韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

GSOMIA

GSOMIA維持を受け、発火しまくるバ韓国塵どもwwww

GSOMIA破棄を撤回したバ韓国


GSOMIAの維持を受け、さっそくバ韓国塵どもがファビョっているようです。


もちろん大騒ぎしているのはGSOMIAの破棄に大賛成していた連中。


土壇場で日和った文大統領が、矢面に立たされているようです。



先の報道でも発表されていましたが、バ韓国大統領府としては意地でも見栄を張るでしょう。


「日本が譲歩したからGSOMIA破棄を撤回してやったニダ!」


……と。



こんな低級な嘘がまかり通ってしまうのがバ韓国wwww


今後も文大統領は己の保身のみを目指し、あちこちにブレまくることでしょう。



日本としては現状のまま可能な限り無視を続け、キチガイどもに振り回されないことが一番大事でしょうね。




-----------------------
不買運動してるのに…韓国で賛否分かれる

 日本と韓国が軍事機密を共有するための協定=GSOMIAについて、韓国大統領府は22日、GSOMIAを破棄するとした通告を停止すると発表し、土壇場で失効を回避した。

 韓国大統領府・金有根国家安保室第1次長「我が政府は、いつでも韓日軍事秘密保護協定の効力を終了させることができるという前提条件の下で、2019年8月23日の終了通報の効力を停止させることにし、日本政府はこれに対する理解を示した

 韓国大統領府の高官はこのように述べた上で、日本が半導体材料3品目の輸出管理を強化した措置をめぐっても、「対話が正常に進んでいる間は、WTO(=世界貿易機関)への提訴手続きを停止する」と述べた。

 22日に行われたNSC(=国家安全保障会議)には、文在寅大統領も出席していて、これは異例のことだった。韓国側は今後、日韓関係が正常に復元されることを希望し、努力を続けるとしている

 ソウルでは22日夜、GSOMIAの失効回避を歓迎する団体と反発する団体がそれぞれ集会を開いた。韓国国民の間では、今回の決定に賛否が分かれている。

市民「延長の決定は国民を愚弄(ぐろう)する行為だ」

市民「(日本製品の)不買運動をしているのに、政府があのような決定をすれば、国民の努力が台無しになる」

市民「日本は韓国の友好国だと思うので、(GSOMIA失効が)猶予されるのはいいことだ」

 GSOMIAの失効はいったん回避されたものの、いわゆる元徴用工の問題などで、日韓両国の溝は深いままで、これで関係の改善が進むのかは、予断を許さない状況。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20191123-00000020-nnn-int
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国大統領府「今回はGSOMIA破棄を回避したが、いつでも失効させられるニダ」

結局手首を切る度胸がなかったバ韓国


結局、土壇場になってGSOMIAの破棄を撤回したバ韓国。


どうやら、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄の凍結は1年ごとに見直しする方針のようです。



報道では、「日韓双方が譲歩する案」とされていますが、

どうせバ韓国側の報道では、


「日本が譲歩したから許してやったニダ!」


などとデマカセを大々的に吹聴するんでしょうねwwww



しかも、バ韓国大統領府は、


「GSOMIAの件は、ウリの気分次第でいつでも失効させられるニダ」


とも述べていました。




本当に煩わしいですねぇ。


これから、1年ごとに手首を切ると騒ぐわけですかwwww



ま、次回の見直し時期までにバ韓国という国が存在しているのか、はなはだ疑わしいですけどね。



-----------------------
韓国、GSOMIA失効を回避 「当面維持」と日本に伝達

 韓国政府は22日午後、8月に破棄すると日本政府に通告していた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)を当面維持することを決め、日本政府に伝えた。日本政府関係者が明らかにした。23日午前0時の協定の期限満了を前に失効は回避された。

 韓国はこれまで、日本の輸出規制強化撤回を求め、日本は協定と輸出規制は別問題だと主張してきた。日本政府筋は22日、協定失効回避が決まった後も「(協定は)対韓輸出管理とは別問題との立場は全く変えていない」と説明した。

 協定が失効すれば対北朝鮮の日米韓の軍事的連携の亀裂が鮮明になるため米国は破棄撤回を韓国に強く要求してきた。韓国は米国の意向も念頭に置き対応を検討していた。

 韓国の聯合ニュースは22日、韓国政府が日本に、GSOMIAと輸出規制強化で日韓双方が譲歩する案を提案したと報じた。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191122/for1911220008-n1.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【速報!】日韓合意!? GSOMIAの失効が回避されてしまう!!!!!

バ韓国にトドメを刺すチャンスだったのに



GSOMIAが、条件付きで期限延長だと!?


速報なので詳細不明ですが、どんな条件なのか注目したいものです。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アメリカ政府の怒りMAX! バ韓国から撤退する際は朝鮮半島を焦土化してからだ!!

国民を道連れにして自殺するバ韓国の文大統領


米国政府関係者によるバ韓国糾弾が過激化していますwww


既にGSOMIAが破棄されることを前提にしていて、


「われわれがこの半島から撤収するときは、焦土化して引き上げる」


と発言していました。



これはアメリカだけにやらせるのは忍びないですね。


税金をどれだけ投入しても構わないので、我々日本も参加するべきでしょう。



米韓同盟とは名ばかりで、米韓の軍事機密がバ韓国政府関係者によって中国や北朝鮮に筒抜けとなっているのも問題です。


アメリカによる焦土化作戦が実現すれば、これらの問題は全てクリアになるのです。



朝鮮半島を焼け野原にした後、この日本に巣食っている害獣どもを炙り出して始末することも忘れちゃいけませんね。



-----------------------
韓国は中朝への情報漏洩の“張本人”だ 過去にも米国防関係者が日本に警告「韓国に漏らせば、中国に筒抜け」

 米国がこれだけ、GSOMIA継続を説得している意味が分からないでいる。GSOMIA破棄は「米韓同盟解消」を宣言したに等しい。米国の同盟国である日本との軍事情報共有拒否は、米国との共有拒否でもある。米国はすでに韓国が米韓同盟を解消し、「レッドチーム」入りを志向していることを視野に入れている。

 米連邦議会「米中経済安全保障調査委員会」の米中関係公聴会で9月4日、アジア専門家のマイケル・グリーンCSIS(戦略国際問題研究所)副所長が「日本と異なり、韓国は中国の冊封体制に歴史的に組み込まれてきた。中国は習近平政権以降、韓国を米国との同盟から引き剥がすために著しく強力な圧力をかけている」と発言した。韓国は歴史的に中国の「属国」で、米韓同盟は壊れやすい状態にあるということだ。

 米国はそれを承知で、韓国のGSOMIA破棄を引き留めている。「これだけ言ったのにそうするのなら仕方がない」とのポーズを示すためだ。

 その代わり、韓国をただでは置かない。米国の安全保障専門家が「われわれがこの半島から撤収するときは、焦土化して引き上げる」と発言したとの証言もある。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「日本と軍事情報を共有し難い」と述べているが、韓国こそが中国や北朝鮮へ軍事情報を流してきた張本人でもある。

 朝鮮半島情勢に精通するジャーナリストの鈴置高史氏の著書『米韓同盟消滅』(新潮新書)によると、1995年ごろ、米国防関係者が日本側に警告を発した。金泳三(キム・ヨンサム)政権が日米の軍事機密を中国に漏らしているというのだ。

 米韓が高官級の軍事協議を実施すると、直後に韓国の情報機関トップが極秘訪中し、江沢民主席と面談、米韓協議の内容を伝えている。「今後、韓国に軍事機密を漏らしてはならない。漏らせば、中国に筒抜けになる」と警告したという。

 北朝鮮への漏洩(ろうえい)は金大中(キム・デジュン)、盧武鉉(ノ・ムヒョン)の両政権でもあったという。米国はすべて承知だが、あからさまに非難しなかった。韓国が同盟国であったからだ。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/191120/for1911200002-n1.html
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る