韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

雇用

【異常事態ww】バ韓国・ソウル、4か月連続で就業者数が10万匹以上も減少!!!!

雇用環境の改善を求めるバ韓国塵ども


バ韓国の首都ソウルでの就業者数が、

4か月連続で10万匹以上の減少を続けているようです。


都市部でこんな有様なのですから、他の地域ではもっと悲惨な状況になっているのでしょう。



公共行政部門で就業者数を保っているものの、

それらは大量の税金がつぎ込まれている結果なので何の意味もありません。



これから先、雇用の数も質も悪化し続けるバ韓国。

失業者が増える一方なので、政府に対する不満も右肩上がりになるでしょう。


文大統領が任期を終える頃には、今度こそバ韓国が完全に崩壊していそうです。


本当に楽しみで仕方がありませんねwwww



-----------------------
ソウル市で就業者減少続く…雇用悪化の中心地に

 ソウル地域が「雇用大乱」の震源に浮上した。就業者が増加するどころか、この数カ月間は10万人台の減少傾向が続いている。「人はソウルに送り、馬は済州(チェジュ)に行く」という言葉が色あせるほどだ。 

 統計庁が発表した10月の雇用動向によると、全国の平均雇用率は66.8%と、0.2%低下した。一方、ソウルの雇用率は0.7%落ちた65.9%だった。7月から下落し、むしろその幅が拡大する様相だ。今年10月の全国の15歳以上の就業者増加幅は6万4000人だった。保健・福祉や公共行政部門で19万人増加し、マイナスになる事態は避けた。政府が資金を投じて統計上の就業者増加をかろうじて維持したということだ。財政投入が中断すればいつマイナスに転じるか分からない状況だ。 

 特にソウル市は深刻だ。先月の就業者数は10万6000人も減少した。今年2月(5万2000人減)から9カ月連続で減少している。特に7月には11万3000人減と初めて10万人台となり、その後4カ月連続で10万人以上の減少となっている。財政を投入してもどうにもならない状態ということだ。 

 ソウル以外の地域は7月に11万8000人増となるなど、過去最悪の就職難の中でも月10万人ほど増加している。地域をみると事実上ソウル発の「雇用大乱」ということだ。失業率もソウルは4.2%と、蔚山(ウルサン、4.7%)に次いで2番目に高い。 

 産業別の雇用統計を見ても、ほとんどすべての産業が苦戦している。事業・個人・公共サービス業では就業者数が4万8000人(02.2%)減少した。2月から9カ月連続で減少が続いている。製造業就業者も3万8000人減少(-8.1%)した。今年6月から5カ月連続の減少だ。卸小売業と宿泊飲食店業、建設業も就業者の減少が続いている。 

 雇用の質もよくない。政府が雇用安定性が高まったと主張する「常用職」の増加はソウルでは見られない。7月から減少が続いている。一方、「日雇い」「臨時職」は今年10月にそれぞれ1万1000人増、5000人増となった。自営業者は9%(8万6000人)も減少した。特に政府が「雇用の質が改善した」として前に出す指標の「従業員がいる自営業者」の増加もソウル市だけは例外だ。8月に2万2000人減少し、10月には4万7000人も減少した。

https://japanese.joins.com/article/224/247224.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















34兆ウォンが水の泡wwww バ韓国の就業者数、目標の3分の1しか増えていなかった!!

バ韓国を崩壊に導く文大統領


バ韓国の雇用状況は相変わらず最悪なレベルのようです。

就業者数の伸びは鈍化しており、政府目標の3分の1にも達していない有様wwwwwwwww


これも能無し文大統領のおかげですね。


なにしろ雇用対策に34兆ウォンもつぎ込んでいるのに、

なに一つ成果をあげていないのですからwwwww


パククネ婆の時よりも崩壊の速度が加速しているバ韓国。


文大統領が長期政権を敷くことに、全力で期待したいものです。



-----------------------
「雇用大統領」文在寅政権下の「雇用大惨事」

 最低賃金引き上げの影響に輸出・内需同時不振まで重なり、「雇用ショック」が長期化・慢性化する兆しが明確になりつつある。

 韓国統計庁が11日に発表した6月の雇用動向によると、先月の就業者数は2712万6000人で、1年前に比べて10万6000人の増加にとどまった。政府が設定した今年の目標値32万人には遠く及ばない数字だ。就業者数の増加幅は2017年以降、20万-30万人台を維持しており、今年1月も33万5000人と良好だった。ところが、今年2月に突然10万台に下がり、それ以降は5カ月連続で不振から抜け出せていない。6月は特に大雪や大雨など雇用に対してマイナスとなるような天候上の要因がなく、ベース効果(基準にする時点によって現在の実績が変わる現象)が介入する余地も少ないため、就業者数が20万人以上は増えるものと政府は内心期待していた。

 しかし、政府が税金で作る一部の公共の雇用を除き、民間の雇用不振はさらに明確になりつつある。韓国経済の根幹である製造業の雇用は昨年比で12万6000件減少、最低賃金引き上げの影響を多く受ける卸売業・小売業・宿泊飲食業も3万1000件減と、7カ月連続で減少を続けている。昨年15万4000件増えた建設業関連雇用は1万件の増加にとどまった。

 「雇用大統領」を掲げる文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後は特に、昨年の補正予算11兆ウォン(約1兆1000億円)、今年の本予算19兆ウォン(約1兆9000億円)、今年の補正予算3兆8000億ウォン(約3800億円)など、計34兆ウォン(約3兆4000億円)を雇用予算につぎ込んだことを考えれば、「雇用大惨事」と言ってもいいという声もある。

 建国大学のチェ・ベグン教授は「財政を投入して公共サービス関連の雇用を増やすのは、もうすぐ崩れそうなダムの穴を手のひらでふさいでいるのと同じ。政府が税金で雇用を作るのではなく、新たな成長動力を見いだすことに力を入れるべきだ」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/12/2018071200720.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












【これがバ韓国!!】ナッツ婆の母親に対する逮捕状、またまた却下される!!

バ韓国では家族全匹犯罪者が当たり前


パワハラに引き続き、外国人の違法雇用でまたもや逮捕状を請求されていたナッツ婆の母親。

しかし!!

前回同様、またまた逮捕状請求が却下される事態となりましたwwwww



さすが、犯罪者天国のバ韓国ですなぁ。


金さえあれば逮捕されないし、

もし逮捕されたとしてもすぐに娑婆に戻ってこれるのですからwwww




以上、やはりバ韓国は法治国家ではなかったというお話でした。


-----------------------
大韓航空会長の妻、逮捕状請求また却下

 韓国の大手財閥、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の妻で一宇財団理事長のイ・ミョンヒ氏(69)に対する逮捕状請求が20日、裁判所に却下された。イ氏は過去10年間、フィリピン人20人余りを大韓航空の研修生であるかのように装い、韓国に入国させた上で、韓進グループ経営者一族の家事ヘルパーとして違法に雇用していた疑いが持たれている。

 ソウル中央地裁は「容疑の内容とこれまでの捜査進展結果からみて、身柄を拘束して捜査を行う理由や必要性、相当性が認められない」と説明した。現行法では家事ヘルパーに就業できる外国人は、韓国系外国人や結婚による移民者など韓国人に準ずる人に限られている。違反者には3年以下の懲役または2000万ウォン(約199万円)の罰金が科される。

 イ氏は外国人家事ヘルパー雇用容疑に先立ち、パワーハラスメントによる暴行容疑で警察による捜査を受けた。運転手、警備員、韓進グループの社員ら11人に暴言、暴行に及んだとして逮捕状が請求されたが、4日に裁判所に却下されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/21/2018062101357.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












撤退確実のバ韓国GMに、7800億ウォンを支援することにしたバ韓国政府wwwwww

金寄こせデモ中のバ韓国GM従業員


2002年に設立されたバ韓国の“韓国GM”。

アメリカのゼネラルモーターズ(GM)が旧大宇自動車の大部分を買収した形で誕生したわけです。


しかし、さすがのGMも屑チョン相手の商売には大失敗。

なにしろ、屑チョンを労働者として雇っているのですから、どう考えても成功するわけがありませんよね。


商売として成り立たないので、当然GM側はバ韓国からの撤退を検討。

その場合、関連企業を含め、バ韓国内で15万匹以上の雇用が消えることになります。



そこで、バ韓国政府は、7800億円を出して韓国GMを支援することにしたそうです。



どう考えてもドブに金を捨てるようなものですねwwwwww

この大金も労組の幹部のポケットに収まるだけで、決して経営が改善することはないでしょう。



撤退を遅らせるだけで、何の解決策になっていないんですからwwwwwwww


-----------------------
韓国GM撤退問題、約7800億円の支援も懸念払拭されず=「これがまともな国がすることか?」「出ていく企業は止められない」―韓国ネット

 2018年5月11日、韓国・国民日報は、韓国政府と米国GM本社が韓国GMの経営正常化のためのパッケージ支援案に合意したものの、「韓国内生産工場の縮小または撤退の懸念は消えていない」と伝えた。 

 記事によると、韓国のキム・ドンヨン副首相兼企画財政部長官は、韓国GMに合計71億5000万ドル(約7800億円)を支援する内容の「韓国GM関連交渉の結果及び部品メーカーの地域支援方案」を発表した。これによると、GM本社は韓国GMに貸出金28億ドル(約3000億円)を優先株として出資転換。これにより、韓国GMは毎年1500億ウォン(約150億円)に達する借入金の利子費用を削減することが可能になるという。また、設備投資などに28億ドルを融資の形で追加支援し、構造調整のための費用8億ドル(約875億円)を別途支援することになった。韓国産業銀行は優先株出資の形で7億5000万ドル(約820億円)を支援するという。 

 韓国GMが撤退すると関連企業を含めて15万6000人の雇用が消える可能性があることから、韓国政府の選択の余地は限られていた。国民日報は、「問題は、韓国GMが今後10年間、韓国を離れることなく経営正常化の道を歩むかどうかだ」とし、「オーストラリアの事例からも分かるように、GMが政府支援だけを受け取り、(事業を)撤退する懸念がこれまで継続的に提起されてきた」と指摘した。 

 一方で国民日報は、「韓国GMが10年間、韓国を離れないとしても、今回の支援により経営が軌道に乗るかは未知数」と指摘する。韓国統計庁によると、韓国国内の自動車生産台数は前年同月比で、2月は19.6%減、3月は12.5%減となっている。韓国経済研究院産業革新チームのイ・サンホチーム長は「ウォン・ドル為替レートの下落(ウォン高)に伴う価格競争力の低下と自律走行車、電気自動車部門での競争激化により、国内自動車不振を免れずにいる」とし、「韓国GMの自己救済策がない場合、経営正常化ははるかに遠いものになるだろう」と分析している。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「現政権の経済政策が良くない」「71億5000万ドルも米国企業に支援するだって。これがまともな国がすることか?」「税金を使って一時しのぎをした」など、韓国 GM支援への批判の声が寄せられた。 

 また、「労組がいるから」「すべて労働組合のせいだ」など、過激な活動を繰り返す労働組合を批判する意見や、「出ていこうとする企業を止めることはできない」とするコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b599733-s0-c20-d0124.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ












アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る