韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

KTX

【バ韓国・KTX脱線事故】事故発生前に信号エラー、しかし管制室は放置して徐行指示していなかったwwww

バ韓国のKTX脱線事故


先日発生したバ韓国のKTX脱線事故。その詳細が分かってきたようです。



・事故の前に該当地域で信号エラーが表示されていた。

・管制室はそれを放置。運行中の列車に何の指示も出していなかった。


その結果、普段の速度で該当地域に進入した列車が脱線していたんだとかwwww


いやぁ、実に屑チョンらしい事故ですなぁ。



死者が出なかったことが残念ですが、この調子なら近い内に大量の死傷者を出す事故を起こしてくれそうですね。




たとえ事故原因がはっきりしたとしても、

屑チョンどものやることなので似たような事故が多発するのは間違いないでしょう。


-----------------------
<KTX脱線>事故前にエラー信号…管制室、徐行指示せず

 「事故発生前になぜ管制室から該当地点で徐行するよう指示がなかったのか理解できない」(鉄道専門家) 

 8日に発生した江陵線(カンヌンソン)KTX脱線に関連し、KORAIL(韓国鉄道公社)が担当する鉄道交通管制センターの安易な対処が事故を拡大したという指摘が出ている。事故地点の南江陵分岐点の線路転換器でエラー信号が出た原因を確認できない状態なら、管制センターが該当地点では速度を大きく落とすよう指示すべきだったが、そうしなかったということだ。 

 国土交通部とKORAILによると、事故発生当時に江陵駅を出発したKTX列車は南江陵分岐点付近を時速105キロで走っていた。江陵線KTXの走行速度は平均200キロだが、該当地点は本線と鉄道車両基地に分かれるところであり、時速100キロ前後で走行するというのがKORAIL側の説明だ。すなわち、事故列車は特に徐行せず普段の速度で該当地点に進入したということだ。 

 匿名を求めた鉄道専門家は「事故の前に該当地域で線路転換器の信号エラーがずっと出ていて、一時的に解決したとはいえ、なぜエラーが表示されたのかという原因は分からなかった状況」とし「このような場合、線路転換器に問題が発生する可能性が依然としてあるため、管制側から機関士に徐行を指示しなければいけなかった」と指摘した。実際、KORAILの鉄道運転細則には線路転換器障害時には時速40キロ前後に速度を落とすことになっている。 

 一般列車やKTXなど長距離列車の管制はKORAIL鉄道交通管制センター(ソウル九老区)がすべて担当している。また一部の重要な駅では「運転操作班」という組織が運行状況を管理して統制する。 

 この専門家は「管制側が徐行を指示して列車が速度を大きく落としていれば、脱線しても車輪が線路から一部外れる『軌道離脱』程度で済み、被害は大幅に減っていたはず」とし「事故直前に現場検査担当者と江陵駅、事故列車、そして管制センターの間で情報の共有がどうなっていたのかを必ず確認しなければいけない」と強調した。 

 これに先立ち先月20日に発生したKTX五松(オソン)駅停電事故当時にも管制センターの積極的な対応がなかった点が惜しまれるという指摘があった。当時、停電のためKTX列車が停止した状態で、管制センターが積極的に状況を判断して乗客を急いで避難させ、列車を速やかに牽引するよう措置を取っていれば、混乱は大幅に縮小していたということだ。KORAILの非常対応シナリオにも管制官が機関士、駅長と話し合って乗客の避難など非常措置を取ることになっている。 

 ソウル科学技術大のキム・シゴン教授は「管制センターは列車の円滑な運行も重要だが、安全も大きな任務」とし「万が一の事態に備えた積極的な対処が必要だ」と指摘した。また「KORAILがSR統合や南北鉄道などの事案を考慮し、安全運行とメンテナンスの部分が緩んだのではという懸念もある」と話した。これに対しコレイル側は「当時、管制分野でどんな報告を受け、どんな措置を取ったかを確認中」と明らかにした。 

 一方、今回の事故に対し、鉄道警察は事故の原因と責任者を把握するための調査に着手した。事故発生直後に鉄道警察が動き出すのは異例だ。特別司法警察は事故の収拾が終わって航空鉄道調査委員会などの事故原因調査が本格化すれば、正式捜査に転換する予定という。 

 これに先立ち金賢美(キム・ヒョンミ)国土部長官は前日の9日、事故現場を訪問し、「これ以上こうした状況を座視することはできない。事故の原因を徹底的に調べて責任を問う」と述べた。

https://japanese.joins.com/article/986/247986.html?servcode=400&sectcode=430&cloc=jp|main|inside_left
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















10両編成のバ韓国・KTX、半分の5両が脱線する事故発生!!!!!!!!

バ韓国のKTXが脱線事故


本日の午前中、バ韓国の高速鉄道(KTX)が脱線事故を起こしていました!!

10両編成のうち、半分が脱線するというものです。


しかし、10数匹が負傷しただけで死者はゼロ!


なんとも期待外れですね。


200匹近くが乗車していたとのことなので、最低でも半分の100匹は死んでほしかったものです。




今後、バ韓国の高速鉄道の最高速度が上がれば、死傷者の数はグンと増えることになります。

毎日のように列車事故で数百匹単位の屑チョンが死んでくれる将来に期待したいものですwww



-----------------------
韓国“高速鉄道”脱線、14人けが

 8日午前、韓国東部の江陵市でソウル行きのKTX=韓国高速鉄道が脱線し、少なくとも14人がけがをしました。

 線路から外れ、横に傾いている先頭車両。韓国鉄道公社によりますと、8日午前7時半に韓国東部の江陵を出発したソウル行きのKTX806号が、およそ5分後に脱線しました。10両編成の列車のうち、前方の5両程度が脱線しています。

 この列車には乗客198人・乗務員3人の合わせて201人が乗っていて、少なくとも14人が打撲などのけがをしましたが、命に別状がある人はいないとしています。

 乗客のほとんどは最寄りの駅までバスで移動してKTXに乗り換え、ソウルに向かったということです。韓国鉄道公社などは、事故原因を調査しています。

https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-141522/
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















秋夕で乗客満載だったバ韓国のKTX、走行中に何かにブツかり運行ストップwwwww

屑チョン同様醜い見た目のバ韓国・KTX


一昨日、バ韓国のKTXで事故が発生していました!

走行中の列車に何かがぶつかり、乗客どもが1時間近く車内に閉じ込められていたようです。


しかし、残念ながら死傷者はゼロ。




これではちっとも笑えません。

列車同士が正面衝突でもして、数百匹が死んでくれないとニュースとしての価値がありませんねwwww


そうなれば晴れて“走る棺桶”の名称に相応しくなるのですから。


-----------------------
韓国高速鉄道で連休最終日にトラブル、乗客約400人が足止め

 2018年9月27日、海外網によると、韓国で26日夜、運行中の列車に何かがぶつかり、乗客395人が1時間近く足止めされるトラブルが起きた。 

 トラブルがあったのは韓国高速鉄道(KTX)江陵発ソウル行きの列車で、午後10時10分ごろ、江原道中部の横城郡に差し掛かった時に何かとぶつかったという。これによる死傷者は出ておらず、列車は50分余りかけて緊急の安全検査を実施。その後は速度を落として最寄り駅まで移動し、乗客らは待機していた別の列車に乗り換えた。 

 韓国はこの日、秋夕(チュソク。旧暦の中秋節)連休の最終日だった。

https://www.recordchina.co.jp/b171966-s0-c30-d0063.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国KTXで火災発生!!! 原因解明せず、そのまま目的地に到着www さらに折り返し運転も強行!!

火災事故が日常的なバ韓国の高速鉄道


一昨日、ソウルを出たバ韓国のKTXの客室から火災が発生していました!!

しかし、該当客車の電源を切って乗客を他の車両に避難させた後、そのまま運行を続けたとのこと。



さらに、目的地に到着した後、

そのままその車両を使って運行を継続させていたようです。


火災があった車両には煙とにおいが立ち込めたままなのに、

そのまま運行するとは信じがたい行いですねwwwwwww


その後、再びソウル駅に戻ったところで、ようやく火災の原因が分かったとのことです。


ま、放火とレイプが国技のバ韓国なので、これくらいでは動じないんでしょうねぇ。


今回の火災で死者が出なかったことが残念でなりません。


次はトンネル走行中にでも火災をおこしてもらい、車掌がいの一番に逃げ出す姿を拝みたいものですwwww


-----------------------
走行中に火災起きたKTX、終点着30分後には上り線で運行継続

 ソウル発浦項(ポハン)行きの高速鉄道(KTX)の客室で、走行中に火災が起きた。韓国鉄道公社(コレイル)は安全規定上、該当客車を運行から除外しなければならないが、ソウルに戻る上り線にもそのまま投入した。

 鉄道業界とコレイルなどによると、16日午後12時40分、ソウルを出発して浦項に向かったKTX463便の15号車の天井から午後2時頃煙が出て炎が飛び始めた。これを見た乗客たちが客車内のインターホンで列車チーム長と乗務員に通報し、不安を感じた一部の乗客は消火器を持って火を消そうとした。列車チーム長と乗組員は、車両の照明ソケットで出火しことを確認後、客車の電源を切って乗客10人を別の車両に避難させた。

 コレイルの安全規定は、列車で火災が発生した場合、最寄りの駅に停車して代替列車に交換したり、後続列車に乗客を乗り移さなければならないと定めている。また、火災が起きた列車は近くの車両基地で点検や修理を受けることが義務付けられている。KTX京釜(キョンブ)線の場合、五松(オソン)駅に代替列車が常時待機している。

 しかし、コレイルはこの列車を目的地の浦項までそのまま運行し、到着30分後の午後3時30分には再びソウル行きの466便に投入した。上り線で該当客車のチケットを予約買いしていた乗客12人は、燃えるにおいがひどいうえ、火災の起きる危険があるとして隣の車両である16号車などに移動させた。コレイルはソウル駅到着後、火災の原因が客車の蛍光ソケットの接触不良であることを突き止め、新しいソケットに交換した。

 匿名を求めた鉄道業界の関係者は、「高速で走行するKTXの特性上、小さな火事の危険でも、これを抱えて運行する場合、大きな被害につながる可能性がある」とし、「安全規定に従って別の便を投入すべきだった」と指摘した。コレイルで列車整備を担当する関係者は、「列車を釜山車両基地に移動させて点検しなければならないが、30分後の上り線の出発時間に間に合わせようと、臨時の措置だけを取った後、運行に投入したとみられる」と話した。

 これに対してコレイルの関係者は、「東大邱(トンテグ)駅に停車したときに火災の原因を把握し、その後、火が出た車両の電源を遮断してから運行したため、安全に問題はないと判断したので、代替便を投入しなかった」と明らかにした。5分ほどに過ぎない東大邱駅での停車中に火災の原因を正確に把握するのは難しいという指摘に対しては、「開運以来今まで培ってきたノウハウがあるので(火災の原因が何か)すぐ分かる」と語った。

http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1430512/1
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る