韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。


鳥インフルエンザ

【これぞバ韓国www】終息宣言の1週間後に、鳥インフルの陽性反応!!!!!!!!!!!

またまたバ韓国で鳥インフル発生!


いやぁ、またまたバ韓国で信じられない事態が発生していましたwwww


今年の1月からバ韓国では鳥インフルが発生していましたが、

先週ようやく終息宣言が出されていました。



しかし!


その宣言から1週間後、またもや鳥インフルの陽性反応が発見されていたのですwwwwww


さすが屑チョンどものやることですなぁ。


2015年にバ韓国で流行したMERSも、まだキャリアが存在していてもおかしくなさそうですねwwww


-----------------------
終息1週間後に鳥インフル陽性判定、韓国京畿道で一時移動中止

 京畿道(キョンギド)平沢(ピョンテク)の養鶏農場から16日、鳥インフルエンザが疑われるという申告があり、簡易検査を行った結果、陽性反応が出た。農林畜産食品部(農食品部)は家畜防疫審議会を経て17日午前0時から24時間、京畿道全域に一時移動中止命令を出した。 

 農食品部と京畿道によると、16日午後4時に平沢市梧城面(オソンミョン)の産卵鶏農家から申告を受け、簡易検査を行った結果、陽性判定(H5型)を示したという。この農家では48万6000羽の鶏を飼育中であることが確認された。

 また疫学調査結果の前日、この農場から京畿道楊州隠県面(ウンヒョンミョン)と驪州陵西面(ヌンソミョン)の農場にそれぞれ1万6000羽、3万300羽の産卵鶏が出荷されたことが把握された。楊州の農家でも鳥インフルエンザ簡易検査の結果、陽性反応が出た。 

 京畿道は該当農家3カ所の鶏をすべて殺処分する計画だ。さらに半径500メートル以内に養鶏農場2カ所があり、この農家でも簡易検査を実施して陽性反応が出れば3キロまで殺処分措置を拡大する。 

 京畿道では1月26日に華城(ファソン)で、1月27日に平沢で鳥インフルエンザが発生してから48日ぶりのことだ。これを受け、京畿地域の鳥インフルエンザ事態が終息した今月8日から1週間ぶりに移動制限と出入り統制措置がまた発令された。 

 移動中止命令は17日午前0時から24時間続く。移動中止対象は国家動物防疫統合システムに登録された約1万カ所で、家禽農家3960カ所、食鳥処理場11カ所、飼料工場102カ所、車両6725台が該当する。

http://japanese.joins.com/article/663/239663.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・平昌冬季五輪】この土壇場で、鳥インフルエンザが検出される!!!!!!!!

失敗間違いナシのバ韓国平昌冬季五輪


今年の2月に開催“予定の”バ韓国平昌に隣接する京畿道抱川市で、


鳥インフルエンザが検出されていました!!


いやぁ、どうなるか見ものですなぁ。

五輪を控えているので、収束していないのに収束宣言を出しかねませんね。


これは、感染拡大間違いナシでしょう。


-----------------------
五輪開催の江原道隣接の韓国北部で鳥インフル検出

 韓国農林畜産食品省は4日、北部の京畿道抱川市の養鶏場で鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。抱川市は2月に平昌冬季五輪が開かれる江原道に隣接しており、政府や自治体は防疫作業を急ぐ。

 3日、この養鶏場での感染疑い例が報告され、同省は抱川市や周辺地域を含め家禽類などの移動を制限した。南西部の全羅北道高敞郡では昨年11月、同型のウイルスが検出され、政府が感染拡大を警戒していた。

http://www.sankei.com/world/news/180105/wor1801050015-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【呪われてる?】平昌冬季五輪の開催まで間もないのにバ韓国で鳥インフル発生!! ちなみに、昨年は……

五輪直前、バ韓国で鳥インフル発生


平昌冬季五輪開催まであと3カ月もないというのに、トンデモない事態が発生していました!!


昨日、バ韓国で鳥インフルエンザが検出されていたのです!!


過去の事例を見るまでもなく、屑チョンどもに被害を防ぐ防疫なんて真似はできません。



ちなみに昨年は鳥インフルエンザの発生から終焉まで、

5カ月近くかかっていますwwwwwww



これでますます平昌冬季五輪の失敗が確実になりました。

どんな醜い見世物になるのか、楽しみですなぁwwwwwww


-----------------------
韓国、五輪目前に鳥インフル発生で「超緊張」=韓国ネット「また悪夢が始まった?」「今の韓国なら克服できる」

 2017年11月20日、韓国経済によると、韓国で今冬初めて、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(AI)がカモの飼育場で検出された。来年2月の平昌冬季五輪を前に、防疫当局に緊張が走っている。 

 韓国の農林畜産食品部は19日、全羅北道の高敞郡にあるカモ農家に対する検査で、高病原性(H5N6型)鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。同農家は畜産企業チャムプレから委託を受け、カモ1万2300匹を飼育していた。防疫当局は18日に同農家の出荷前検査で鳥インフルエンザ抗原が検出された後、カモを全て殺処分し、疫学調査を開始した。家畜類に致命的な高病原性鳥インフルエンザウイルスの発生が確認されたことを受け、韓国政府は全国の家畜飼育農家に対し、20日午前0時から48時間の移動禁止命令を発動した。 

 平昌五輪の開幕まで3カ月を切り、鳥インフルエンザなど家畜伝染病の発生を防止するため総力を上げていた韓国政府は「超緊張状態」に陥っているという。イ・ナギョン首相は「危機警戒レベルを上げ、中央事故収拾本部を設置するなどの必要な措置を迅速に実行せよ」と指示したそうだ。 

 韓国では昨年11月から今年4月まで、約140日にわたって鳥インフルエンザが発生し、3787匹が殺処分される史上最悪の被害が出た。再び鳥インフルエンザが拡散する場合、五輪の進行に大きな影響を与えることは確実なため、防疫当局は神経をとがらせている。韓国政府は五輪期間中、約80カ国の選手やスタッフ、取材陣約2万7000人を含む約40万人の外国人が韓国を訪れると予想している。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは「また始まったの?」「五輪を目前に控えているのに。これは大変だ」「あの時の悪夢が思い出される」「昨年のように被害が拡大しないよう最善を尽くしてほしい」「今回は迅速に対応できるだろうか?」「なぜ鳥インフルエンザはいつも、国が大事な局面を迎えている時に発生するのだろう?」など不安の声が相次いでいる。 

 一方で「朴槿恵(パク・クネ前大統領)の時代が最悪だったから、今の政府の全ての対応を素晴らしいと思える」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の実力が見られる良い機会だ」「今の韓国なら絶対に克服できる」など前向きなコメントも寄せられている。

http://www.recordchina.co.jp/b219244-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【レッツ焼け野原!】鳥インフルエンザの新型ウイルス、検出から2週間ナニもしなかったバ韓国

屑チョンにまともな防疫なんざできません


バ韓国全土で猛威をふるっている鳥インフルエンザ。

今回のウイルスは、先月の28日に大学の研究チームが検出していました。


しかし、バ韓国の防疫当局が確認したのはそれから2週間後の今月11日のことだったようです。

その後の体制作りにも更に時間を要し、相変わらず後手後手の対応になっているとのこと。


そんな屑チョンどものせいで、東アジア全域に鳥インフルエンザが蔓延してしまう恐れもあります。



やはり朝鮮半島などという穢れた土地は、一刻も早く焼け野原にするべきでしょう。

あ! 焼き払う前に、世界中に散らばっている屑チョンどもを強制帰国させることも大事ですね。



-----------------------
韓国の鳥インフル拡大、ずさんな初期対応が招いたと指摘=韓国ネット「大統領が不在なのがいけない」「いつまで渡り鳥のせいにする?」

 2016年11月29日、青森県と新潟県の養鶏場などで飼われていたアヒルや鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたが、韓国では先月末にウイルスの感染が確認されていた。韓国西海岸から始まった感染が中部内陸へと広がる中、防疫当局の初動の失敗が拡大を招いたとの指摘が上がっている。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。 

 韓国の防疫当局によると、これまでに感染が確認されたか感染を予防するためとして殺処分された鶏や鴨は100万羽余り。感染は南西岸から内陸に広がり、首都圏の京畿道楊州のほか韓国で最大の鶏産地である同道抱川市の農場でもウイルスが検出、中部の世宗市でも感染が疑われる事例が報告されている。 

 韓国で今回検出されたウイルスは、昨年まで韓国では確認されていなかったH5N6型だ。しかしこれを先月28日に渡り鳥のふんなどから確認したのは大学の研究チームで、防疫当局が確認したのは今月11日になってからだった。 

 農林畜産食品部の金在水(キム・ジェス)長官がトップを務める家畜防疫審議会が稼働したのは今月16日、ウイルスが確認された先月28日からは実に3週間が経過していた。また、南西部の全羅南道海南や中部の忠清北道陰城の農場で感染が疑われるとの連絡があってからも数日がたって、ようやく非常システムが作動したことになる。 

 毎年のように繰り返される鳥インフルエンザの感染拡大に、専門家からは渡り鳥にばかり責任を押し付け対応を遅らせる政府の問題点を指摘する声が上がっている。 

 これについて韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せた。 


「大統領が不在なのがいけない。こんなに無能な政府は初めて」 

現政府が適時適切な対応をしたら不思議なくらい。これまで何度も手遅れ対応をやってきたからね」 

いつまで渡り鳥のせいにするつもり?」 


すべては腐った政府のせい!」 

この国はバイアグラを買うことはできるけど、MERS(中東呼吸器症候群)も鳥インフルもまったくコントロールできない。いや、コントロールしないのか?」 

「いつもこう。あーあ、これが国なのか、政府なのか…」 


鳥インフルは渡り鳥のせい、MERSはラクダのせい、大気汚染はサバのせい、セウォル号は救命胴衣のせい。政府はなぜ存在してるんだ?」 

何か起こるたび国が管理できてない。戦争が起こったら見ものだ」 

「国が落ち着かないから自分たちも落ち着かないのかな?しかし責任のなすり付けにかけては最高の政府だよ!」

http://www.recordchina.co.jp/a156331.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。






拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る