韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

K-11

19年かけて開発中だったバ韓国のK-11小銃、ようやく鉄くず判定されて事業中止にwwww

自国の兵士を殺傷する能力に長けたバ韓国のK-11小型小銃


バ韓国が20年近くを費やして製造したバ韓国製複合小銃のK-11。


その開発事業が中止になるようですwwww


故障も多く、突然の誤作動で爆発するなど、自国の兵士の殺傷力の高い小銃だっただけに残念ですなぁ。




ちなみに、この鉄くずに投じられた予算は1100億ウォン!


命中率6パーセントという代物なのに、開発に携わっていた屑チョン12匹が勲章をもらったり表彰を受けたりしていました。



いやぁ、本当に残念です。

有事の際、使い物にならないK-11を抱えて死んでいく屑チョンが見られなくなるんですねwwwww


これに懲りず、バ韓国製の武器製造にもっと力を注いでほしいものです。




今回の失敗は予算が足りなかったからなのでは?

10数倍くらいに予算を増やし、次こそはバ韓国製武器の完成を目指してみてはいかがですかねwww



-----------------------
命中率は6%?「名品」と言われた韓国の兵器開発事業が中止へ

 2019年10月1日、韓国・KBSは、韓国軍が進めていたK-11複合小銃開発事業について「6%というとんでもない命中率から事業中止の通告を受けた」と報じた。

 報道によると、K-11複合小銃は「韓国の技術で開発された名品兵器」と宣伝されてきた。開発のため19年間で投入された予算は1100億ウォン(約98億円)以上に及ぶという。

 しかし、5月の射撃テストでは50発中有効だったのはたった3発で、命中率はわずか6%だった。実は量産から1年後の2011年にも命中率は8.8%だったが、韓国国防部は合格判定を出していたという。

 2014年には大統領府と検察もその性能を問題視していたが、国防部と合同参謀本部は事業をそのまま進めた。その結果、亀裂5回、爆発2回、原因不明の誤作動2回など事故が相次いだというが、K-11開発に携わった12人が勲章や表彰を受けたという。

 こうした事態を受け、監査院は先月に「事業撤退」を通告した。防衛事業庁は今月中に最終結論を出す予定という。

 これを受け、韓国のネット上では「私たちの税金で、BB弾より劣る開発をしてたってこと?」「K-9自走砲もそうなのに今度はK-11小銃?国産兵器で自主国防?不正にまみれた国産兵器で死んでいく韓国軍兵士のニュースはもう見たくない」など批判コメントが相次いでいる。

 一方で「テストでは500メートル先の標的を狙ったんでしょ?それで6%ならすごいんじゃない?」「だってまだ開発途中でしょ?」など擁護意見もなかなか多い。

 あるユーザーからは「先進国も研究開発には数多くの試行錯誤がつきもの。短期成果を期待していては、研究開発がうまくいくはずがない」との声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b729300-s0-c10-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【お笑いバ韓国軍劇場】欠陥だらけのバ韓国産小銃「K-11」の納品が再開されることにwwwwwwww

多くの屑チョン兵士がK-11の暴発で死んでくれますように


欠陥だらけで使い物にならないバ韓国産の小銃「K-11」。

この小銃を製作した企業が欠陥要因や対策をまとめた資料を提出したことにより、納品が再開される見通しとなりそうです。


欠陥品しか作れないのが屑チョンです。

たとえその原因と対策がわかったとしても、粗を隠しただけのことなので更なる事故を招くだけでしょうね。


今年の3月から再戦力化ということなので、春先から楽しいニュースが飛び込んできてくれそうですwwww


-----------------------
韓国産複合小銃「K-11」、戦力化再開について来月決定

 昨年9月の品質検査中に欠陥が発生したK-11複合小銃の戦力化再開について来月中に決まる見通しだ。

 18日、韓国防委事業庁関係者によると、K-11小銃製作企業は昨年9月に発生した欠陥要因や対策等をまとめた資料を最近提出した。現在、国防科学研究所と国防技術品質院でこの資料の精密分析を行っていることが分かった。

 防衛事業庁は資料分析が終わり次第、品質検査試験を経て3月末以前に戦力化の再開を行うかどうか決める計画だという。

 K-11小銃は一時「名品武器」と呼ばれていたが、昨年9月に実施された品質検査中に射撃統制装置の亀裂等の欠陥が2丁で発生し、今後の対策について悩みの種となっていた。最近相次いだ事故で戦力化の中断と再開を繰り返すなど品質問題が後を絶たず、昨年末に3000余丁を納品する計画が全面的に中断されていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150220-00000011-cnippou-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【コリアボカン!】名品と名付けられた韓国国産の小銃が爆発!!

自爆装置搭載のK-11、コリアボカン


韓国が独自の技術で作り上げた小銃が爆発事故を起こしていました。

この「K-11」という小銃は過去にも爆発事故を起こしており、そのせいで実戦配備が遅れていたとのことです。

しかし、安全性が確認されて軍への納品が再開されていたにも関わらずまたもやボカン!!

こういうところまで中国の真似ですか。
パクり、御苦労さんです。



しかし、こういう欠陥品を「名品武器」とか名付けて称賛していたあたりが実に糞チョンらしいですね。


今回の事故では怪我人が出ただけのようですが、どうせ爆発するのなら盛大に殺してほしかったものです。



-----------------------
韓国、独自開発の複合型小銃が爆発、「名品武器」でもネット上には「自軍が先に死ぬ」の声

 韓国軍は12日、韓国の技術で開発された複合型小銃「K-11」が爆発したことを受け、使用を中止させ、事故原因の調査に乗り出したことを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

 ベク・ユンヒョン防衛事業庁報道官は13日、複合型小銃を開発した国防科学研究所(ADD)と生産メーカーの関係者を集め、事故原因について分析を進める方針だと述べた。現在「K-11」の射撃は中止させているという。

 事故原因については「分析を行ってから説明する」とし、「現段階では原因の把握にどれだけ時間がかかるか分からない」と述べた。

 事故は12日午前、京畿道・漣川郡のADD内の射撃場で発生した。陸軍が射撃訓練を実施中、K-11の内部にあった20ミリ空中爆発弾の弾薬が爆発。この事故で射撃中だった兵士と、横で待機していた上官、訓練を仕切っていた大隊長が負傷した。

 K-11は2010年から量産されたが、11年10月に爆発事故を起こし、実戦配備は延期された。防衛事業庁は13年11月末に安全性が確認されたとして軍への納品を再開したが、今回の事故を受け、構造的な問題を指摘する声が上がっている。軍はK-11を、国内技術で誕生した「名品武器」と称して広報していた。

 韓国メディアによると、同国のインターネット上には「敵軍が死ぬ前に自軍が先に死ぬ」、「敵に武器を奪われた場合を想定した自爆機能ではないのか」などと皮肉ったコメントが集まっているという。

http://news.nifty.com/cs/world/koreadetail/sech-20140314-20140314_00090/1.htm
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る