韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

YouTube

さすがキチガイwwww バ韓国政府が「大食い動画」の規制を検討中!!

バ韓国で流行っている大食い動画


バ韓国では、大食いしている様子をネットにアップするという気持ち悪いブームがあるようですが……。


ここに来て、政府が健康への悪影響を懸念して「食事のライブ配信」への規制を検討しているようです。


どうやらバ韓国政府は、規制することによって国民の肥満率を抑えられると考えているみたいですね。



いやぁ、規制する方もされる方もキチガイ地味てますなぁwwww



どちらにしろ、

きゃつらの食事動画を好き好んで見るような連中は、

この地球にとって不要な存在なのでどうでもいいことでしたねwwwww


-----------------------
韓国政府が肥満率を抑えるために規制を検討しているもの―中国メディア

 2018年10月29日、北京青年報は、韓国政府が食事のライブ配信を規制する政策を検討していると伝えた。 

 韓国のインターネット上では数年前から、ユーザーによる「大食い」のライブ配信が人気を博している。記事によると、韓国国民健康増進政策審議委員会は最近、視聴者への悪影響の懸念から「食事のライブ配信」の管理を強化する政策を検討しているという。 

 関係筋によると、政府が検討している政策には、食事のライブ配信における暴飲暴食の禁止や、調味料の過度の使用の禁止、高カロリーの食べ物を勧めることの禁止などが含まれるという。政府機関の担当者は、食事のライブ配信を制限することで、肥満率を抑えることができると考えているようだ。

https://www.recordchina.co.jp/b186962-s0-c30-d0062.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・正義党、党の紹介映像で新海誠監督作品を丸パクリ!!!!!!!

バ韓国の政党が新海誠監督作品を丸パクリ


バ韓国の野党がとんでもないパクりをしていました!!


正義党の公式紹介映像がYouTubeで公開されていたのですが、

その映像内で新海誠監督の作品から盗用したシーンが数多く使われていたのです。



関係者は、


「映像制作者が新海監督の熱烈なファンだったニダ!」

「締め切りの圧迫に勝てず作品をトレーシングしたみたいニダ!!」


と弁明してたとのこと。



それにしても酷いパクりっぷりですなぁ。


教室にいる学生が窓の外を眺めている場面、

会計するコンビニ店員の手がクローズアップされる場面、

2人の女性が向かい合って走る場面、


など、どう考えても丸ごとトレースしたようなものばかりです。



ま、人類の英知を勝手にパクって生き長らえている屑みたな連中なので、

何の罪悪感も感じていないのでしょうねwwwww


-----------------------
新海誠監督の作品場面に酷似…韓国の正義党、広報映像盗用問題を謝罪

 韓国野党「正義党」が党公式紹介映像の盗用疑惑を認めて謝罪した。 

 30日、正義党は報道資料を通じて「27日に公開した党公式紹介映像に使われた相当数の場面が日本の新海誠監督が製作したZ会『クロスロード』の場面やCM映像場面をトレーシングしたり構図を盗用したりしたことが明らかになった」と公式に明らかにした。 

 新海監督は『君の名は。』という作品で有名な日本アニメ監督だ。 

 トレーシングは原本の上に透明な紙をのせて書き写すことで、正義党の広報映像には新海監督の作品『クロスロード』とCM映像場面をトレーシングしたものが入っていた。 

 正義党は「まず、創作者である新海監督の権益を侵害し、監督の作品を愛している多くのファンの方々にご心配をおかけしてしまった点に対して、深い謝罪の言葉を申し上げる」と伝えた。 

 続いて「問題になった映像はメディアチームの一員が自らの製作したもので、問題を認知したと同時に直ちに掲示された映像をすべて撤回し、内部的に事実関係を把握した」と付け加えた。 

 映像製作者は新海監督の熱烈なファンで、締め切りの圧迫に勝てず作品をトレーシングしたと伝えられた。 

 正義党は「チーム員の誤った判断が始まりだったが、該当の映像の問題点を発見できないまま配布したという点で責任を深く痛感している」とした。 

 あわせて「今回の事態を契機に、個人と集団が自身の創作物に対して持つ権利の大切さに改めて気づいた」とし「創作者の権利保全と権益向上のためにより一層努力する」と付け加えた。 

 正義党は最近、公式YouTube(ユーチューブ)チャネルに党紹介映像を公開したところ盗用問題が浮上した。

https://japanese.joins.com/article/606/244606.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|breakingnews
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国で流行っている「●●辞めました」動画とは……

失業率が悪化する一方のバ韓国


現在、バ韓国では自分の退職光景を撮影し、それをネットのアップするのが流行っているそうです。



……

どうせなら「生きるのを辞めました」動画にしてくれませんか?




ま、屑チョンどもの小汚い遺体なんざ見たくないですから、

決して動画を再生することはないんですけどねwwwwww



-----------------------
「仕事辞めました」 退職放送に拍手する韓国の20-30代

 「今ご覧の映像は、私が退職願を出そうとしている様子です。退職1分前!」

 若い女性がカメラに向かって手を振り、オフィスに入っていく。そして、「今、チーム長に会社を辞めると言ってきました」と拳をぎゅっと握って喜ぶ。インターネット上にアップロードされた「退職放送」の一部だ。最近、会社員が自分の退職の過程を映像に収め、ネット上に掲載する動画が人気だ。一部動画の再生回数は数万回に達する。これを見たほかの会社員たちは「すごい勇気だ」とコメントを付ける。

 動画共有サイト「ユーチューブ」には先月、「仕事辞めました」というタイトルの12分間の動画がアップされた。ある大学教職員が2年間勤めた学校に退職願を提出した後、最終出勤日の勤務の様子を自撮りで撮影したものだ。同僚たちがケーキをプレゼントし、「退職おめでとう」と歌を歌う様子や、年末調整還付金の領収書を出力する様子が映っている。退職をめぐる悩みを打ち明ける動画もある。大手労務法人の仕事をやめてすぐ海外旅行に行くというイさん(25)は最近アップした動画で、「組織生活で自分の存在感がなくなるような感じがした」と語った。退職後に好きなスポーツの試合を見ながら祝ったり、友人とおしゃべりをしたりする動画もある。

 こうした退職動画の下には「その勇気がうらやましい」「すごい」などのコメントが数百件寄せられている。あるネットユーザーは「私も3年間、退職の意思を抱えている会社員。すぐに同じ気持ちが感じられるようになりたい」と書き込んだ。「上司に怒られた後にこの動画を見ながら、退職願を出す自分の姿を想像して満足感を得ている」という人も多い。

 「退職放送」をアップしたり、コメントを付けたりする人々のほとんどは20-30代だ。退職を「負け」と思っていた旧世代とは違い、彼らは退職を新たなスタートだと見なしているのだ。就職そのものが難しい時代に、このような退職放送はややもすると「おふざけ」に見えるかもしれない。だが、彼らは「会社員にとって退職は何よりも切実な話だ」と言う。職場生活のつらさから退職という言葉が頭をよぎる多くの同年代の人々に「退職経験者」として実質的なアドバイスをしたいというのだ。退職しても再就職できない冷酷な現実を語ることもある。高麗大学社会学科のファン・ミョンジン教授は「退職・離職が頻繁になった20-30代にとって、退職は避けるものではなく、きちんと計画して決心すべきものだ。ソーシャル・メディア世代はそうした決心に関して多くの人々とコミュニケーションしている」と分析した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/30/2018033001814.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国・少女時代のYouTube動画、屑在日4世どものグループが組織的にポチっていたことが判明!!!!!!!!!!

知的障害を抱えた売春婦どものグループ、「少女時代」


先日発売されたバ韓国の売春婦時代とかいうメスグループの新曲。

そのPVがYouTubeで異常な再生回数となっていましたが、そのカラクリの一部が判明していました。


屑在日4世のメスエスティシャンをリーダーとする糞在日グループがシコシコと再生ボタンを連打していたというのです!!!!!

しかも、メンバー内の実業家(笑)などは、業務として自分の会社の従業員にそれを業務として強要していたんだとかwwwww


いやぁ、呆れちゃいますねwwwwww



再生回数が増えれば増えるほど、屑チョンのキチガイっぷりを世界にアピールするだけだというのに。


相変わらずの全力自己紹介……、ご苦労様でした。



-----------------------
AKB48とそんな変わらないのに!? YouTubeで爆発的な再生数を記録する少女時代、その裏にはとあるカラクリが...

 韓国の人気ガールズグループ、少女時代の動画再生回数の水増し疑惑が持ち上がっているが、日本生まれの韓国人女性エステティシャンを中心とするグループが回数アップの支援をしていたことがわかった。

 グループのメンバーによると組織のリーダー格は大手エステチェーン「たかの友梨ビューティクリニック」で高い営業成績を誇った経験もある20代の女性エステティシャン・Yさんで、過去に俳優の溝端淳平と短期間ながら交際していたことがあったという美女。数年前に独立して銀座に自分の店を開店し、日本で活躍する韓流スターのほか、韓国とつながりの深い芸能人たちの後援もしてきたという。

「Yさんは両親とも韓国人だが、生まれも育ちも日本の在日4世。朝鮮高時代から培ってきた在日独特のコミュニティグループを持っていて、若い実業家を中心にした在日120名ほどのグループのまとめ役になっているんです。そんな彼女が情熱を注いできたのが少女時代の応援で、来日時は無料で彼女たちのエステを担当。CDを大量に購入して芸能関係者に配ってみたりもしていました」(グループのメンバー)

 最近では動画の再生回数のアップにも貢献すべく、仲間に再生を呼びかけるだけでなく、一部の実業家メンバーにはその従業員にまで協力を指示していたという。

 少女時代は今月7日、新曲「PARTY」のプロモーションビデオをYouTubeで公開したが、その再生回数がわずか3日ほどで800万回を超えた。アジア全体で高い人気を誇る日本の人気アイドルでも200万回に達するためには数カ月を要することを見ても、その数字は不自然だ。

「リアルにそれだけ再生されていたら世界的な社会現象になっていないとおかしい」と音楽関係者も話す。

「少女時代は東南アジアなど韓国以外でも高い知名度を誇っていますが、それは日本のAKB48あたりと比べても突出しているわけではない」(同)

 少女時代は過去のプロモーションビデオでも、ジャスティン・ビーバーやレディー・ガガを抜く7,500万回以上の再生記録で話題になったことがあったが、CDなどの売り上げはビーバーやガガには遠く及ばず、その再生回数は欧米でも「珍現象」として紹介されていたほど。

 そのカラクリが、どうやらこうした応援グループによる"後押し"だったようだ。ただし前出の音楽関係者は「理由がどうあれ、再生回数を上げること自体は不正とは言いにくい話」という。

「日本のアーティストでも熱狂的なファンが再生回数アップを呼びかけることはありますし、AKB48の総選挙で無制限の投票によって金を集めさせているのに比べればかわいい話」(同)

 実際、そのAKB48でもファンのグループが再生回数のアップを呼びかけたことはあったが、それでも、これだけ異様に高い数字を記録させる力があるというのなら、それはAKB48オタクよりも上ということになる。

「何しろ、こっちのグループは実業家の集まりですから、オタク男性とは使える資金もケタ違い。それに在日のグループなんて支援者のごく一部で、韓国内にはもっとすごい勢力がいるんですよ。800万回の内訳では、私たちの割合なんてたかだか知れてます」と前出メンバー。

 そんな在日グループにも独特の悩みがあり「同じグループ同士の派閥争いがある」という。

「ライバルグループがKARAの応援をしていて、こっちがKARAの応援をしにくくなったことがありました」(同)

 同じコリアンのタレントを区別なく応援したい人にとっては複雑な胸中かもしれないが、ちょっとメンドクサイ話だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10390508/
-----------------------



それにしてもこんな屑グループのリーダーであるメスと付き合っていたとされる俳優の溝端淳平ってwwwwwwwww


溝端淳平の出自なんて知ったこっちゃありませんが、屑在日と付き合っていたと噂がたってしまうとは致命的でしょうね。




韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る