韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

F1

【韓国開催F1消滅】お笑い枠の消滅によって、F1人気が再燃する可能性高まる!

F1の価値を地に落とした韓国



あぁ、ついにF1の来シーズンから「韓国」が除外されることになりそうです。

来季のスケジュールから韓国、ニュージャージー、メキシコが除外されているとのことでした。


韓国との関わり合いが減るということは、F1人気が再燃する可能性もありますね。



さて、韓国はどんなことを言ってくるのでしょう?


韓国F1が失敗したのは日本のせいニダ! 理由は思い付かないけど、とにかく日本が悪いニダ!

鈴鹿で行われるF1を韓日の共同開催にすればいいニダ!


……あの馬鹿どものことですから、この位のことは大真面目な顔して言ってきそうですね。


-----------------------
2014年カレンダーは22戦から19戦に

 22戦が組み込まれて議論を呼んだ2014年カレンダーが3レース縮小されたとのニュースがオースティンのパドックを流れた。

 ドイツ『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』によれば改訂されたカレンダーは19戦で構成され、以前組み込まれていたニュージャージー、メキシコ、韓国のレースが除外されているという。

 以前のバージョンでは2014年最終戦はここ数年と同様にブラジルで開催されることになっていたものの、アブダビに変更されている。また、選手権全体が2週間早く完了する。

 韓国とニュージャージーは財政問題の前に屈したと報じられた一報、メキシコシティは1992年を最後にF1では使われていないサーキットの修繕に必要な資金を確保するのが間に合わなかったという。

「しかし、2015年にはグランプリが開催される」とアウト・モートア・ウント・シュポルトのミハエル・シュミットは述べている。

「(メキシコ)政府はグランプリよりも重要な最近の洪水に対応するために助成金を遅らせざるを得ない」

 改訂版カレンダーは12月初旬にFIAの承認を受ける見通しだ。

http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/135455.html
-----------------------


韓国というお笑い枠が消滅したことにより、
レーシングスポーツとしてF1の価値が増すこと間違いないでしょう。

他の競技やスポーツもこれに倣いたいものですね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【史上最低の韓国GP】炎上したマシンの消化もできず、チーム関係者をラブホに泊らせるww

2013韓国GP表彰式


つい先日行われたF1の韓国GP。

大方の予想通り、アチコチで惨状が繰り広げられたようです。


ド田舎に建てられたサーキットゆえ、宿泊できるのはラブホテルのみ。
ベッドや照明がドピンクでは、さぞかし体が休まらなかったことでしょうね。
おまけにこのラブホテルのスタッフは、英語も話せないというオマケつき!!

韓国は大会誘致のために3160億ウォンも使用しており、開催権を7年分確保しているとのこと。
それゆえ、毎年のようにこのような悲劇が起きているわけです。


F1関係者やチーム関係者からの不満は回を重ねるごとに強くなっているので、そろそろボイコットするチームが表れても不思議ではありませんね。


-----------------------
観客席ガラガラ、スタッフはボロボロ、宿泊先は「ラブホ」…  F1韓国GP、くそみそに貶される

「韓国GPが空の観客席で打撃、レースの将来が議論されている」――2013年10月4日に霊岩(ヨンアム)の韓国インターナショナル・サーキットで幕を開けたF1第14戦・韓国GPについて、英紙ザ・ガーディアン(電子版、4日付)がこんな見出しで報じた。

   これだけでなく、韓国GPの散々な評価が記者だけでなくドライバーらから噴出、来年14年の開催が危ぶまれる事態となっている。

メカニックや報道関係者はラブホテルへの投宿を強いられる

   「メインスタンド以外は客席ガラガラ」「韓国GPガラガラやんwwwwwwwww」――日本で実況を見ている人からもこんなツッコミが入る通り、観客不足は深刻らしい。一部には大会開催の1か月前までチケットが100枚しか売れなかったという話もある。

   こうした状況を前に、マクラーレン所属のジェンソン・バトンはガーディアン紙に対しこう嘆いてみせる。

「観客がいなくても走らないといけないのはいつも悲しいことだ。ファンが会場の雰囲気を作りだすものだから」
「ファンがいなければスポーツは成り立たない」
   同紙の記事では韓国GPの不興を韓国でF1文化が広まっていないためと分析していたが、問題はそれだけではなさそうだ。

   一つは立地とそれにともなう宿泊環境の悪さだ。開催地ヨンアムはソウルから400km離れた場所にある、人口6万人ほどの小さな町で鉄道も通っていない。宿泊施設は駅のある近郊の木浦を利用することになるが、そこにも西洋式のホテルはない。あるのはほとんどがモーテル、いわゆる「ラブホテル」で、メカニックや報道関係者はラブホテルへの投宿を強いられるのだという。

   あるF1ジャーナリストは滞在したときの部屋の様子について、「ベッドがピンク色のライトに彩られていた。ベッドサイドの引き出しにはセーフセックスのマニュアルが聖書のかわりに入っていて、食べ物や飲み物ではない類のものを販売する自動販売機がおいてあった」と書いている。

   韓国のラブホは外出自由など、日本のラブホよりもホテルに近い形態というが、それにしても、とくにチーム関係者にとって連戦に向けて英気を養える環境とは言いがたいだろう。おまけに、英語も通じないという。

中継解説者「最低ですよここのスタッフ」

   さらに、大会の運営を疑問視する向きもある。2010年の開始当初から、サーキットが未完成で、宿泊施設が足りないなどの不手際が目立った。今大会でも炎上したマシンを放置したあげく、F1で主流の二酸化炭素消火器ではなく、エンジンギアボックスにダメージを与える粉末消火器で消火するなど、中継解説者の森脇基恭氏を「最低ですよここのスタッフ」と激怒させる始末だ。

   レッドブル所属のマーク・ウェバーは、スカイスポーツの取材に対して、韓国での開催に絡み、こうコメントしていた。

「クオリティを保つことは重要だと思う。イベントのクオリティを保つことも。韓国には誰もいない。クオリティの高いイベント、ドライバー、そしてチームが必要で、それを守っていかなければいけないのに」
   こうしたこともあってか、韓国GPは存続も危ぶまれる自体となっている。大会誘致のために注いだ金額は3160億ウォンで、開催権は7年分を確保した。ところが、22レースが予定されている2014年シーズンについて現在のところ、登録は暫定扱いだ。また、F1最高責任者 バーニー・エクレストンと懇意な間柄にあるレッドブル所属のセバスチャン・ベッテルは6日、DPA通信の取材に対し「私たちがここに来るのは今回が最後だと聞いた」などと話したという。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jcast-185541/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る