韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

ASEAN

ASEAN、APEC共に日本とバ韓国の二者会談は行われない予定!!

徴用工訴訟で日本とバ韓国の関係が絶賛悪化中


来週以降に開催されるASEAN首脳会談とAPEC首脳会談。


各国がその合間に二者会談を行う予定ですが、

日本とバ韓国の二者会談は一切行われないようです。


うーん、素晴らしい傾向じゃないですか!


徴用工訴訟のトンデモ判決の影響で、着実に日韓の関係が遠のいているわけです。



このままの勢いでバ韓国と断交状態になっても、日本はこれっぽっちも構いません。


向こうが土下座してくるまで、このまま放置しておくのが当然でしょう。




あ!

たとえ土下座してきても、3日としないうちに記憶から消える連中なので、

何があっても放置するべきでしたねwwwww


-----------------------
徴用判決の余波…文大統領、ASEAN・APECで安倍氏とは会談せず

 韓国大法院(最高裁に相当)の徴用判決が韓日間の首脳外交に早くも影響を及ぼしている。 

 7日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が13~16日にシンガポールで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議と、17~18日にパプアニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議に参加する予定」と発表した。 

 記者会見で、南官杓(ナム・グァンピョ)青瓦台国家安保室第2次長は、首脳会議期間中に行われる二者会談に関連し、「ロシア・オーストラリアなどと二者会談を行い、(ドナルド・トランプ大統領に代わってAPECに出席予定の)マイク・ペンス米副大統領とも会談する方向で調整中」と述べた。また、APECに参加する中国の習近平国家主席との会談も推進中だ。

 南次長は「さまざまな国から会談の要請が入っており、日程を調整中」としながらも、安倍晋三首相については触れなかった。 

 これに関連して、青瓦台高位関係者は「今の雰囲気で(韓日会談は)難しいようだ」と伝えた。それとともに「従来の政府立場と異なる司法府の(徴用)判決が下され、韓国政府の立場を整理しなければならない状況」としながら「時間が多少かかるほかはない状況だが、日本政府が過度に韓国政府を批判するのは事態解決のために役に立たない」とも述べた。「韓日両国間で会談の要請があったか」という質問に、この関係者は「申し上げることはできない」と述べるにとどまった。 

 日本側の雰囲気もそれほど変わらない。時事通信は「一連の国際会議で、2国間会談を見送るべきだとの声が日本政府内で強まってきた」とし「韓国最高裁判決後、韓国政府が日韓関係改善に向けた動きを示していないため」と報じた。日本政府からは、徴用判決に対する韓国政府の対応方針が定まっていない状況で「会談を行うのは無意味」との言葉も出ている。徴用工判決は暴挙であり、国際法に基づく国際秩序に対する挑戦」(河野太郎外相)と主張する日本は、造船業界に対する韓国政府の公的資金支援を問題視して世界貿易機関(WTO)にも提訴する方針だ。韓国を「国際法を守らない国」という烙印を押し、戦線を広げる狙いだ。その上、今月20日には日本の国会議員が主導する独島(ドクト、日本名・竹島)領有権主張集会まで東京都内で予定されている。両国の前には当面の間、悪材料だけが並んでいる。 

 菅義偉官房長官は7日の定例記者会見で「日韓請求権協定は、司法府も含めて、当事国全体を拘束するもの」としながら「大法院の判決が確定した時点で、韓国による国際法違反状態が生じた」と主張した。同日、李洛淵(イ・ナギョン)首相は「日帝強占期の韓国人強制徴用被害者に対する大韓民国大法院の判決について、日本政府指導者が過激な発言を繰り返していることに対して深い懸念を表す」と明らかにした。李首相はこの日、外交部記者団に配布した立場資料で「日本政府指導者の発言は、妥当でもなく賢明でもない」と指摘した。あわせて「日本政府指導者の賢明な対処を要望する」と求めた。

https://japanese.joins.com/article/898/246898.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|top_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【ASEAN】バ韓国のヅラ外相の中国の挨拶、中国の王毅外相が華麗にスルーwwwwww

外相会談の場でもカブリモノを被ったままの尹炳世外相


先日行われたASEANにて、痛快な一幕があったようです。

中国の王毅外相に対し、バ韓国のヅラ外相こと尹炳世外相が下卑た顔で、

「ニーハオ、ニーハオ」

と挨拶したところ……。


王毅外相は無反応で華麗にスルーしたんだとかwwwwww


もちろんバ韓国が中国の意向を無視してTHAAD配備を決めたことが原因でしょう。


ここにきて、コウモリ外交のツケが一気にきているバ韓国。

どこの国からも嫌われ、うとまれ、憎まれ……、地上からその醜い姿を消す日がますます近づいてきた感じですね。

いやぁ、バ韓国崩壊のその瞬間が待ち遠しくてしかたありませんwwwwww


-----------------------
韓国外相の「ニーハオ」に無反応、国内向けに強硬姿勢を演出する中国外相

 25日正午ごろ、ASEAN地域フォーラム(ARF)が開かれているラオスの首都ビエンチャンの国立コンベンションセンターでは、中国の王毅外相がドアを開けて姿を見せると、カメラのフラッシュが一斉にたかれた。会議場に到着した北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相を出迎えた王外相は、各国の取材陣が見守る中、明るい表情で李外相と握手を交わした後、背中に手を添えるようにして会談場所に入った。

 北朝鮮と中国は非公開で開かれた会談の内容を一部メディアに公表した。徹底的にシャットアウトしていた韓国人記者の取材も認めた。王外相は今年5月に就任した李外相に祝意を伝え、「中朝関係発展のために共同で努力する用意がある。中朝関係をはじめ共通の関心事について、深く意見を交換したい」と述べた。李外相も中国が今月11日、北朝鮮と中国の友好条約締結55周年を迎え、中国から祝電を受け取ったことに触れ、「祝電をありがたく受け取った」とした上で、「朝中の親善に向け、これから積極的に協力する外交関係を結びたい」と応じた。

 会談終了後、北朝鮮代表団の報道官と称する同国関係者は「今回の接触は両国の正常な意思疎通の一環として行われたものだ。両国の外相が朝中の二国間関係の発展について話し合った」と語った。王外相も会談結果を訪ねる取材陣の質問に「良かった」と答えた。ただ、中国外務省のウェブサイトによれば、王外相は会談で「韓半島(朝鮮半島)の非核化政策は変わらない」と北朝鮮をけん制した。

 中国側は前夜に開かれた韓中外相会談でも会談取材を広く認める異例の対応を取った。中国側は当初、韓国側の取材を5人まで、取材範囲を双方が握手するまでに制限していたが、会談直前に取材陣の人数を14人に増やし、冒頭発言の取材も許した。

 取材陣が見守る中、会談場所に到着した韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は中国語で「ニーハオ、ニーハオ」とあいさつしたが、王外相は無表情のまま握手だけして着席した。続いて王外相は韓国への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備について、「信頼を損ねる」と厳しい言葉で非難した。

 王外相は「韓国が韓中関係を守るためにどんな実質的行動を取るか見守りたい」と述べ、事実上THAADの配備撤回を要求した。通訳を介し、短く区切って発言する慣例も無視した。

 韓国側代表団からは慌てた表情が見て取れた。尹外相の発言に対し、王外相は手を横に振ったり、あごに手を当てるなど外交的な礼節を欠くような態度まで見せ、露骨な不満を表明した。中国側は尹外相の発言が終わる前に取材陣を追い出した。外交筋によれば、記者団が外に出ると、王外相は硬かった表情を多少和らげ、それまでの態度がうそだったかのように、両国の関心事について話し合われたという。

(以下、糞どうでもいいので略)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/26/2016072600844.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








まさに脱(特定)亜論!! 韓国や中国を見ない日本こそが正義!!!!!!

中国と韓国を無視するのが正しい姿なのです


日本の製造業が次々に韓国や中国を見放してインドネシア、タイ、ミャンマー、フィリピンなどにシフトしているそうです。

製造業だけではなく投資先としても同様で韓国や中国ではなく、東南アジア諸国に重きをおき始めたようです。


ま、当然といえば当然ですよね。
韓国や中国では日本憎しで、いくらでも日本企業や日本の投資家に不利な法律を簡単に作れてしまいます。
そんな国で経済活動を行うほうがどうかしていたわけです。


ここ数年で更に激化した反日運動のおかげで、やっと目を覚ました日本人が多いのでしょう。
そういう意味では、韓国と中国に感謝できますね。


これからは東南アジアと一丸になって、より有意義な経済活動に励みたいものです。

韓国や中国のような国は、放置しておけば勝手に自滅するでしょうから現状のまま無視しているのが一番なのかもしれません。

アルやニダとの経済活動を今後さらに減少させていき、アルやニダの住みづらい国作りをしていくのが日本の繁栄に欠かせないはずです。



-----------------------
中韓を見放した日本の製造業 反日&無法ぶりに嫌気 ASEANシフト鮮明に

 日本の製造業が中韓を見放しつつある。政府系の国際協力銀行(JBIC)が発表した今年の「投資有望国ランキング」で、中国が初めて首位から4位に転落、韓国の凋落も止まらない。中国の習近平政権と韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権の反日姿勢も大きなリスク要因となるなか、日本企業が「脱中韓」を進め、総じて親日的で成長余地も大きい東南アジア諸国連合(ASEAN)にシフトする動きが鮮明になってきた。

 JBICは毎年、海外事業に実績のある日本の製造業企業に対して、海外直接投資に関するアンケートを実施しており、今回は625社が回答した。

 それによると、「今後3年程度の中期的に投資先として有望」と考える国や地域(複数回答)について、インドネシアと回答した企業が219社にのぼり、前回の3位から初めて首位に浮上した。現地市場の成長性や安価な労働力が評価されたという。タイやミャンマー、フィリピンも順位を上げるなどASEAN加盟10カ国のうち、ブルネイを除く9カ国が20位以内に入る躍進ぶりだった。

 これに対し、1989年の調査開始以来、有望な投資先として首位を維持してきた中国が、今回はタイやインドにも抜かれ、4位に転落した。「中国が有望」と答えた企業数は、昨年度調査の319社から183社に大きく減少。前回調査で「中国を有望」とした企業のうち、今回調査も引き続き有望国とした企業はほぼ半減するなど、日本企業の中国への失望ぶりが浮き彫りとなった。

 アンケートでは、日本企業が中国を有望国から外した理由についても分析している。企業側の声で最も多かったのが「労働コストの上昇」というもの。1990年代以降、安価な労働力が経済成長のエンジンだった中国だが、ここにきて「世界の工場」の座をASEAN諸国に奪われつつある。

 さらには「法制の運用が不透明」「知的財産権の保護が不十分」など、中国ならではのリスクも指摘された。

 加えて、昨年までの調査と比べて3倍近く急増したのが、「治安・社会情勢が不安」という回答だった。沖縄県・尖閣諸島の国有化をきっかけにした反日暴動や不買運動を受けて企業側の懸念が高まっている様子がうかがえる。

 JBICでは「わが国製造業企業の有望国・地域の関心が大きく変わりつつある」と分析している。

 中国と歩調を合わせるように韓国の存在感も薄れている。2005年度のランキングで7位だった韓国は、09年度に9位、11年度に11位、12年度に12位と順位を下げ続け、今回はついに13位。ミャンマーやフィリピン、マレーシアにも抜かれるなど、主なASEAN諸国の後塵(こうじん)を拝している。

 朴大統領が反日姿勢を強めたほか、解決済みの戦時徴用について韓国の裁判所が日本企業への賠償を認める判決を出すという異常事態もあって、日本から韓国への直接投資は前年から約4割減少している。また、韓国国内の内需も伸び悩んでいることから、市場としての魅力もASEANに劣るのが実情だ。

 東日本大震災直後、電力供給に不安を持った製造業が韓国などに生産拠点を移す動きも一部であったが、当の韓国が夏場に深刻な電力不足を露呈した。さらに日本の製造業を苦しめてきた円高ウォン安も解消され、韓国に投資するメリットはなくなりつつある。

 アジア経済に詳しい企業文化研究所理事長の勝又壽良氏は「『反日同盟』である中韓が、大切な投資相手国である日本に配慮せず、声高に批判を続けた結果だろう。ASEANはいずれも親日国で、新興国としての発展が期待できるうえ、15年には統一市場を作るなどはるかに好条件だ」と指摘する。

 日本としては、政治的にも経済的にも、ASEANとの関係を深めた方が得策のようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/8345372/
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る