韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

OECD

前代未聞!!!! OECD加盟国の中で初めて出生率が1未満になったバ韓国wwww

バ韓国の出生率低下は前代未聞


バ韓国の昨年の出生率は、0.98匹!

これはバ韓国史上最低の数値とのことwwww


さらに!

出生率が1未満になったのは、OECD加盟国の中でバ韓国が初めてのようです。



この前代未聞の出生率の低下で、バ韓国の少子高齢化にますます拍車がかかることになります。


日本の大きなミスによって21世紀の現在まで生きながらえてしまった朝鮮ヒトモドキ。

その間違いが自然の摂理によって正されようとしているわけです。



何がなんでも我々の目の黒いうちに、屑チョンどもの絶滅を実現させましょう!


-----------------------
韓国、出産率世界最低…「類例を見つけにくい」

 韓国の合計特殊出生率が史上初めて0人台に落ちた。合計特殊出生率は一人の女性が妊娠可能な期間(15~49歳)に産むと予想される子どもの数を意味する。 

 統計庁が27日に発表した「2018年出生・死亡統計暫定結果」によると、昨年の出生数は前年(35万7800人)よりも8.6%減となる32万6900人と集計された。これは統計を作成し始めた1981年以降、歴代最低値だ。 

 昨年合計特殊出生率は0.98人で歴代最低だった前年(1.05人)を下回った。現在の人口水準を維持するには合計特殊出生率が2.1人でなければならない。「0人台出産率」は世界的にも類例を見つけにくい。統計庁のキム・ジン人口動向課長は「経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち、合計特殊出生率が1未満に落ちたところはなかった」と話した。 

 このような少子化の原因は複合的だ。まず20~30代序盤人口そのものが減った。加えて青年の婚姻年齢がますます遅れている。就職ができず、住居費負担などで結婚そのものを回避している。結婚しても出産を先送するか子供を産まない夫婦が多くなっているのも主な原因だ。 

 これに伴い、韓国の人口減少時点も早まる展望だ。カン・シヌク統計庁長は、最近中央日報とのインタビューで「少子高齢化が予測よりも早く進行していて、韓国の総人口減少時点が前倒しになるかもしれない」とし「急激な人口構造の変化によって雇用・福祉・年金・教育・住宅など主要政策に波及効果が大きいものと予想される」と話した。

https://japanese.joins.com/article/694/250694.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















衝撃の結果!!!!! 不幸だと感じているバ韓国塵は2割強!!!!!!!!

産業も観光も壊滅的なバ韓国


バ韓国で行われていたアンケート調査結果がトンデモないことになっていました!!


「過去と現在に不幸だと感じ、未来も良くならないニダ」


と答えた屑チョンが2割以上いたとのこと。


いやぁ、馬鹿だ、馬鹿だとは分かっていたつもりですが、

この結果は驚愕ですね。



バ韓国に対し、

明るい未来を期待している屑チョンが8割近くもいるだなんて!!



ま、現状を把握できるような能力を屑チョンどもに求めるのは酷な話でしたねwwww


このまま能天気に種の消滅を迎えていただきたいものです。




-----------------------
韓国人、幸福度非常に低い…「社会に対する不安と不信強い」

 韓国国民の約20%は過去と現在に不幸だと感じ、未来も良くならないと考える。5人中1人が「幸福脆弱層」だという結果が出た。 

 韓国保健社会研究院は「保健福祉フォーラム」に掲載された報告書「韓国人の幸福と幸福要因」〔イ・ヨンス韓国開発研究院(KDI)経済情報センター資料開発室長〕でこのような内容を昨年11月に発表した。同報告書は韓国開発研究院が行った国民幸福指標開発研究の過程で成人2000人をアンケート調査した内容を基に作成された。 

 報告書によると回答者の20.2%は「現在不幸で、過去と比べて良くなっていないし未来も希望的でない」と答えた。「過去よりましになったが現在不幸で未来も希望的でない」と答えた回答者も2.4%であった。報告書はこの回答者の22.6%を「幸福脆弱層」と分類した。幸福脆弱層には60代以上の高齢層と40代・50代の男性が多かった。また、世帯所得と教育水準が低いほど幸福脆弱層に含まれる可能性も高かった。 

 他国と比べても韓国国民は「幸福」と距離があった。経済水準に比べて幸福度が高くない。国連が毎年発表する「世界幸福報告書」によると韓国の幸福指数は5.875を記録した。調査対象の157カ国中57位だった。経済協力開発機構(OECD)の会員国34カ国では32位だ。ほぼ最下位だ。幸福指数は国家別回答者が0~10点満点で付けた「幸福体感度」だ。韓国が2017年の国内総生産(GDP)基準で世界12位だということを考えれば「幸福水準」は経済水準に大きく遅れを取っている。 

 また、回答者は韓国社会は「敗者復活」が容易ではないと考えている。経済的失敗・病気に対する危機感が高かった。「韓国社会では事業の失敗や破産などに陥れば、大抵は回復できない」と答えた回答者が全体の55.9%だった。また、「本人や家族が重い病にかかれば家庭経済が崩れやすい」と考えた回答者は67.3%にもなった。敗者を再起させる社会システムに対する不安と不信が強く敷かれていた。また「初めての職場に入る時、いわゆる一流会社に入れなければ一生うまくいかない」と答えた回答者も35.7%だった。 

 国民は今より暮らし向きが苦しくなるだろうという不安も大きかった。報告書で「韓国社会を評価した時、もしかしたら下層に落ちる可能性がどれほどあるか」という質問に対し回答者の56.8%が「そのような可能性が若干ある」と答えた。「可能性がとても高い」という回答も15.1%もの比率になった。回答者の71.9%が「下層に墜落する可能性がある」と考えていた。回答者の10人中7人は現在の暮らしの水準を維持するのが容易ではないと見たことになる。 

 報告書は「韓国社会の幸福格差を減らすために焦点を置く必要がある」とし、「脆弱階層の所得および雇用状況改善に優先的な関心を持ち、中長期的には社会全般に広がったシステムの不安と不信を解消していかなければならない」と話した。

https://japanese.joins.com/article/895/249895.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















医療の診療回数はOECD最多なのにwwww 健康に自信があるバ韓国塵はOECD平均の半分以下wwww

バ韓国塵の年間診療回数はOECDで最多


自分の事を健康だと思っている屑チョンの割合は、32.5パーセントほどなんだとか。


これはOECD平均の半分以下の値です。


屑チョンどもの年間の医療の診察回数は17回で、OECD内で最多!!


それなのに、健康状態にまったく自信がないとは笑わせてくれますwwww




自分が健康体ではないと思い込むのは、神の采配かもしれませんね。


思い込みの力でどんどん健康を害してもらい、その醜い一生をさっさと終えていただきたいものです。



そもそも、この時代に朝鮮ヒトモドキという種が絶えていないことが大きな間違いなのですから!


-----------------------
「自分は健康」と思う人の割合 韓国はOECD平均の半分以下

 経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち韓国は平均寿命が長いにもかかわらず、韓国国民は自身が健康だと考える人の割合が低いことが分かった。

 このほど韓国の保健福祉部と国民健康保険公団がまとめた資料「2018OECD保健統計」によると、満15歳以上の韓国人のうち健康状態が良好だと考える人の割合(2016年)は32.5%にとどまった。OECDの平均(67.5%)よりはるかに低い。ニュージーランドが87.8%で最も高く、日本は35.5%だった。

 韓国人は自身が感じる健康状態の水準が低いが、平均寿命(16年)は82.4歳でOECD平均の80.8歳を上回った。平均寿命が最も長い国は日本で84.1歳。最も短い国はラトビア(74.7歳)だった。

 また、自身の健康について実際の健康状態よりも否定的に受け止める傾向からか、韓国国民1人が医師の診療を受ける回数(16年)は年17.0回で、OECD加盟国のうち最も多かった。OECD平均は6.9回だった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/28/2018102801078.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国塵どもの外来診療回数、OECD平均の2.3倍以上だった!!!!

バ韓国塵の診療回数はOECD平均の2.3倍


1年間に病院を訪れる回数は、バ韓国塵どもが1匹あたり平均17回なんだとか。


この回数はOECD平均の「2.3」倍!!!!!!!!!


もちろんダントツの1位です。



これはバ韓国の医療機関が薄利多売のシステムになっているため、診療回数が増えているということみたいです。



つまり、安かろう悪かろう臭かろうってやつですねwwww



診療費の低さゆえ、何度も通院させようと考える病院側。

本来ならすぐに治療できる病気やケガであっても、だらだらと先延ばしにしているんでしょうね。




その結果、病気が悪化したり、死に至る屑チョンも少なくなさそうです。


とても素晴らしいことですね!



-----------------------
韓経:韓国人、OECDで最も多い外来診療回数…入院期間も日本に続き2番目

 経済協力開発機構(OECD)の中で韓国人が病院の外来診療を最も多く受けていることが分かった。入院期間は日本に続き、2番目に長かった。他の国より医師に会いやすいうえに、健康保険診療費が安くて医療機関が薄利多売型サービスを主に提供していることが原因に選ばれた。 

 14日、保健福祉部のOECD健康統計によると、2016年一年間韓国人は医療機関を1人当たり平均17回を訪れた。毎月病院を平均1.4回訪問した。OECD平均(7.4回)より2.3倍多かった。2番目に診療回数が多い日本(12.8回)より4.2回さらに行った。医療機関を最も少なく訪問したスウェーデン(2.8回)より6倍も多かった。外来診療回数は急速に増加した。5年前である2011年には韓国人(12.5回)より日本人(13回)が病院をよく訪れたが、5年で順位が逆転した。 

 入院も長い。患者1人当たり平均入院日数は18.1日で、OECD平均(8.3日)より2.2倍長かった。日本(28.5日)に続き2番目だ。入院日数が10日以上の国はフランス(10.1日)を含めて3カ国だけだ。韓国人の入院日数は増え続けている。2011年16.4日から5年目にして1.7日増えた。 

 病院をよく訪問し、入院日数も長いが、韓国の軽傷医療費の支出規模はOECD平均より低かった。国内総生産(GDP)に比べた医療費支出の割合は7.6%で、OECD平均(8.9%)より低かった。医療費支出の割合が最も多い国は米国(17.2%)だった。医療界関係者は「国民が全員恩恵を受ける普遍的健康保険保障制度を施行しているため、『低負担-低診療報酬システム』を選択した韓国で医療機関は診療回数と入院期間を増やして低い診療費による損失を補ってきた」と説明した。

https://japanese.joins.com/article/054/246054.html?servcode=400&sectcode=400
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る