韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

KTX

バ韓国KTXで火災発生!!! 原因解明せず、そのまま目的地に到着www さらに折り返し運転も強行!!

火災事故が日常的なバ韓国の高速鉄道


一昨日、ソウルを出たバ韓国のKTXの客室から火災が発生していました!!

しかし、該当客車の電源を切って乗客を他の車両に避難させた後、そのまま運行を続けたとのこと。



さらに、目的地に到着した後、

そのままその車両を使って運行を継続させていたようです。


火災があった車両には煙とにおいが立ち込めたままなのに、

そのまま運行するとは信じがたい行いですねwwwwwww


その後、再びソウル駅に戻ったところで、ようやく火災の原因が分かったとのことです。


ま、放火とレイプが国技のバ韓国なので、これくらいでは動じないんでしょうねぇ。


今回の火災で死者が出なかったことが残念でなりません。


次はトンネル走行中にでも火災をおこしてもらい、車掌がいの一番に逃げ出す姿を拝みたいものですwwww


-----------------------
走行中に火災起きたKTX、終点着30分後には上り線で運行継続

 ソウル発浦項(ポハン)行きの高速鉄道(KTX)の客室で、走行中に火災が起きた。韓国鉄道公社(コレイル)は安全規定上、該当客車を運行から除外しなければならないが、ソウルに戻る上り線にもそのまま投入した。

 鉄道業界とコレイルなどによると、16日午後12時40分、ソウルを出発して浦項に向かったKTX463便の15号車の天井から午後2時頃煙が出て炎が飛び始めた。これを見た乗客たちが客車内のインターホンで列車チーム長と乗務員に通報し、不安を感じた一部の乗客は消火器を持って火を消そうとした。列車チーム長と乗組員は、車両の照明ソケットで出火しことを確認後、客車の電源を切って乗客10人を別の車両に避難させた。

 コレイルの安全規定は、列車で火災が発生した場合、最寄りの駅に停車して代替列車に交換したり、後続列車に乗客を乗り移さなければならないと定めている。また、火災が起きた列車は近くの車両基地で点検や修理を受けることが義務付けられている。KTX京釜(キョンブ)線の場合、五松(オソン)駅に代替列車が常時待機している。

 しかし、コレイルはこの列車を目的地の浦項までそのまま運行し、到着30分後の午後3時30分には再びソウル行きの466便に投入した。上り線で該当客車のチケットを予約買いしていた乗客12人は、燃えるにおいがひどいうえ、火災の起きる危険があるとして隣の車両である16号車などに移動させた。コレイルはソウル駅到着後、火災の原因が客車の蛍光ソケットの接触不良であることを突き止め、新しいソケットに交換した。

 匿名を求めた鉄道業界の関係者は、「高速で走行するKTXの特性上、小さな火事の危険でも、これを抱えて運行する場合、大きな被害につながる可能性がある」とし、「安全規定に従って別の便を投入すべきだった」と指摘した。コレイルで列車整備を担当する関係者は、「列車を釜山車両基地に移動させて点検しなければならないが、30分後の上り線の出発時間に間に合わせようと、臨時の措置だけを取った後、運行に投入したとみられる」と話した。

 これに対してコレイルの関係者は、「東大邱(トンテグ)駅に停車したときに火災の原因を把握し、その後、火が出た車両の電源を遮断してから運行したため、安全に問題はないと判断したので、代替便を投入しなかった」と明らかにした。5分ほどに過ぎない東大邱駅での停車中に火災の原因を正確に把握するのは難しいという指摘に対しては、「開運以来今まで培ってきたノウハウがあるので(火災の原因が何か)すぐ分かる」と語った。

http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1430512/1
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・ソウルと平昌を結ぶKTXにとんでもないトラブル発生!!

バ韓国・ソウルと平昌を結ぶKTXで不具合発生


またまたバ韓国のKTXがヤらかしてました!!

なんとソウルと平昌を結ぶ路線で、

運転席の無線通信機が不能のまま走行していたというのです!!


しかも、

この2カ月間で40回もそんな状態だったんだとか!!



通信機が不能のまま走行を続けていただなんて、

さすが糞コリアン脳ですね。


安全運転とか、事故防止とかの概念が欠片もない証拠でしょう。


もちろんこの不具合は平昌冬季五輪開幕中も続くはずです。


どうせなら世界的な注目を集めるくらいの大事故が起きてほしいものですなぁ。

外国人が巻き込まれたとしても、自業自得なので同情する必要もありませんしwwwww


-----------------------
五輪観光客の安全は大丈夫?平昌行きの韓国高速鉄道が「通信不能状態」で走行=韓国ネット「典型的な安全不感症」「運行を中断して!」

 2018年2月7日、ソウルと平昌(ピョンチャン)を結ぶ京江(キョンガン)線のKTX(韓国高速鉄道)で、運転席に設置された無線通信機が通信不能状態のまま走行していた事実が明らかになった。この2カ月で40回も発生していたことが確認されたという。韓国・MBCが伝えた。 

 昨年12月29日の午前10時半。江陵(カンヌン)行きKTXの運転席に設置された無線通信機が突然作動ストップに。運転士が急いで携帯用の予備無線機をつけるも通信ネットワークは接続不能のままで、最大時速250キロで走る中、管制室や周辺の駅、他の列車との交信も途絶えてしまったのだ。当該列車に同乗していた通信モニター職員は「万鍾(マンジョン)駅から江陵まで、およそ45分から50分使えなかった」と話す。運転士は特別許可を得て自身の携帯電話で管制室と通話しながら終点まで行ったそうだが、運行中の携帯電話の使用は事故の危険性が高いことから禁止事項に指定されているという。同メディアでは「通信不能の状況では線路に何か落ちていても管制室の連絡を受けられず、衝突を避けることが難しい。列車内外での火災や、救急患者が発生した際にも大きな問題となる」と安全性を指摘している。 

 通話品質が悪く、頻繁に途切れた旧型の通信ネットワークと機器が新たにLTE級に変更されたのは昨年12月のことで、当時は「高速鉄道に適用したのは世界初」と宣伝されていた。乗客を乗せる前の試験運転時にも同様の通信エラーが数十件発生していたが、改善前に正式運行が開始されたとされる。開通から20日で見つかった固定型無線機の不具合は35件に達しており、関係者からは「平昌五輪の開幕に合わせて正式運行を急いだ」との批判が出ているという。 

 同メディアの取材を受け、運行会社のKORAIL(韓国鉄道公社)側は「1月初めに全て解決した」と伝えているが、その後も5件の障害が発生したことが明らかになっている。なお「山岳地形が多くて信号を確実にキャッチできなかったが、通信が途絶えても運転士が線路の信号と計器盤を見ていたため安全に大きな問題はなかった」と話しているとのこと。 

 これについて、韓国のネットユーザーからは「ありえない釈明。時速250キロで走行していて何か飛び出してきたらすぐ止まれる?何が安全だ」「国民だましに忙しい?絶対に乗らない!」「韓国の典型的な安全不感症。また大事故が起これば正気を取り戻すの?今すぐ運行を中断して!」などとがめる声が大半を占め、「韓国ではいつものこと」「韓国は1つもしっかりしたところを見たことがない」との嘆き節も漏れている。 

 また「五輪が何? 人の命を第一に運転して」「今後は二度と国際大会を開催しないで」と非難の矛先は五輪にもおよんだ。

http://www.recordchina.co.jp/b171965-s0-c30.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








【バ韓国・平昌冬季五輪】ソウルと平昌を結ぶ高速鉄道の運行が始まる!!

バ韓国・ソウルと平昌を結ぶ高速鉄道が運行開始


本日、ソウルと平昌を結ぶ高速鉄道が運行を開始していました。


もう、ワクワクが止まりませんね。


どれだけの死傷者が出るのか楽しみで仕方がありません。


でも、どうせならぶっつけ本番で開始してほしかったものです。

その方がもっと笑えたことでしょうからwwww


-----------------------
新高速鉄道で平昌五輪観戦へ

 平昌冬季五輪が開催される江原道・江陵や平昌とソウルを結ぶ韓国高速鉄道(KTX)京江線が22日から運行を開始した。終着駅の江陵駅からソウル駅に到着した第1号の列車の前で、乗客や韓国鉄道公社関係者らが記念撮影している。

http://app.yonhapnews.co.kr/YNA/Basic/ArticleJapan/new_ArticlePhoto/YIBW_new_showArticlePhotoView.aspx?contents_id=PYH20171222130000882
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








世界初だったバ韓国KTXの映画専用車両、ついに廃止へ! その理由は……

廃止されたバ韓国KTXの映画観賞専用車両


屑チョンどもの税金を大量に投入して造られた、バ韓国のKTXの映画観賞専用車両

しかし、利用者が年々減り続けて昨年に廃止されていたようです。


その理由は至極単純。

映画1本分の時間を乗車する客が少ないからwwwwwwwwww



いやぁ、流石屑チョンのやることですねぇ。

我々の想像の遥か斜め上をカッ飛んでくれてますwwwwwwww




本来ならこんな低能生物はとっくの昔に滅んでいなければおかしいのです。

下手に日本が統治してしまったため、きゃつらが今も生き続けているのです。



放っておいても自滅するでしょうけど、座してそれを待つのではなく、

我々日本が積極的にきゃつらを根絶やしにするべきでしょう。


-----------------------
世界初だった韓国高速鉄道の映画車両が姿を消した理由=韓国ネット「いい試みだったと思うけど」「さすが韓国政府はいつも期待を裏切らない」

 2016年9月16日、韓国・MBNは、韓国の高速鉄道KTXに一時導入された映画鑑賞専用車両「映画車」が、いつの間にか姿を消した理由について報じた。 

 韓国鉄道公社(KORAIL)が民間企業と56億ウォン(約5億1000万円)を共同出資し開発した「映画車」は07年、世界で初めての映画を楽しめる車両としてKTXに導入された。しかし思うように利用率は伸びず、12年からは右肩下がり、14年にはとうとう23%にまで落ち込んだ。結局、15年に映画車のサービスは中断となり、無用となった映写装置などはそのままに、現在は普通座席車として運行されている。 

 実は乗客の不人気は当初から予測されていたという。映画は1作品2時間前後が一般的だが、乗車時間がこれより短い客は少なくない。ストーリーを最後まで楽しめないのに、普通車の運賃に一般の映画館と同程度の映画鑑賞料7000ウォン(約640円)を上乗せして払う理由もないだろう。この事態に野党議員からは「一歩先すら予測できない鉄道サービス政策に血税が浪費されている」として責任追及の声も上がっている。 

 これについて韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 


さすが政府はいつも僕らの期待を裏切らない」 

韓国の公務員はなぜそろいもそろってこのありさまなのか」 

「映画1本をダウンロードして行った方がまし」 


「子ども車両にして、アニメを流してくれればいいのに」 

「僕も妻も存在すら知らなかった」 

「いっそ娯楽車両にしてほしい。スターバックスとかマクドナルドに入ってもらって」 


「時間の問題なら、セマウル号やムグンファ号(いずれも韓国の特急・急行列車)につないで運行すればいいのでは?」 

「他の車両が満席で、仕方なく映画車に乗ったことがあるよ。何を見たのかは記憶が…」 


高い金を払ってKTXに乗るんだから、映画くらいただで見せてくれたっていいだろう」 

試みとしては新鮮で良かったと思うけど、維持がきちんとされてなかったのと、映画を盗み見する国民性にも問題がある」 


「時間の問題じゃないよ。この車両の席は、映画終了後まで乗っている客にしか売らないシステムだった。それに長い映画は編集して短くしてくれていたよ。問題は、誰も見ないような人気のない作品ばかり上映してたこと。人気作品なら座席の3分の2が埋まってたよ

http://www.recordchina.co.jp/a150952.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る