韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

OECD

わずか2か月で再び下方修正www OECDがバ韓国の経済成長率を発表!!

売春で外貨を稼ぐしかないのがバ韓国


OECDが再びバ韓国の2019年度経済成長率を下方修正していましたwwww


2か月ほど前に下方修正したばかりですが、

ここに来て再びマイナスの判断を下していたのです。



まぁ。これも当然の結果と言えるでしょう。



他国の技術を丸パクリし、劣化コピーを乱造することで経済を作り上げてきたバ韓国。



しかし、その手法はもう通じません。


化けの皮が剝がれ、バ韓国産というだけで敬遠されるようになっているのですからwwww



これからはお得意の売春産業に力を入れるしかないのでは?


いつものように日本人のフリをして外国で荒稼ぎすることでしょう。




もっとも、その手法も通用しなくなってきているので、


経済崩壊は免れないでしょうねwww




-----------------------
OECDが韓国の経済成長率をまた下方修正、ネットからは不安の声

 2019年11月22日、韓国・世界日報などによると、経済協力開発機構(OECD)が韓国の今年の経済成長率の見通しを再び下方修正した。

 韓国・企画財政部によると、OECDは21日、今年の韓国の経済成長率見通しを9月(2.1)の予測値から1ポイント下方修正し、2.0%とした。9月にも0.3ポイント下方修正していたが、わずか2カ月で再び下方修正した。一方で来年の成長率は以前の見通しを維持して2.3%としたという。

 OECDは韓国経済について「世界景気の低迷、米中の貿易摩擦による不確実性、半導体価格の下落などで輸出と投資が減少している」と分析し、「包容的で持続可能な成長のためには労働移動率と生産性を高め、急速な高齢化に備える必要がある」と指摘した。その上で「労働市場の規制緩和、デジタル技術教育などで女性や若者の雇用を促進し、高齢者の雇用の質を向上させるなど労働市場の改善に期待している」としたという。

 これに韓国のネットユーザーからは「マイナス成長じゃないの?」「本当に2%?もっと低いのでは?」「2%?信じられない。企業の工場が減り続けているからマイナス成長だと思った」など驚きの声が上がっている。

 また、「GSOMIAを破棄した瞬間に成長率はマイナスになる」「今年の成長率は1.8%くらいかな。税金はたくさん使っておきながら経済成長は最悪」「経済成長率が絶対的なものではないけど、何度も下方修正されるのをみると韓国経済に問題があるってことだよね。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は所得主導成長に執着するべきではない」などと分析するユーザーも見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b761612-s0-c20-d0149.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















またまたOECDの最下位獲得!! バ韓国の司法機関への信頼度wwwww

バ韓国の司法機関は信頼度最低


またまたバ韓国がOECD内の最下位を獲得していましたwwww


今回判明したのは「司法機関への信頼度」!


この事が判明すると、バ韓国の裁判所関係者は大慌てwww


OECD本部に異議を申し立てたんだとか。



さすがイチャモン国家ですねぇ。


ま、わざわざランキング調査などしなくても、分かり切ったことでしたね。


司法機関云々を抜きにしても、ヒトモドキなんて生物はこれっぽっちも信頼できないんですから。



-----------------------
司法機関への信頼度OECD最下位、韓国大法院で大騒動に

 韓国大法院に今年9月、一通の公文書が届いた。標題は「一目で見る政府2019」。経済協力開発機構(OECD)が加盟37カ国を対象に各国の司法機関に対する信頼度を調べ、ランキングを付けた調査結果の草案だった。韓国は最下位だった。OECDが加盟国ごとに国民1000人に「裁判所を信頼するか」を尋ねた設問で、「信頼する」との回答は韓国が最も少なかった。

 大法院は大騒ぎになった。裁判所関係者は「(大法院の)幹部の間で韓国の順位をどうにかして削除すべきだ」という話が出た。大法院は9月中旬、外交部を通じ、OECD本部に異議を申し立てた。異議は質問事項が正確ではないという趣旨だった。OECDは司法機関への信頼度を調べる際、「韓国の司法システムと裁判所を信頼するか」と尋ねたが、「司法システム」には裁判所だけでなく、検察や刑務当局も含まれるため、裁判所だけに限った信頼度調査とは言えないというものだった。大法院関係者は「裁判所と検察でどちらの信頼度が低いのかあいまいだ」と話した。大法院の問題提起を受け、OECDは近く発行予定の最終報告書の司法機関信頼度ランキングから韓国を除外する方針とされる。

 大法院は異議申し立てには一理ある。ドイツなど欧州の多くの国々では韓国とは異なり、法務省傘下に裁判所と検察がある。OECDはその点に考慮し、2012年12月から2-3年に1回、加盟国の司法機関の信頼度を調査する際、「裁判所」と検察が含まれると解釈可能な「司法システム」に対する信頼度も同時に尋ねる設問にした。

 論争を受け、2年前にもOECDの司法信頼度調査から韓国が除外された。大法院関係者によると、梁承泰(ヤン・スンテ)元大法院長の時代の17年にも大法院がOECDに同様の異議を申し立て、結局最終報告書から韓国が除外されたと説明した。当時韓国の裁判所に対する信頼度は最下位ではなかったが、下位圏だったとされる。

 ただ、今年の調査が示唆する点は大きいとの指摘も多く聞かれる。金命洙(キム・ミョンス)大法院長は17年9月の就任以降、司法改革を目指した。司法行政権乱用疑惑を調べるとして、前任大法院長の時代に要職に就いていた判事に大規模な「積弊清算」作業を展開した。その過程で100人を超える判事が検察の取り調べを受け、判事数十人が懲戒された。名分は「司法の信頼回復」だった。しかし、その2年間の人的な清算が裁判所の信頼回復ではなく、信頼低下につながった格好だ。

 過去2年間の「司法積弊清算」を主導した勢力が進歩傾向の判事サークルであるウリ法(我々の法)研究会と国際人権法研究会である点も信頼低下に少なからず影響を与えたとみられている。両組織に所属する判事は、「梁承泰行政処」の判事に対する3回の独自調査、弾劾の働き掛けで先頭に立った。金命洙大法院長は両研究会の会長を歴任した人物だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00080167-chosun-kr
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【祝! 1位返り咲き】バ韓国の自殺率、OECD加盟国の中で最高レベルに!!

自殺するバ韓国塵だけは褒めてあげたい


昨年バ韓国で自殺した屑チョンは1万3670匹だったようです。


10万匹あたりの自殺者の数は24.7匹!


これはOECD加盟国で最高レベルでしたwwwww


とくに素晴らしいのは10代の自殺者が前年比22.1パーセントも増えていたことです!!


老い先短い屑チョンが自殺するより、遥かに効率的ですからね!!




でも、まだまだ物足りません。


1日当たり平均37.5匹だなんてケチなことは言わず、毎日万単位で自殺してほしいものです。



劣等種として自然界から淘汰される前に、自ら死んだほうが幸せだと思いますよ。



-----------------------
一日平均37.5人、自殺する「憂鬱な大韓民国」

 昨年、韓国で一日平均37.5人が自ら命を絶ったことが分かった。ここ数年間減っていた自殺率は大幅に増加した。韓国はまだ経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最高レベルの自殺率を記録している。特に10・30・40代のような若い年齢で自殺率が大きく増えた。

 統計庁が24日に発表した「2018死亡原因統計」によると、昨年の自殺死亡者数は1万3670人で、2017年より9.7%(1207人)増加した。人口10万人当たりの自殺死亡者数は26.6人で、前年比2.3人増加した。

 特に国別年齢構成の影響を除去し、標準的な人口10万人当たりの自殺者数を集計した年齢標準化自殺率で、韓国は24.7人であった。 OECD 36ヶ国の最近の統計(2014~2018年)と比較して最高レベルだ。韓国の年齢標準化自殺率はOECD平均(11.5人)の倍を超えた。韓国の年齢標準化自殺率は、2003年から2016年までの14年連続OECD 1位だったが、2017年OECDに新規加入したリトアニアの(24.4人)に次いで2位(23.0人)に下がった。 OECDがまだ発表していない昨年リトアニアの年齢標準化自殺率が24.7人より低く出ると、韓国は再び「最も憂鬱な国」1位に上がることになる。

 自殺率は80歳以上の高齢層を除く全年齢層で1年前より増えた。特に10代22.1%、30代12.2%、40代は13.1%増加した。若い年齢層で二桁の増加率を見せたのだ。自殺は10~30代の死亡原因のうち、圧倒的1位。 10代の死亡者の35.7%、20代の死亡の47.2%、30代の死亡者の39.4%を占めている。これは癌による死亡よりも20%ポイント以上高い数字だ。 40~50歳代では自殺が癌に続く死亡原因の2位だった。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?rankingType=popular_day&oid=005&aid=0001242467&date=20190924&type=1&rankingSectionId=101&rankingSeq=29
-----------------------




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















「先月の就業者数は大幅に増えたニダぁぁぁ!」実際は高齢者の短期労働が増えただけというバ韓国wwww

国民を騙し続けるバ韓国文大統領


バ韓国統計庁が、最新の就業者数を発表していました。

先月の就業者数は前年比“45万匹増”とのこと。



文大統領が糞尿臭い鼻息を荒くしながら喜んでいる姿が目に浮かびますね。


しかし、その45万匹のうち、39万匹は60歳以上とのこと。


しかも、仕事の内容は政府が無理やり作り出した公園の雑草取りやゴミ拾いwwwwww


当然、30代から40代の就業者数は文大統領の政策によって減り続けているわけです。




でも、あの低能どものことですから、この数字のカラクリに気づくことはないんでしょうね。


文大統領の生み出したまやかしに騙されたまま、醜く生涯を終えてくれることでしょう。


ヒトモドキには相応しい死にざまですwwww



-----------------------
韓国で45万人増えた就業者、39万人は60歳以上

 韓国政府が多大な国の資金をつぎ込んで生み出した高齢者短期雇用や、昨年の雇用事情が良くなかったことによる「基底効果」により、先月の就業者数は大幅に増えた。しかし、韓国経済の根幹である製造業や30-40代の就業者数はマイナスの状態を抜け出せずにいる。

 韓国統計庁が11日に明らかにしたところによると、先月の就業者数は2735万8000人で、1年前より45万2000人増えた。これは、2017年3月の46万3000人以降、この2年5カ月間で最大の増加幅だ。

 雇用状況が改善されたかのように見えるが、内容は良くない。就業者のほとんどが60歳以上の高齢者だからだ。先月の60歳以上の就業者数は39万1000人増え、全雇用増加分の86%に達した。一方、30代の雇用は9000人減少、40代の雇用は12万7000人減少した。 30-40代の雇用は23カ月連続で下がっているが、これは過去最長期間となる同時下落傾向だ。また、昨年8月の就業者数増加は3000人にとどまり、「雇用ショック」と言われたほどだったが、このため今年同期の雇用数が大幅に増えることになったというのが専門家たちの見方だ。 2010年以降の韓国の8月の就業者数は、2015年(18万6000人)と昨年を除いて一度も20万人を下回ったことがない。今年8月の就業者数増加幅は、最近2年間の累積値(40万人以上)を回復したに過ぎないということだ。しかも、増加した雇用の質も良くない。政府が生み出す「保険業・社会福祉サービス業」で就業者が17万4000人増えて最も大幅な増加となっており、その一方で製造業の就業者数は2万4000人減少した。先月の雇用動向を見ると、就業者に関する数字のうち、雇用率(61.4%)や失業率(3.0%)などはおおむね良くなった。しかし、よく見ると、韓国経済が直面している暗たんたる現実が明らかになったという見方が多い。

 最も深刻なのは増えた就業者のほとんどが60歳以上の高齢者だという点だ。65歳以上の就業者に対象を絞っても23万7000人にのぼる。これは、昨年増えた雇用の52.4%に当たる。公園の雑草取りや伝統市場の掃除といった、高齢者を対象にした1-2カ月間の公共事業に関する雇用を政府が今年大幅に増やしたことが、全体の数字を押し上げるのに影響しているということだ。統計庁関係者は「先月の全新規就業者45万人のうち、10万人が政府の公共雇用事業のおかげで仕事を得た」と述べた。政府は来年、高齢者の雇用を今年より13万件以上さらに増やす計画だ。一方、30-40代の雇用は縮小している。ソウル大学のキム・ソヨン教授は「失業率が低いと景気も良くなるものだが、現実にはそうではない。高齢者雇用増加は、生産性向上や経済活性化にはほとんど役に立っていない」と話す。韓国の国内総生産(GDP)の30%近くを占める製造業部門の雇用が減少している状況も変わらない。先月の製造業就業者は2万4000人減り、17カ月連続で下落した。製造業と共に良い就職先の代表とされる金融・保険業就業者数も先月は4万5000人減少した。製造業と金融・保険業だけで6万9000人の雇用が失われたのだ。

 このような状況から、複数の主要機関が韓国経済の見通しを非常に暗いと見ている。経済協力開発機構(OECD)は11日、韓国の今年7月の「景気先行指数(CLI)」を前月より0.08ポイントダウンの98.79と発表した。これは26カ月連続の下落で、1990年の統計開始以来、最長期間に達するものだ。CLIは6-9カ月後の景気の流れを予測する指標で、通常100を超える場合は景気上昇、100以下なら景気下降と解釈されている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/09/12/2019091280018.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る