韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

電気自動車

愚挙wwww バ韓国・現代自動車が再び日本市場に参入……

バ韓国製の車に乗るのはただの自殺行為


なんと! バ韓国の現代自動車がまた日本市場に参入するようです。


どうやら電気自動車を主軸にしてシェア獲得を狙っているみたいですが、

本当にキチガイじみていますねwwww



バ韓国製の車に自分の命を預けるような真似は、ただの自殺行為なんですからwwww



サムスンのスマホのように、

現代自動車もロゴを隠蔽する形で販売してきてもおかしくありませんね。


これから先、車の購入を考えている方はくれぐれも注意していただきたいものです。



-----------------------
撤退から10年、韓国の現代自動車が日本車市場に再挑戦=韓国ネット「やめておいた方がいい」

 2019年3月6日、韓国・電子新聞は、現代自動車が日本の車市場に「再び挑戦状を突きつけた」と報じた。2009年に販売不振で撤退して以来、10年ぶりのことという。 

 業界によると、現代自動車は日本進出のデビュー舞台として、今年10月24日に東京で開かれる「東京モーターショー2019」に600平方メートル規模の単独ブースを設ける予定で、「Nexo」など世界初となる量産型の水素電気自動車(FCEV)や電気自動車(BEV)を中心に据える。車の販売時期はマーケティング効果が期待される東京五輪の日程を考慮し、早ければ年末か来年初めが有力視されているという。 

 現代自動車は2017年から日本のタスクフォース(TF)を運営して市場戦略を練ってきており、初期市場の看板車種として最終的に「エコカー」を選択したという。大々的なマーケティング活動より、現地で販売されていないSUV型のエコカーを中心に初期市場の定着を狙うとみられているという。 

 また記事は「日本は輸入車の市場シェアが10%にも満たないほど自国ブランドを好む傾向が高く、現代自動車が通用しない唯一の市場」と指摘。今回の再挑戦は「変化した韓国自動車の存在感を証明する舞台でもある」と伝えている。 

 これを受け、韓国のネット上では「中国車が韓国に進出したら買う人いる?日本人はそんな目で韓国車を見てるだろう」「日本人は軽自動車に乗る人が多いから、現代自動車の入る隙はない」「現代自動車のみならず、Galaxyを除いて韓国製品を日本のテレビCMで見たことがない」「製品の競争力とかの問題じゃなくて、日本人はまず韓国産は買わないからやめておいた方がいい。サムスンが唯一主導権を握れない市場が日本」など、再挑戦に否定的な反応が相次ぎ、「独自ブランドで競争するより、三菱自動車を買収する方がいいんじゃない?」「日本進出はやめてマツダやスバルを買収して!」などと提案する声も上がっている。 

 ただし、少数派ではあるが「トヨタもそのうち電気自動車を出すだろうけど、まだ出ていない。電気自動車+水素自動車のSUVや乗用車で攻めていったら勝算はある」「今回こそは頑張って」「いろんな方向から攻めていって」など応援メッセージも届いている。

https://www.recordchina.co.jp/b693227-s0-c20-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















需要急増中の電気自動車用バッテリー、バ韓国企業だけがシェア下落中wwwwwww

電気自動車バッテリー、バ韓国産だけ需要減


バ韓国で作られた電気自動車用のバッテリー。

現在需要増で景気のいい電気自動車用バッテリーの世界市場ですが、バ韓国産のものだけが低迷しているんだとかwwww


当然の結果でしたね。


価格面も品質面も最悪のバ韓国産バッテリーが、高いシェアを獲得できるわけがありません。



いつ爆発するのか分かったものではないので、バ韓国国内でどんどんシェアを伸ばしていただきたいものです。


そして、


朝鮮半島のアチコチで電気自動車が爆発炎上……。


そんなニュースが連日飛び込んできてくれることを祈ってますwwww


-----------------------
EV用バッテリー市場 韓国企業のシェア低迷=中国・日本勢が躍進

 昨年の世界の電気自動車(EV)用バッテリー市場で、中国と日本の企業が急速な成長を続ける一方、韓国ブランドは不振だったことが4日までに分かった。中国企業は自国政府の政策的支援で技術力を確保して韓国企業の追い上げを退けており、格差がさらに広がるのではないかとの懸念も出ている。

 エネルギー業界専門の市場調査会社、SNEリサーチによると、昨年1~11月の世界のEV用バッテリー出荷量は計7万6950MWh(メガワット)相当で、前年同期間(4万4522メガワット)比72.8%増加した。

 メーカー別では日本のパナソニックが前年比113.0%増の1万7606メガワットで1位を記録し、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)が同111.1%増の1万6176メガワット、比亜迪(BYD)が同105.2%増の9359メガワットで後に続いた。

 韓国のLG化学は6183メガワットで4位に入ったが、増加率は前年比42.2%にとどまった。サムスンSDIは同26.1%増の2731メガワットで、前年の5位から6位に後退。日本のオートモーティブエナジーサプライ(AESC)が同113.6%増の3568メガワットで5位に入った。

 出荷量上位8社のうち、3桁台の成長率を記録できなかったのは韓国の2社のみだった。

 これにより、LG化学の市場シェアは前年(9.8%)から1.8ポイント下落した8.0%にとどまり、サムスンSDIも4.9%から3.5%に下落した。

 中国・日本企業の躍進が続く反面、韓国企業は頭角を現すことができなかった。

 SNEリサーチは報告書で「昨年11月には中国系企業がトップ10に7社含まれ、日本のパナソニックとAESCも平均以上の成長率でシェアを高めた」とし、「このような傾向が12月も続き、LG化学とサムスンSDIへのプレッシャーが続くと推定される」と見通した。

 一方、韓国の2社はグローバル自動車メーカーに製品を供給してトップ圏への浮上を狙っている。

 業界関係者は「EV市場は急速に成長しており、韓国企業の技術力が優れているため今年からはシェアが急上昇するとみている」としながら、政策的な支援も必要だと指摘した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/04/2019010480088.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国ショック!! 日本と中国でEV充電器の次世代規格が統一される見込み!!

バ韓国産充電器は爆発するのが当たり前


日本と中国の間で、電気自動車用の急速充電器の次世代規格が統一されることになりそうです。

日中の自動車充電器市場のシェアは90パーセント以上になるので、今後の国際基準になると見られているとのこと。



この報道を知った屑チョンどもが、「仲間はずれにされたニダ!」とやきもきしているようです。



爆発する充電器やバッテリーしか造れない連中が何をほざいているんでしょうね。


国際規格の統一にあたり、屑チョンどもを関与させたら世界中で爆発事故が起きるだけですwwww


このままバ韓国を関与させずに規格を統一させてほしいものです。



-----------------------
韓経:日本、中国と電気自動車充電器同盟…韓国「仲間はずれ」

 日本と中国が電気自動車(EV)用急速充電器の次世代規格を統一することで合意した。世界の自動車充電器市場の90%以上を掌握している両国が充電器規格を統一する場合、国際標準も両国が作った規格に従う可能性が高い。 

 読売新聞は22日、「日本の急速充電器の規格『CHAdeMO(チャデモ)』の普及に向け、自動車や充電器のメーカーなどが設立した『チャデモ協議会』と中国の規格『GB/T』を推進する『中国電力企業連合会』が、月内にも北京で合意書に調印する」と報道した。 

 両協会は2020年を目標に、10分以内に車両充電が可能な機器を共同開発することにした。これまで電気自動車用バッテリー充電器は日本と中国、欧州連合(EU)が標準規格の先取りに向け競争してきた。今年までに設置された世界の電気自動車急速充電器は中国のGB/T方式が22万台、日本のCHAdeMO方式が1万8000台ほどだ。欧州のコンボ方式の充電器は7000台ほどが供給されたと推定される。 

 中国と日本が作った統一規格が国際標準になれば日本の自動車メーカーの電気自動車輸出と中国市場進出に弾みがつくと予想される。 

 両国は今後出力500キロワット級の製品を実用化し、充電時間を現在の30分程度から10分以下に短縮するという目標を立てた。日本は中国側に急速充電技術と安全管理方法を伝授し、中国は円滑な部品供給を担当する方針だ。 

 日本のトヨタ自動車と日産は最近それぞれ1000億円ほどを投資して電気自動車生産を含め中国での車両生産を20~30%増やす計画を発表した。中国は2016年1月から電気自動車補助金支給基準を新たに定め、LG化学やサムスンSDIなど韓国企業の電気自動車バッテリー製造と販売を規制してきた。

http://japanese.joins.com/article/296/244296.html?servcode=800&sectcode=860&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る