韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

集団的自衛権行使容認

アメリカ政府ついに動く!! 極秘に訪韓して「安倍に反対するな」と釘を刺す!!

おい、パククネ婆!どうかそのままの反日でいてください




荒唐無稽な根拠で反日姿勢を貫くパククネ婆。

そんな婆に対し、アメリカ政府がついに動きだしたようです。

米政府の高官が非公式にバ韓国を訪れ、日本の集団的自衛権行使容認に反対するなと釘を刺したとのこと。



ずいぶんと余計なことをしてくれたものです。

これでパククネ婆が大人しくなってしまったら、日本にとって大きな損害となります。




ま、あの低脳婆のことですから、アメリカよりもバ韓国国内の世論を気にしてブレない可能性も高いですがね。




期待してますよ!

バ韓国最後の大統領パククネ婆さん。



-----------------------
「反日」朴大統領を叱責 米政府高官が極秘訪韓「安倍首相に反対するな」

 日本の集団的自衛権行使容認に反対姿勢を示す韓国に対し、ついに米国の堪忍袋の緒が切れた。米政府高官が極秘裏に訪韓し、安倍晋三政権の方針に理解を示すよう韓国側に圧力をかけていたのだ。日本が集団的自衛権を行使できるようになれば、朝鮮半島有事で自衛隊による米軍支援が拡充されることになり、韓国の国防にも役立つことは子供でも分かる。駄々っ子のように「反日」外交を展開する朴槿恵(パク・クネ)大統領に、米国がお灸を据えた形だ。

 極秘訪韓したのは、ズムワルト米国務次官補代理(東アジア・太平洋担当)。高校と大学で日本留学経験がある国務省きっての日本通だ。

 韓国紙・東亜日報(日本語電子版)は28日、非公式訪韓したズムワルト氏が、李京秀(イ・ギョンス)外交省次官補や、朴氏を支える大統領外交安保首席室関係者らと会談したことをスクープし、「日本の集団的自衛権行使に対し、米政府が韓国の協力を求めてきた」と報じた。

 米国の安全保障政策に詳しい杏林大の田久保忠衛名誉教授は「米国にとって、北東アジアの安全保障政策の要は『日米韓の三角形』だ。これで中国やロシアなど、ユーラシア大陸からの圧力を防ごうとしている。ズムワルト氏が訪韓したのは『そんなことも分からないのか』『いい加減、反対するな』と説得しに行ったということだ」と解説した。(略)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140729/frn1407291820007-n1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








日本の国家安全保障会議の参事官が訪韓中!? 目的は集団的自衛権行使様にの説明のため!?

集団的自衛権行使容認に怯える屑チョンども



日本の国家安全保障会議(日本版NSC)の船越健裕参事官が、わざわざ韓国を訪れているんだそうです。


なんと!

その目的は、集団的自衛権行使容認の閣議決定などを説明するためなんだとか!!



なんでヒトモドキどもに説明する必要があるというのでしょうか!?



こういう事をするから舐められてしまうし、ますますあの屑どもが調子に乗ってしまうのです。




政府がきゃつらを人類扱いしているうちはまだまだ断交には程遠いのかもしれません。


しかし、諦めることなく我々個人個人のレベルで粛々と除鮮活動を続けていきたいものですね。




-----------------------
日本のNSC関係者が訪韓=集団的自衛権で理解求める

 韓国政府関係者は21日、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定など、最近の日本の防衛政策について説明し、理解を求めるため、日本の国家安全保障会議(日本版NSC)の船越健裕参事官が20~22日の日程で非公式に訪韓していることを明らかにした。

 誰と会うかは明らかになっていないが、大統領府や外務省、国防省の当局者と会談するとみられる。

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/jiji-2014072100141/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








日本の集団的自衛権行使容認に怯えるバ韓国ww その理由は……

日本の国力増強に怯える自称「日本人」ども


日本の集団的自衛権行使容認の閣議決定を経て、ますます屑どもが発火していますね。



日米韓で連携をとるべき同陣営なのですから、本来なら歓迎してしかるべきでしょう。

しかし、低脳屑チョンどもの思考では、

日本が戦争できる国なるのはけしからんニダ!

日本が朝鮮半島を占領しにやって来るニダ!

……となるようです。



今までさんざん好き勝手に反日して、竹島周辺の漁民を殺し、観光客を拉致強姦殺人し……。

その報復が怖いんでしょうね。



ま、今の日本は朝鮮半島なんざ歯牙にもかけていません。
相手にするだけ時間の無駄ですからね。


後ろ暗いところがあるからこそ反対しているんでしょうが、本当にコバエのように五月蠅い存在です。


そこまで言うんだったら、自衛隊の肩慣らしとして朝鮮半島を焼畑農業に適した土地にしてあげたいものです。



-----------------------
日本が朝鮮半島を“再侵略”する!? 韓国、信じて疑わず

 日本の集団的自衛権の行使について、韓国で警戒感がくすぶっている。

 集団的自衛権は、武力攻撃を同盟国が受けた場合、自国に攻撃がなくても反撃できる権利だが、「侵略の歴史を反省しない日本の集団的自衛権には反対する」(韓国紙)と反発は強い。69年以上前の日本の朝鮮半島統治という歴史的な背景から、韓国では“国民感情”が許そうとはしない。日本の朝鮮半島への“再侵略”が、本気で危惧されている雰囲気だ。(ソウル 名村隆寛)

■戦争をしたがっている?

「日本は『戦争ができる国』になった」「安倍“戦争できる日本”を宣言」「軍事大国として生まれ変わる日本」

 集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈変更の閣議決定がなされた7月1日と、これに先立ち安倍晋三首相が行使容認に関する「基本的方向性」を示した5月中旬、韓国メディアは一斉に、日本が明日にでも戦争を始めたがっているかのように報じた。

 集団的自衛権に限ったことではないが、靖国神社参拝や竹島(島根県隠岐の島町)、慰安婦など、日本の防衛や歴史認識の問題が出るたび、韓国では日本の「軍事大国化」「軍国主義化」が呼ばれ、非難報道が繰り返される。テレビのニュースではゲートルを足に巻いた旧日本軍兵士の映像のほか、旭日旗、自衛隊の観閲式など“日本の軍国主義復活”を視聴者に強く印象づける映像が、「これでもか」と言わんばかりに、何度も何度も放映される。

 うんざりするほどの“軍国日本報道”。その思い込みの強さに、不謹慎ながらも「それほど日本の軍事大国化を待望しているのかなあ」と逆に勘ぐりたくなりさえもする。とにかく、韓国メディアや反日市民団体は、刺激的で敏感な反応を続けている。

■誘導尋問も

 集団的自衛権がらみで日本政府が何らかの発表をする際、韓国では外務省などから何らかの「韓国政府の立場」が表明される。ただ、韓国メディアは日本側からの発表が出される前から、いつも慌ただしい。

 憲法解釈変更の閣議決定と、安倍首相による「基本的方向性」の発表があったいずれの日も午後に、韓国外務省では定例記者会見が開かれた。韓国メディアの質問は、集団的自衛権に集中したわけだが、韓国外務省報道官は「まだ日本政府は何も発表していないので、(韓国)政府の考えは表明できない。日本側で発表があれば、われわれ(韓国)側の立場を発表する」と当然の回答をした。

 ところが、同じ質問は何度も繰り返される。まるで誘導尋問だ。揚げ句の果てには、報道官が「集団的自衛権というのはですねえ、同盟国などが武力行使を受けた場合、自国が直接攻撃を受けなくても反撃する権利です」とわざわざ基本的な説明をしたこともある。

 また、日本への“全面否定的な回答”を期待するかのような執拗(しつよう)な質問に報道官が「朝鮮半島がどのような地域であるか、分かっていらっしゃるでしょう?」と答えたこともあった。これには二通りの解釈が可能だ。「朝鮮半島には北朝鮮という軍事的脅威が、現実に存在する」という意味と「歴史的背景から日本の軍事介入には問題がある」という二つの見方だ。「自衛隊(日本)の朝鮮半島への“侵略”などという見方は非現実的で、時代錯誤だ」という遠回しな回答だと筆者は理解した。

 その後、日本側での発表を受け、夜になって韓国政府の立場(声明)が発表された。内容は「平和憲法の基本精神を堅持し、地域の平和と安定を害さず、透明性をもって進めねばならない」「朝鮮半島の安保と韓国の国益に影響が及ぶことには、韓国の要請、同意がない限り、絶対に容認できない」といったもので、韓国政府なりに、日本に対して冷静にクギを刺したかたちだ。

■強引な結びつけ

 それでも、日本の軍事大国化や朝鮮半島再侵略の可能性を印象づける報道は続く。特にテレビのニュース報道や時事番組にその傾向は強い。

 5月上旬ごろだっただろうか。深夜の討論番組で与党セヌリ党と野党の新政治民主連合のベテラン国会議員が議論していた。与党議員は、集団的自衛権を現実的に認めつつも「朝鮮半島に自衛隊が来ることがないように取り決めをすればいい」と条件をつけた。これに対し野党議員は「そうはいっても、集団的自衛権の行使が日本の国会を通過すれば、日本の自衛隊は韓国に来ることが可能となってしまう」。こうした議論が延々と続けられていた。

 日本がかつて朝鮮半島を支配した歴史的背景から、情緒的に嫌な気持ちは分からなくもない。日本政府も「自衛隊が他国の領土や領海で活動するには、その国の同意が必要」(関係者)と当然みなしているだろう。特に朝鮮半島に関しては。ただ、感情的で強硬な反発によって自衛隊の行動が必要以上に制限されてはまずい。たとえば邦人救出だ。朝鮮半島で有事が起きた際、自衛隊機での邦人救出が必要とされることもあるだろう。韓国の反対意見に従えば、これも「侵略」とされてしまう。

 現に韓国の左派系紙は朝鮮戦争(1950~53年)当時に日本が元山(現在は北朝鮮領内)沖の日本海で機雷除去に加わったことなどを持ち出し、朝鮮半島の“軍事侵略”に無理矢理、結びつけた報道を展開している。日本としては、明らかに要請に基づき韓国のために行った行為なのに、なぜ、機雷除去が侵略にされてしまうのか。

■最もかかわり合いたくない地域

 「戦犯国家の日本が軍備拡大と再武装を正当化し、朝鮮半島に再び軍事的緊張を作り出そうとしている」。日本の朝鮮半島“再侵略”を警戒し、牽制(けんせい)し続ける韓国の記者や学者、研究者は、会ったときに話題が集団的自衛権に及ぶと、大体こう切り出してくる。

 そうした主張に対し、筆者は決まってこう言っている。「日本人で今、朝鮮半島を侵略しようなんて本気で考えている人はほとんど誰もいませんよ」「日本が世界中で一番、軍事的にかかわり合いたくないのは朝鮮半島じゃないですか」。個人的に付き合いのある自衛隊関係者と以前に話したとき、「(朝鮮半島は)進んでは行きたい場所ではない」というようなことを何人かが口にしていた。

 実際に「下手に(軍事的に朝鮮半島と)関わったら、後で何を言われるか分からない」と思っている日本人は少なくない、というよりも相当多いはずだ。こちらが反省しようが、「日帝の侵略の歴史」を常に口にして「誤れ!」「謝罪しろ!」と日本は長年にわたって韓国から非難を受け続けている。“うんざり感”を覚える日本国民は、筆者だけではないと思う。

 それでも日本の“再侵略”を疑わないような人に対しては、あえて「こんなうるさい国、侵略したくもありませんよ」と答えることもある。激怒されることを覚悟の上でのこんな言葉に対し、不思議なことに相手側は苦笑いで返してくることの方が、これまでの経験では多い。こちらの心中を分かっており、対日非難が効いていると理解しているのだ。

■永遠の“軍事国家”とされ

 金大中政権当時の2002~03年のころだったろうか、ある知日派の著名な韓国人が「日本の朝鮮半島再侵略を本気で信じている韓国人なんていません」と言っていたことを記憶している。「日本への反発は要するに、気分、情緒の問題なんですよ」とも説明してくれた。

 ただ、最近の日韓共同の世論調査によれば、韓国人の53・1%が現在の日本を「軍国主義」と認識しており、46・3%が日本を「軍事的脅威を感じる国」と答えている。日本という国がなくならない限り、韓国にとって日本は未来永劫(えいごう)、“軍国主義国家”“軍事大国”として、非難の標的であり続けなければならないのか。

http://news.livedoor.com/article/detail/9038467/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る