韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

THAAD

【中国市場】限韓令の時よりも売れないバ韓国車!! ついに北京工場の稼働中止に!!

北京にあるバ韓国の自動車工場が稼働中止に


中国市場でのバ韓国車がいよいよ追い詰められてきました。


なんと、THAAD問題に端を発した限韓令の時よりもバ韓国車が売れていないとのこと。


現代自動車は前年比18.4パーセント減で、

ついに北京の工場の稼働を中止することになったんだとか。



それでも、現代自動車は、


「中国市場をあきらめることは絶対にできないニダ!」


「中国の消費者の嗜好に合う新モデルを出すニダ!!」



……と無駄な抵抗を続けるようです。


今更何をしても意味がないというのに、低能どもは現状を理解できないようですね。




その結果、ますますバ韓国の国力が下がるだけなので、

我々にとっては楽しい展開になりそうですwww



-----------------------
THAADの時よりも中国で売れない現代自動車

 現代自動車の中国における第1四半期(1-3月期)の販売台数が、「終末高高度防衛ミサイル(THAAD)報復」の真っ最中だった2017年第1四半期よりも悪化した。第1四半期の実績としては10年ぶりの低い数字だ。

 現代自動車が18日に明らかにしたところによると、中国の合弁会社「北京現代」の第1四半期販売台数は13万2678台で、前年同期の16万2612台に比べ18.4%減少したとのことだ。これは、2009年第1四半期の10万9072台以降で最低の水準だ。小型乗用車「エラントラ(韓国販売名:アバンテ)」や小型クロスオーバー・スポーツタイプ多目的車(SUV)「ツーソン」など主力モデルの販売がすべて振るわなかった。特に、バス・トラックなど商用車を生産する「四川現代」の販売台数は1210台にとどまり、法人設立(2012年)以来、最悪の実績となった。四川現代は現在、資本食い込み状態にある。

 現代自動車は来月から年間30万台の生産が可能な北京第1工場の稼働を中止するなど、大々的な構造調整に入っている状態だ。起亜自動車の中国法人も塩城第1工場を来月から稼働中止する。業界では、現代自動車が中国でさらなる構造調整に乗り出す可能性が高いと見ている。中国の自動車メーカー「吉利汽車(吉利自動車)」が各種先端機能を備えた安価な車で中国市場第3位(シェア7%)に浮上し、ホンダ・日産・トヨタなど日本の自動車メーカーが高級車イメージを打ち出した一方で、現代自動車は独自の競争力を確保できなかったためと見られている。現代自動車関係者は「中国市場をあきらめることは絶対にできない。常時構造調整を通じて生産台数を弾力的に調整し、中国の消費者の嗜好(しこう)に合う新モデルを出す」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/19/2019041980004.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【旧正月】中国人観光客の旅行先人気国、2018年度はバ韓国が3位! そして今年は……

中国人観光客にも見限られたバ韓国wwww


旧正月で海外に出かける支那畜どもは、今年700万人ほどなんだとか。

その行先として、バ韓国は昨年に3位となっていたようです。


しかし!


今年はランク外wwwww


いくら知能の低い支那畜でも、


バ韓国に観光しに行っても意味がないということに気づいたようですね。



あの低能どもにすら見限られるだなんてwwww


いよいよバ韓国の崩壊が現実味を増してきたので、嫌でも期待が膨らんでしまいますね。



-----------------------
「韓国には行かない」中国人観光客の変化を韓国メディアが懸念も、ネットは余裕?

 2019年2月6日、韓国・SBSは、「海外旅行に行く中国人が年々増加する中、韓国が関心の外に置かれている」と伝えた。 

 記事によると、旧正月の連休を迎えた中国では約700万人が海外旅行に出かけるとの調査結果が発表された。昨年の650万により約8%増えた過去最大規模だという。旅行先の人気1位はタイで、後には日本、インドネシア、シンガポール、ベトナムが続いた。 

 地理的に近い、もしくはノービザで入国できる国が上位に入ったが、韓国は「例外」となった。一昨年まではタイ、日本に続き3位を占めていたが、今年はランク外(15位まで発表)となったという。 

 記事はその理由について「高高度防衛ミサイル(THAAD)配備により反韓感情が高まったこと、中国政府の団体観光規制が完全に解除されていないことが原因」と説明している。また「中国の海外旅行客は毎年10%以上増加しており、昨年は1億4000万人を超えた」とし、「中国人たちを韓国に呼び戻す対策が必要だ」と訴えている。 

 これについて韓国のネットユーザーからは「来なくていいよ。特に体感できる利益もないし。むしろ街が静かでいい」「中国人観光客が増えると、物価も賃貸料も上がる。企業や建物所有者にとってはいいかもしれないけど、一般市民にいいことは一つもない」「中国人観光客がいなくても発展、跳躍できる道を探すべき。その方が韓国の未来のためになる」など、特に気にしていない様子の反応が数多く寄せられている。 

 一方で「お金をたくさん使ってくれる中国人観光客がいないのは大変な問題」「ソウル中心地の商店のことを考えると、感情的に来るなとは言えない」と経済を心配する声も。 

 その他「韓国観光は韓流アイドルに頼り過ぎ。だからすぐ飽きられる」「中国の方が観光名所がはるかに多いのだから、わざわざ韓国に来るわけない」「観光は日本に、不法滞在は韓国に?」など、韓国観光の問題点を指摘する声も上がっている。

https://www.recordchina.co.jp/b681222-s0-c30-d0058.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















中国政府に踊らされるバ韓国の観光業界www 再び「バ韓国への団体観光」が禁止に!?

観光価値が存在しないバ韓国


THAAD配備で始まった中国の限韓令

それが解除されて、バ韓国への団体観光旅行が可能となっていたハズですが……。


またここに来て突然撤回されたようです。


中国政府が何を考えているのか不明ですが、

手の平で転がされてるバ韓国って本当に不様ですなぁwwww




中国政府の対応で一喜一憂して設備投資をしたり嘆いたりと、無駄な労力を費やしているわけです。


ま、完全に限韓令が解除されたとしても、

バ韓国の観光業界が盛り上がることは決してないでしょう。


なにしろ、1度バ韓国を訪れた観光客のほとんどがリピーターにはならないのですからwwww




-----------------------
また元通り?中国が「韓国団体観光許可」を突然撤回し、韓国観光業界からため息

 韓国・マネートゥデイは14日、中国の旅行会社のホームページから韓国への団体観光関連商品が突然削除されると伝えた。記事は「高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備決定後に規制を受けていた韓国観光業界が正常化するとの期待がしぼんでしまった」論評した。 

 記事によると、中国トップのオンライン旅行会社・シートリップは同日、本社で役員会議を開き、12月末までに出発する中国人の韓国団体観光商品の販売を決定し、同日午後に団体観光商品をホームページに掲載した。決定には、中国国家観光局の承認があったという。しかしほどなくして、シートリップは再び全ての韓国団体観光商品をホームページから削除。現在はこれまで通り個人自由旅行の商品のみが掲載されているという。中国国内の観光業界関係者は「観光局から韓国関連商品を引き下げるよう指示があったそうだ」と話している。 

 中国政府は今年(2018年)になり、北京・山東・重慶・上海など韓国団体旅行可能地域を増やす一方で、「チャーター機の使用」「クルーズの使用」「ロッテグループ系列会社訪問」「オンライン観光商品の販売禁止」という「4不政策」は維持してきた。韓国の免税業界関係者は「業界の期待は膨らんだが、再び突然団体商品の販売が中止され困惑している」として、「一時的な措置なのかどうか、中国側の動きを見守る」と話しているという。 

 同件について、韓国のネットユーザーからは「どうぞお好きに」「日本に行けばいい。日本人は親切だそうじゃないか。韓国はPM2.5というお客で満員」など強気なコメントが寄せられている。また「中国なしで観光業を育成できたら、長期的に競争力も上がる。よいことと思う」「中国がいなくても生きていけるように準備しよう。いつまで中国人観光客に媚びるの?」と主張する声もある。 

 一方で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は早く北京に行って習近平(シー・ジンピン)主席に制裁を解除するよう言って」「文大統領がTHAAD報復やPM2.5に関して何も言えず、中国の言いなりなのはなぜ?」など、韓国政府に積極的な対応を求める声も見られた。

https://www.recordchina.co.jp/b632747-s0-c20-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















次はバ韓国のTHAADか!? 板門店から武器弾薬が完全に撤去される!!

朝鮮半島の板門店から武器弾薬が撤去される


朝鮮半島の板門店で、南北ともに武器弾薬などを全て撤去したとのこと。

地雷の撤去も終わっているので、

いざ北チョンが攻めてきたらアッというまにバ韓国中が火の海になってくれそうですねwwww


次はTHAADの撤去を訴えてきそうな勢いです。


うーん、実に素晴らしい傾向ですね。


見せかけの平和に踊らされ、反米志向が強まっていくでしょう。


そうなれば、晴れて朝鮮半島中を南北の分け隔てなく攻撃できる体制が整うのですからwww



朝鮮半島を焼け野原にして地図上から消せば、東アジアが抱えているほとんどの問題はあっさり解決することでしょう。



-----------------------
「南北が板門店の共同警備区域から武器弾薬や見張りを全て撤去」報道に中国ネット「THAADはいつ撤去するの?」

 2018年10月26日、環球時報は、韓国と北朝鮮の双方が板門店の武器弾薬などをすべて撤去したと米メディアが伝えたことを紹介した。 

 記事は米CNNの25日の報道を紹介。それによると、韓国と北朝鮮は、板門店の共同警備区域からすでに全ての武器や弾薬を撤去したという。これは「極めて象徴的な意義あること」であり、「韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、南北の緊張をより一層緩和することを希望している」と伝えた。 

 記事は、板門店の共同警備区域は、これまで長期間にわたって地球上で最も危険な場所の1つとされ、南北の兵士が対峙(たいじ)し命令を常に待っている状態だったと紹介。しかし、今では板門店の地雷はすでに全て撤去され、全ての歩哨所、銃、弾薬も撤去されたという。これは、先月の南北首脳会談で合意したことの一部だと伝えた。 

 これに対し、中国のネットユーザーから「平和の福音だ」「いずれにしても平和はいいこと」「半島の平和に向けた大きな第一歩だな」など、歓迎するコメントが多く寄せられた。 

 一方で、「(在韓米軍に配備された)THAADはいつ撤去するの?」「終戦協議の際には中国を呼ぶことを忘れずに」「国連軍も解散しないと」などの意見や、「ちょっと怪しいな。ストーリーの進みが速すぎる」「一触即発の緊張状態がなくなれば、板門店はただのテーマパークになるな」というコメントもあった。

https://www.recordchina.co.jp/b634172-s0-c10-d0035.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る