韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

SK建設

【みんな知ってたww】ラオスのダム決壊、バ韓国企業の利潤追求が引き起こした破壊テロだったことが判明!!

ラオスのダム決壊はバ韓国による破壊テロだった


7月に発生したラオスのダム決壊ですが、施工会社であるバ韓国のSK建設のトンデモない工事の実態が明らかになっていました。


・ダムの形式を変更

・建築材料の変更

・設計を変更して傾斜や高さを変える


……これらは、少しでも多く利潤を得ようとするためのものです。

その結果、ダム決壊という大惨事に至ったわけです。


しかし、SK建設側は、


「基本設計はスケッチに過ぎないため、

実際の施工図面と比較すること自体が間違ってるニダ!!」


などとトンデモなく醜い言い訳をしています。



やはり天災などではなく、バ韓国塵どもの破壊テロだったわけです。




ラオスで亡くなった人たちの命の重さは、朝鮮ヒトモドキを37564にしたとしても釣り合うものではありません。


しかし、きゃつらを一匹残さず土に還すことによって、屑チョンどもによる破壊テロが無くなることになります。


これ以上の犠牲者を出さないためにも、地上から穢れたDNAを完全に消し去りたいものですね。



-----------------------
ラオスのダム決壊、韓国企業の「欲」が生んだ人災だった?=韓国ネットから批判の声

 2018年10月15日、韓国・ハンギョレによると、ラオスで7月に起きた大型水力発電ダム決壊事故をめぐり、施工会社である韓国・SK建設が過度な利益を上げるためダムの設計を変更していた疑惑が持ち上がった。 

 記事によると、韓国与党「共に民主党」のキム・ギョンヒョプ議員から提出を受けたSK建設の資料「ラオスダムプロジェクト実行計画」(12年11月作成)には、基本設計変更の権限がSK建設にある点を利用して「管理費および利潤」を工事費の15%まで確保するとの内容が盛り込まれていた。SK建設は12年8月、ラオスダム開発を担当する合弁会社「PNPC」と、「管理費および利潤」を工事費の12.2%まで保障を受けることで合意していたが、さらに利潤を上げるため「ダムの形式と築造材料の変更、斜面の傾斜調整で工事費1900万ドルを削減する」などの細部計画を立てたという。 

 この計画の中で、記事は「ダムの高さを低くするなどの設計変更が行われたこと」に注目している。資料の中の基本設計図面では、五つの補助ダムの高さが10~25メートルとなっているが、SK建設が実際に施工した後に提出した図面では、補助ダムの高さが3.5~18.6メートルになっているという。 

 また記事は、問題点として、同事業に「政府の公的開発援助資金」が投入されたことを挙げている。11年にラオス政府がダム建設のため韓国政府に借款支援を要請したことを受け、SK建設、韓国西部発電、ラオス国営会社LHSEなどは合弁会社「PNPC」を設立した。同事業は公的開発援助の形で進められていたが、市民団体が環境問題を指摘したことで韓国輸出入銀行の資金支援が受けられなかった。しかし15年5月に突然、韓国企画財政部がラオスダム事業を含む4件の借款支援方針を決定。ラオスダム事業は同年10月に「対外経済協力基金」事業に追加され、同年12月にはラオス政府に約687億ウォン(約68億円)が支給された。公的開発援助事業は年末の国会予算審議と国際開発協力委員会の事業審議を必ず経なければならないが、こうした過程は無視されたという。 

 これについて、SK建設関係者は「基本設計はスケッチに過ぎないため、実際の施工図面と比較すること自体が矛盾している」と指摘。一方、キム議員は「ラオスダム事故は、設計を変更してまで過度な利潤を上げようというSK建設の欲望と、手続きを無視して借款を供与した前政府が生み出した総体的な人災」と指摘した。 

 これを受け、韓国のネットユーザーからは「あきれた。権力に追従し、金で不正を働き、外国でまで事故を起こすなんて」「前政府にいくら渡した?これだから大企業への信頼がなくなる」「当然といえば当然。韓国内での習慣はなかなか直らないよ」「ラオス国民に韓国はどういう国として記憶されるだろうか?良心のない企業が韓国の格を下げた」「ラオスだから強気に出たのだろう。もし米国で同じことをしたら、多額の損害賠償でSKは跡形もなく消えていた」などSK建設に対する批判的な声が相次いでいる。 

 また「SKの建設免許を取り上げるべき」「他の入札で不利になるとしても、原因を究明して再発防止に努めよう」と訴える声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b630295-s0-c10-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【これぞバ韓国クオリティ】加害者のSK建設が、ダム決壊による被害者に嫌がらせ!!!!!!!!!!

バ韓国SK建設がラオスに作った避難所


屑チョンどもが作っているこの建物、なんだと思いますか?

家畜を飼うための小屋のようにも見えますが……。




なんと、コレ。


ラオスのダム決壊で被害にあった人用の避難所として、

加害者のSK建設が作ったものなんです!!





きゃつら屑チョンには相応しい小屋ですが、

被害にあった人に対しては嫌がらせでしかないでしょう。



屑バ韓国塵による救済なんて、誰も望んでいません。

我々人類は望んでいるのは、屑どもがこの世から消えてなくなることなのす。



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















ラオス政府「ダム決壊は自然災害ではなくバ韓国企業の手抜きが引き起こした人災」と断言!!

ラオスのダム事故、バ韓国企業に補償責任


ラオスのダム決壊事故について、

ついにラオス政府が「ダム事故は人災」だと発表していました。


自然災害なら政府が補償を行うところでしたが、

今回はバ韓国側の企業がその責任を負うことになったワケです。




ここからが見ものですね。

果たして本当にバ韓国の企業が支払うのか、

それとも口約束だけしていつものようにトンズラするのか。



日本に泣きついてくる可能性もかなり高そうですねwwwwwww


-----------------------
ラオス政府「ダム事故は人災」、SK建設に補償要求か

 韓国のSK建設が参画してラオス南東部で建設中だった水力発電用ダムが決壊した事故をめぐり、ラオス政府が「自然災害ではなく人災」との立場を表明したと現地の国営メディアが2日、報じた。

 ラオス国営メディア、ビエンチャン・タイムズによると、ラオスのシーパンドン副首相は先ごろ、事故処理のための特別委員会会議で「洪水はダムにできた亀裂が原因で発生したもので、被害者への補償も一般的な自然災害とは違う形になるべき」と言及した。つまり「特別補償」が必要というわけだ。エネルギー鉱業省のポンケオ局長も「われわれには被災者に対する補償規定があるが、この規定は今回の事故には適用されないだろう。今回の事故が自然災害ではないからだ」と述べた。

 ラオス当局が発表した現時点での人命被害は死者13人、行方不明者118人。周辺の村や田畑の浸水に伴う物的被害の規模はまだ具体的に明らかにされていない。

 SK建設、韓国西部発電、タイのラチャブリ電力、ラオスのLHSE社による合弁会社、PMPC側は、6億8000万ドル(約700億円)規模の建設工事保険に加入している。工事保険は、工事の目的物であるダム自体の損害などを補償するもので、一般住民の被害については特約事項となっている。

 SK建設は「工事に関連して事故が発生した場合、第三者に対する被害まで補償する保険にも入っている」と説明した。しかし、事故原因が施工上の問題と判明し、民間人の被害金額が保険で設定された金額を上回る場合、SK建設が大規模な被害補償を行わなければならなくなるというのが業界の分析だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/02/2018080202962.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【ラオスのダム決壊】バ韓国SK建設「被害が拡大したのは現地政府と住民のせいニダ!!」

バ韓国企業がダム決壊の原因を政府に押し付ける


ラオスのダム決壊に対して、バ韓国企業がトンデモない発言をしていました!!


「ラオス政府や現地住民の事故抑止意識の低さのせいで、大きな被害になったニダ!」


手抜き工事をしておきながら、政府や住民に責任を押し付けるとは非常識にもほどがありますね。



ま、人類の非常識イコールバ韓国の常識なわけですから、

きゃつらにとってはこれが当たり前なのでしょう。



我々日本人には分かり切っていたことですが、

今回の事故で屑チョンどもの腐りきった醜い性根がより広く世界中に知れ渡ることでしょうね。


-----------------------
ラオスのダム決壊、韓国企業「ラオス政府や住民の意識の低さが被害拡大の原因」―韓国メディア

 2018年7月31日、観察者網は、 ラオス南東部で発生したダム決壊事故について、工事を請け負っていた韓国SK建設が調査報告で「ラオス側の対応が被害拡大の原因」との見解を示したことを報じた。 

 記事は、韓国・聯合ニュースの報道を引用。SK建設の調査報告は「現地時間22日午後9時ごろに現地住民が結果の兆候を発見し、SK建設が直ちにラオス当局に連絡して近隣住民を避難させるよう求めた。23日朝、SK建設は再び当局と近隣の村長に対して避難指示を出すよう要求。近隣の村長らは同日昼に『すべての人を避難させた』と報告したが、午後3時ごろに『洪水の水位が高くなって避難できない』という住民の声が届いたため、SK建設では再び現地当局に確認を求めた。同6時ごろ、責任者がSK建設の建設現場職員に避難完了を知らせた後、同8時ごろに大規模な決壊が発生し、多くの死者と行方不明者を出した」とし、「当局や現地住民の事故抑止意識の低さが大きな被害につながった」との見方を示していると伝えた。 

 また、決壊が発生したもう一つの理由としてSK建設は連日の豪雨の発生を指摘。事故発生時の10日間積算雨量が1000ミリを超え、事故の前日だけで438ミリの雨が降ったと報告している。 

 記事によると、SK建設の報告に対してラオス政府は正式なコメントを出していないというが、同国のカンマニー・インティラートエネルギー・鉱業相は26日の記者会見で「基準に満たない低水準の建設が事故の原因」と指摘していた。また同国のトーンルン・シースリット首相が事故原因の徹底究明を進める意向を示すとともに、賠償問題についてはプロジェクトの開発業者が全て責任を負う必要があると発言している。

https://www.recordchina.co.jp/b629699-s0-c30-d0135.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る