韓国の兵器開発事業が中止へ

 2019年10月1日、韓国・KBSは、韓国軍が進めていたK-11複合小銃開発事業について「6%というとんでもない命中率から事業中止の通告を受けた」と報じた。

 報道によると、K-11複合小銃は「韓国の技術で開発された名品兵器」と宣伝されてきた。開発のため19年間で投入された予算は1100億ウォン(約98億円)以上に及ぶという。

 しかし、5月の射撃テストでは50発中有効だったのはたった3発で、命中率はわずか6%だった。実は量産から1年後の2011年にも命中率は8.8%だったが、韓国国防部は合格判定を出していたという。

 2014年には大統領府と検察もその性能を問題視していたが、国防部と合同参謀本部は事業をそのまま進めた。その結果、亀裂5回、爆発2回、原因不明の誤作動2回など事故が相次いだというが、K-11開発に携わった12人が勲章や表彰を受けたという。

 こうした事態を受け、監査院は先月に「事業撤退」を通告した。防衛事業庁は今月中に最終結論を出す予定という。

 これを受け、韓国のネット上では「私たちの税金で、BB弾より劣る開発をしてたってこと?」「K-9自走砲もそうなのに今度はK-11小銃?国産兵器で自主国防?不正にまみれた国産兵器で死んでいく韓国軍兵士のニュースはもう見たくない」など批判コメントが相次いでいる。

 一方で「テストでは500メートル先の標的を狙ったんでしょ?それで6%ならすごいんじゃない?」「だってまだ開発途中でしょ?」など擁護意見もなかなか多い。

 あるユーザーからは「先進国も研究開発には数多くの試行錯誤がつきもの。短期成果を期待していては、研究開発がうまくいくはずがない」との声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b729300-s0-c10-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ