韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

GSOMIA

バ韓国のGSOMIA沈黙に北朝鮮が激怒!! 「民族に対する露骨で醜い行為ニダ!!」

GSOMIA破棄で自滅するバ韓国


8月下旬に自動延長となったGSOMIA。


「いつでもウリのほうから破棄できるニダ」


と無駄な虚勢を張っていましたが、結局バ韓国は何もできませんでしたねwwww



そのGSOMIA延長について、北朝鮮が反応していました。


「民族の志向と意志に対する露骨な背信行為ニダ」


「期限である8月24日に無反応だったのは、醜い売国行為ニダ!」



この批判に対し、バ韓国側は沈黙するだけwwww


口汚い言葉でバ韓国を罵る北チョンを、一方的に支援し続ける文政権に呆れてしまいますね。



GSOMIAが再延長となっても、我々日本が得られる利益は雀の涙ほどです。




いっそのこと日本側から破棄を提案してみてはいかがですかね?


屑チョンどもが小便を漏らしながら土下座してくるかもしれませんwwww


-----------------------
日韓GSOMIAへの沈黙は「露骨な背信行為」と北朝鮮が批判、韓国ネットから反発の声

 2020年9月6日、韓国・ニュース1によると、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が再延長されたことをめぐり、北朝鮮メディアが韓国を批判した。

 記事によると、北朝鮮の対外向け週刊紙・統一新報は6日、韓国が「(GSOMIA破棄について)何の立場を示さないことで協定終了をめぐる論争を避けた」と分析し「民族の志向と意志に対する露骨な背信行為」と批判した。

 また「(日韓GSOMIAは)北朝鮮の核とミサイルに関する軍事機密共有を反映した軍事協定で、非常に売国排族的な性格を帯びており、このため韓国では昨年、GSOMIA破棄を主張する声が高まっていた」と主張。韓国政府が昨年7月、元徴用工判決に対する日本の経済報復を理由にGSOMIA破棄を宣言したが、米国の反発により破棄の効力を停止していることを説明した上で、「韓国当局が8月24日を沈黙でやり過ごしたことは、相伝の要求なら民族的尊厳も利益もちゅうちょせず犠牲にする醜い売国排族的醜態」と批判したという。

 これに韓国のネットユーザーからは「相変わらずひどい言い方」「北朝鮮は実践もできないのに口だけは達者」「韓国のすることに口出ししないでほしい。北朝鮮は韓国を何度も裏切っている」「また米が尽きたのか?」「韓国にGSOMIA破棄を求めるなら、北朝鮮は核兵器を破棄して」「北朝鮮が望むことと正反対に行動するのが正解」など反発する声が上がっている。

 また「こんな態度の北朝鮮をなぜ現政権は支援し続けるのか」「北朝鮮に何も言い返せない現政権の低姿勢外交が嫌になる」など韓国政府への疑問の声も。

 その他「恥ずかしいけど事実だ」「韓国国民はなぜGSOMIAを破棄しないのか理解できない」などの声も見られた。

 日韓GSOMIAは、日本と韓国が北朝鮮軍や核・ミサイルの情報を共有する目的で2016年11月に締結した軍事分野協定。1年単位で自動的に延長され、協定破棄を望む国は満了90日前(毎年8月24日)までにその旨を通知することになっているが、今年はどちらからも申し出はなかった。

https://www.recordchina.co.jp/b816421-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【手首切るブス】バ韓国とのGSIMIA、当面維持の方向に

バ韓国は無視するのが一番!!


昨日、終了通告期限を迎えた日韓のGSOMIA。


結局、バ韓国側から何の動きもありませんでした。



いつもの「手首を切るブス」でしたね。



日本政府は、「今後も適切な対応を求める」と述べるだけでした。



うーん、これはいけませんね。



どんな形にせよ、反応したら駄目です。



ブスにとって一番のダメージは、無視されること。



今回のようにわずかでも反応してしまったら、キチガイどもが喜ぶだけなんですから。




-----------------------
軍事協定、当面維持へ

 日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)が25日午前0時(日本時間同)に終了通告期限を迎えた。韓国側に通告の動きはなく、協定は当面維持される見通し。ただ、韓国側は通告期限にかかわらず「いつでも終了できる」と破棄を警告、日本側に輸出規制強化の撤回を迫る構えだ。

 日本政府は24日、韓国側に協定維持を呼び掛けた。菅義偉官房長官は記者会見で「協定は安定的に運用されることが重要だ。日韓関係は引き続き厳しい状況だが、今後も適切な対応を強く求めていく」と述べた。

https://this.kiji.is/670649086716904545?c=39550187727945729
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵どもが発火中www アメリカ政府が日韓WTO紛争であらためて「バ韓国不支持」を表明!!

キチガイバ韓国塵どもは無視するのが一番


日本の輸出規制強化を巡る問題で、アメリカ政府が再びバ韓国不支持を表明していました。


あの馬鹿どもには何度も同じことを言わなければならないので、アメリカ政府も面倒でしょうねwwww



屑チョンどもは、アメリカ政府が日本の味方をしたと見ているようですが、それは大きな間違いです。



アメリカとしては自国を守るため、引いては我々人類の利益を優先しただけの話です。



ヒトモドキに利する行為は、日本だけではなく全人類に害が及ぶ行為となります。



いちいち相手にするのも面倒なので、一刻も早くこの地上から消え去ってほしいものですね。


-----------------------
韓国の要請も無視、米国が日韓WTO紛争「韓国不支持」を再確認=韓国ネット「GSOMIA破棄を」

 2020年8月24日、韓国・東亜日報によると、韓国が半導体素材をめぐる日本の輸出規制措置を世界貿易機構(WTO)に提訴している問題で、米政府が「韓国を支持しない」との立場を改めて表明した。記事は「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄通告期限(24日)が目前に迫った状況で、この問題の発端となった貿易紛争について韓国不支持の立場を明確にしたもの」と説明している。

 記事によると、米国務省は21日(現地時間)、東亜日報のインタービューに対し「7月29日に行われたWTO紛争解決機関(DSB)の定例会議での米国の発言は、米国の昔からの政策的立場と一致する」と述べた。

 同会議で米代表は「日本の安全保障上の利益を守るために何が必要かを判断できるのは日本だけだ」と述べていた。記事は「日本の対韓輸出規制は国の安全保障措置に該当するため、韓国がこの問題をWTOに提訴することに同意しないという意味」と説明し、今回の米国務省の発言について「日本寄りと分析されたこの発言の趣旨を改めて確認したものだ」としている。また「韓国政府は最近、米国側にWTOで韓国を支持するよう要請していた」とし、「その努力にもかかわらず米国務省はこれまでの立場を変えなかった」とも指摘している。

 WTO関連の事案は米通商代表部(USTR)が実務を担当しているが、日韓関係に関する部分は米国務省が政策協議を通じて関与してきた。米国務省は「われわれは日韓に、歴史やその他の事案において維持可能な解決策を見つけるための議論を続けてほしい」とも述べたという。記事はこれについては「維持可能な解決策というのは、GSOMIA破棄決定の効力を一時的に延長するのではなく、正式に延長して維持せよと圧力を掛けたもの」と分析している。

 この記事に韓国のネットユーザーからは「今の米国は韓国にとって友邦同盟ではなく、警戒・けん制対象だ」「米国はいつだって日本の味方という事実を忘れてはならない」「それなら米国は、韓国のGSOMIA破棄に口出しするべきでない」などの声が上がっている。

 また「結局は韓国が半導体素材を100%国産化するしかない」「GSOMIAをすぐに破棄するべき。安全保障上信頼できないから輸出規制をするという日本に軍事情報を提供するなんておかしい」などの主張も数多く見られた。

 日本政府は昨年7月に半導体素材3品目の対韓輸出規制を強化。韓国政府は「元徴用工判決への報復措置であり不当だ」として同9月にWTOに提訴し、GSOMIA破棄も宣言した。しかし、米国の圧力などを受けて同11月にGSOMIAの破棄通告の効力停止とともに、WTO提訴の手続きも中断した。その後、今年5月末を期限に日本側に解決策を示すよう求めたが、前向きな回答が得られなかったとして6月にWTO提訴の手続きを再開していた。最終結論が出るまでは3、4年以上かかるとみられている。

 また、GSOMIAは今月24日に破棄通告期限を迎えた。韓国政府はいかなる立場も示さなかったが、20日には「韓国政府はいつでも協定を終了できる権利がある」との考えを示している。

https://www.recordchina.co.jp/b830394-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















本日が最終期限www バ韓国政府の輸出規制撤回要求を無視し続ける日本政府!

日本の輸出規制に苦しむバ韓国


日本政府に対し、


「今月末までに輸出規制の解決策を提示しろニダ!」


と上から目線で求めていたバ韓国政府。



しかし、日本側がガン無視を決め込んだまま最終日を迎えました。


馬鹿どもが期限を切っていたおかげで、勝手に苦しんでくれることになりそうですねwwww



この調子で断交まで進めたいものです。


この国からヒトモドキどもを一掃して浄化するには、断交しかありませんから。



期限が切れたことで、屑チョンどもがどんな事を言い出してくるのか楽しみです。



-----------------------
韓国の輸出規制撤回要求 きょう期限=日本側から回答なく

 韓国政府が日本に対し、半導体材料など3品目の対韓輸出規制を強化した措置について、31日までに解決策を示すよう求めたが、日本はまだ回答していない。韓国政府は同日いっぱいまで待つとしているが、日本が前向きな回答を示すかは不透明だ。

 韓国の産業通商資源部関係者は聯合ニュースに対し、「週末も対話のチャンネルを開け、コミュニケーションしている」としながらも、「今のところ日本が回答するか、回答する場合はどのような内容になるかを見守らなければならない」と説明。「予断はできない」との認識を示した。

 産業通商資源部の李浩鉉(イ・ホヒョン)貿易政策官は12日の記者会見で、昨夏に日本が取った半導体材料3品目の対韓輸出規制強化と輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」からの除外について、今月末までに解決策に関する立場を明らかにするよう求めた。

 日本は対韓輸出規制の理由として、両国間の政策対話の中断、通常兵器に転用可能な物資の輸出を管理するキャッチオール規制が整備されていないこと、輸出管理体制・人員の脆弱(ぜいじゃく)性を挙げている。韓国政府は日本側が提起した問題を全て改善しており、輸出管理強化措置を維持する理由はないと主張している。

 ただ、日本が前向きな立場に転じる可能性は高くないとの見方が多い。対韓輸出規制を維持し、両国の懸案を巡る交渉カードとして使う可能性があるとの分析もある。

 日本が回答しない場合、韓国政府がどのような措置を取るか注目される。世界貿易機関(WTO)提訴の手続きを再開する可能性もある。韓国政府は昨年、日本側の措置は不当としてWTOに提訴し、両国は2国間協議を行った。だが、昨年11月22日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了通告の効力を停止させ、WTO提訴手続きも停止した。

 韓国政府がGSOMIAの終了というカードを切る可能性もある。だが、韓国政府が昨年8月にGSOMIA終了を通告したことに対し、米国が韓国側を強く批判したことを考えると、可能性は低いとみられる。

 韓国の政府関係者は「日本の立場を確認した後、総合的に考慮し、(今後の出方を)判断する」と述べた。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200531000200882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る