韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

除去

【屑チョンの分際でタトゥーとかwwwww】就職活動のため刺青除去を行う屑チョンが急増中!!

兵役逃れのためだけに刺青を入れるバ韓国塵どもwwww


バ韓国では、就職活動に備えてタトゥーを除去する屑チョンどもが増えているんだとか。

兵役逃れのために身体全身に刺青を入れる屑在日がいるかと思えば、就職活動のために刺青を消そうとする屑チョンもいるわけですねwwwwwwww


なかには刺青を除去することを条件に内定通知を出す会社もあるんだとかwwww



そもそもあんな奇怪なナリしている連中がファッションタトゥーだなんておかしな話なのです。

さっさと中国の奴隷に戻り、おでこに「」の刺青でも入れたほうがよっぽどお似合いでしょう。

この日本に巣食う屑在日や糞帰化チョンなど、二世三世問わず朝鮮ヒトモドキの血を引く奴ら全ても「糞」の刺青を入れていただきたいものです。


-----------------------
就活シーズン目前、韓国でタトゥー消し専門病院が大盛況

 大学院生のオさん(26)=女性=は今年下半期の就職活動シーズンを前に、先月からタトゥー消し専門病院を探している。昨年、面白半分で足の甲に入れた500ウォン玉大の星形タトゥーを消そうというのだ。オさんは「採用の際にタトゥーが見つかった人は内定が難しいと周囲の人たちから言われた。素足や薄いストッキングではタトゥーが見えてしまうので早く消したい」と言った。

 今年3月に就職したシンさん(22)も昨年下半期の新入社員公開採用で辛酸をなめ、今年初めに両手首のタトゥーを消した。高校卒業直後、友達と興味半分でタトゥーを入れたそうで、「面接を受けるたび面接官に服のすき間からタトゥーを見られている気がした。タトゥーを消していなかったらまた落ちていたかもしれない」と語った。

 就職を控えた若者たちがタトゥー消しに奔走している。面接や身体検査といった採用過程でタトゥーが見つかった志願者は就職が難しいといううわさが就活生たちの間で広まっているためだ。タトゥーや入れ墨はかつて暴力団員などが入れるものだと考えられてきたが、2002年の韓日共催サッカー・ワールドカップ以降、「ファッション・タトゥー」という名前で若者の間で人気を集めてきた。

 タトゥー除去を専門とする病院はどこも大盛況だ。ソウル市江南区新沙洞で20年以上も診療してきた皮膚科医院は、このほどタトゥー除去を診療科目として開設、色素・シミ除去用の最新医療機器を導入したとPRしている。このように、ソウル・江南地域で最近タトゥー除去を専門にしている皮膚科医院は約10カ所に上る。タトゥー除去費用は大きさによって少なくとも50万ウォン(約5万5000円)、多ければ300万ウォン(約33万円)以上かかるという。

 ソウル市麻浦区の病院は、病院名に「タトゥー」という単語を入れた。この病院では12年に約2000人がタトゥー除去手術を受けたが、昨年は約2400人に増えたという。病院関係者は「会社からタトゥーを消すこと条件に内定通知を受けたということで、病院に来る人もかなりいる」と言った。

 職種によってははっきりとタトゥーを採用欠格事由に挙げている。警察公務員試験の受験資格には「動機・意味・大きさが警察公務員の名誉を毀損(きそん)する可能性があると判断されるタトゥーはあってはならない」という条項がある。

 ある大手企業の人事担当者は「タトゥーに対する明確な制約規定がなくとも、就活生としては個性を表現したいという欲求よりも、組織の既成文化に合わせるしかないだろう」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150523-00000418-chosun-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【韓国の医療事情】いぼを除去するつもりが、指を切断することになった高校生ww

韓国塵オスの男性器が小さいのはレイプしやすいため


バ韓国の医療って本当に怖いですよね。

ヒトモドキがメスを持っている姿を想像しただけで、ゾっとします。



そんな馬鹿ウンコ喰うでのお話。
いぼ除去手術の際の麻酔が原因で高校生のオスの指を切断する事態になったそうです。


どうやら医師が麻酔を過剰に投与したのが原因のようです。



ついでに、いぼみたいにお粗末な男性器も切除してしまえばよかったのに。


-----------------------
「いぼ除去手術で指切断」~医師が7,000万ウォン賠償

 ソウル中央地方法院(裁判所)民事合議18部(部長判事=チョ・ヒュオク)は28日、いぼ除去手術で指を切断した高校生のAさん(男)と保護者が皮膚科の医師キム某氏を相手に起こした損害賠償訴訟で、「合計7,636万ウォンを支給しなさい」とする、原告一部勝訴の判決を下したと明らかにした。

 Aさんは去る2012年、右手人差し指の指先のいぼを除去するため町内の医院に立ち寄った。Aさんは医師のキム氏から局部麻酔注射を打たれた後激しい痛みを訴えて、20分後に総合病院の応急室に駆け込んだ。

 だがAさんの指はすでに白く変色して壊死した状態で、血流改善剤を投与したが直らなかった。結局Aさんは10日経った後、指の切断手術を受けて皮膚を移植しなければならなかった。

 裁判部は、「Aさんの指が壊死したのは、医師のキム氏が局部麻酔をしながら過剰な用量の麻酔剤を注射した過失によることが推定される」とし、「キム氏は前もって壊死の可能性を説明しなかった」と指摘した。

 裁判府は労動能力の喪失による遺失収入、治療費、慰謝料などを含む損害賠償額を算定した。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0006929374
-----------------------

結果的には、指ごと切断したのでいぼの除去には成功していたんですねwww



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る