韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

F1

【F1韓国GP】違約金を払いたくないから2016年は赤字覚悟で開催するニダ! 嫌だけど仕方ないから開催するニダ!!

韓国GP組織委員会によるF1観客の歓迎オブジェ


F1のバ韓国GP組織委員会が「2016年の韓国GP」の復活を検討し始めたとのこと。

約103億円の違約金を払うくらいなら、50億円ほどの赤字であっても開催したほうが得と考えたようですね。


そんな程度の意気込みでしかないのに開催しようものなら、スタッフ、ドライバー、観客のすべてが不幸になるだけだというのに。


後先考えずに人間のフリをするから痛い目にあうというのが未だ理解できていないようですね。


ま、なにはともあれ、バ韓国GPが再開されれば世界中に嫌韓感情を巻き起こすだけのことです。


ぜひ頑張って再開してもらいたいもんです。

その時までにバ韓国という国が存在していればの話ですがwwwww


-----------------------
超大型モンスター・・F1韓国GPが2016年に復活の可能性、韓国ネットは「F1を開く資格がない」「これはきちんと考えた方が…」

 2013年を最後に開催が中断しているF1の韓国GPの組織委員会が、2016年の復活を模索しているという日本の報道が韓国で注目を集めている。

 韓国紙・ヘラルド経済は23日、サンケイスポーツの報道を引用し「事業性判断の誤りとモラルハザードが生んだ超大型モンスター・F1韓国GPが再開する可能性が浮上」と伝えた。

 記事によると、韓国GPの組織委員会は、2016年に韓国GPを復活させる方向でF1の興行権を持つFOMと交渉する意向を示しているという。

 韓国GPは、2010年から全羅南道の霊岩(ヨンアム)で開かれたが、13年までの4回の開催で1900億ウォン(約206億円)の累積赤字を記録。契約上は16年まで開催する予定だったが、14年と15年は開催を断念している。これに対してFOMは、韓国の組織委に8600万ドル(約103億円)の違約金を請求している。

 ヘラルド経済は、組織委が2016年の復活を目指していることについて、「予想外の対応ではない。訴訟や違約金を考慮すれば、2016年の最後のGPを開く価値はあるというのが、昨年来の“出口戦略”だ」と解説する。だが、同時に「莫大な違約金の支払いを逃れようという目的であれば、“小細工”という批判は避けられない」とも指摘し、欧州では「赤字を理由に開催を中止し、違約金を提示された瞬間に開催すると言い出すのは非論理的」という批判が出ていることを紹介している。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられている。


「なんだかお粗末」

「都心部から遠すぎる。同じ全羅道に住んでいても行かないのに、全国からは来ないだろう」

F1を開く資格がない。そういうのを見る心の余裕がないんだから

これはきちんと考えた方がいい。まだそういうのを楽しめるレベルではないのに、恰好つけたくてやるのは、愚かなこと

赤字で崩壊したのに・・・

「浪費といえば、霊岩F1競技場」

国際的に恥ずかしい

「牛や田んぼが似合う場所に誘致したのはなぜ?」

「F1は唐突。いつか余裕ができれば、楽しめる日が来るかもしれない」

「賭けをしてみんなが儲かるようにするのも一つの方法かも。あとは国内のスターレーサーを育てるとか。車も個性的に変えてみる。車産業が発展するかも」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-00000038-xinhua-cn
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【祝! 違約金発生wwww】F1バ韓国GPの組織委員会が根をあげてとうとう解散wwwwwwww

屑チョンの醜さを宣伝するだけだったバ韓国GP


巨額の赤字とともに、バ韓国塵の醜悪さを世界に宣伝するだけだったF1のバ韓国GP

ついにバ韓国グランプリの大会組織委員会が解散することになったんだとかwwwww

これはF1グランプリを統括するフォーミュラワン・マネジメントとの契約違反にあたるので、提訴される可能性が高いようです。


そろそろ諦めてほしいものです。

朝鮮ヒトモドキが人類の真似したって必ずボロが出るんですから。



屑チョンという人類にとって「エラー」の存在は、研究標本などを残すことなく完全に駆逐するべきなのです。


-----------------------
大赤字のF1韓国GP 組織委員会が解散へ

 韓国南部の全羅南道・霊岩で2010年から13年まで開催された国際自動車レース、フォーミュラワン(F1)韓国グランプリ(GP)の大会組織委員会が解散することが8日、分かった。

 この先、韓国GPを開催しないことを決めたためで、解散の時期はF1グランプリを統括するフォーミュラワン・マネジメント(FOM)と韓国GPの不開催に伴う交渉が決着すると予想される上半期中になる見通しだ。

 組織委は2009年12月に発足。2012年6月、韓国GPの運営法人だったKAVOから開催権を譲り受け、12年と13年の2回にわたり韓国GPを開催した。10年と11年はKAVOの主管で開催していた。

 組織委は12年(総観客数16万4000人)に386億ウォン(現在のレートで約41億5000万円)、13年(同15万8000人)に181億ウォンの赤字を計上し、全羅南道に巨額の損失を負わせた。

 全羅南道が多額の赤字や劣悪な財政状況を理由に、昨年に続き今年も韓国GPを開催できないと発表したことから、同道がFOMから提訴される可能性もある。

 道は韓国GPを開催しない場合、開催権料4300万ドル(約50億4000万円)を違約金として支払う義務を負う。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/08/2015020800152.html?ent_rank_news
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








F1界の支配者、韓国を語る「あそこには戻りたくない!」

F1の黒歴史、韓国GP



モータースポーツの最高峰であるF1の商業面を統括し、F1界の支配者と呼ばれているバーニー・エクレストン(83歳・イギリス人)。


そんな彼が「韓国には戻りたくない」として2015年以降はバ韓国での開催がなくなったことを正式に認めていました。



「韓国には戻りたくない」、至極真っ当すぎる意見ですが関係者一同は胸を撫で下ろしていることでしょうね。



2002年の日韓ワールドカップの際も、同じようなことをクチにするプレイヤーが数多くいましたね。



そもそもキチガイしか存在しないあの国で、わざわざ国際的な大会を行うことが異常なのです。




もし仮に、万が一にでも平昌冬季五輪が開催されようものなら、それが韓国のトドメになりそうな気もしますね。



「韓国には関わりたくない」、それが世界の共通認識になるのも時間の問題でしょう。




-----------------------
エクレストン「韓国には戻りたくない」: かわりにアゼルバイジャンがF1開催

 バーニー・エクレストンは、アゼルバイジャンが2015年以降韓国の代わりにグランプリ・カレンダーに掲載されることを認めた。

 同国の首都バクーの市街地レースが、今月下旬に発表されると見られている。

 エクレストンは今週、元ソ連の石油国であるアゼルバイジャンでのレースは、正式に韓国でのレースを引き継ぐと述べた。韓国が人気のない霊岩で前回レースを開催したのは2013年である。

 韓国の主催者は、F1の高い承認料を批判している。

 今週、エクレストンはF1ビジネス記者クリスチャン・シルトに、韓国について「あそこには戻りたくない」と語った。

 エクレストンはインディペンデント紙に「バクーは署名した。2015年に始まり、韓国のかわりになる」と述べた。

 エクレストンは、港のそばにあるサーキット周辺の施設について「彼ら(韓国)はトラック建設ではよい仕事をしたが、それ以外の建設予定を忘れたようだ」と述べた。

 シルトは、アゼルバイジャンの契約は、エクレストンの親友でルノーのチーム代表を解雇されたフラヴィオ・ブリアトーレが仲介したと主張している。

 情報筋は「ブリアトーレが同国の大統領にアイデアを吹き込み、それで物事が進んだ」と述べた。

http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51941432.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








残ったのは赤字収支だけ! F1韓国GP終了の正式発表

F1世界王者、セバスチャン・ベッテル、自らコース上の釘拾い
▲コースが危険すぎてドライバー自ら釘拾い。韓国のサーキットの荒れようはまさに韓国人そのもの。

先日お伝えしたF1の韓国GP消滅ですが、正式に決定されたようです。

まずは、関係者の皆さまおめでとうございます。

韓国が関わるとその分野は衰退し、韓国が関わっていない分野は繁栄する。
という法則発動で、F1人気が復活していくことでしょう。


韓国側は、懲りもせずに2015年に再開催したい意向があるようです。

しかし、

>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている
>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている
>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている
>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている
>FOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっている


ま、そりゃそうですよね。
糞韓国で開催することに意味なんてあるわけがありません。


-----------------------
2014年F1から韓国GP“脱落”…開催権料めぐり決裂=韓国

 4日、フランス・パリで開催された世界モータースポーツ評議会(WMSC)総会で、2014年のF1正式日程が発表され、韓国、ニュージーランド、メキシコを除く全19戦の開催で確定した。複数の韓国メディアが報じた。

 公式日程から消えた3つのGPは、9月30日に発表された暫定カレンダーには含まれていたが、修正され、最終的に外された。

 2010年からスタートした韓国GPは、これまでの累積赤字が1910億ウォン(約184億円)に達しており、大会の持続が危ぶまれていた。レース会場がある韓国全羅南道の道議会は、正式日程前に開いた予算決算委員会で、14年度の開催が不透明との理由で開催権料70億ウォンの予算を保留にしていた。

 韓国GPの脱落は、全羅南道傘下のF1組織委員会がフォーミュラワンマネジメント(FOM)側に開催権料の追加引き下げを求めたものの、拒否されたことが原因とみられている。F1組織委員会は慢性的な赤字を理由に、12年は4370万ドル(約44億6000万円)だった開催権料を13年は40%水準の2700万ドルまで引き下げており、14年度はさらに2000万ドルまで引き下げるよう強く求めていたという。

 全羅南道はFOMと交渉し、2015年4月か10月に再開催したい考え。しかしFOM側は、韓国GPの開催にメリットを感じなくなっているとみられ、全羅南道の思惑通りに交渉が進むかどうかは不明という。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1205&f=national_1205_006.shtml
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る