韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)

このブログでは、なぜか日本のマスコミでは取り上げられない韓国のニュースを中心にお届けします。どうか世界が平和でありますように。

iPhone

アップルの新作iPhone、バ韓国での発売は他国より3か月遅れwwwwwwwww

iPhoneの新作がなかなか発売されないバ韓国


先日公開されたiPhoneの新作3種(XS、XS MAX、XR)。

1次発売国は30か国、2次発売国は20か国となっていて事前予約が早くも過熱しています。



しかし!



バ韓国は今回も1次発売国からも2次発売国からも外されていましたwwwwww



アップル社も分かっていますね。

バ韓国で商売することは、利益の損失に直結するということを。


そもそも屑チョンどもには、低能民族に相応しいサムスンのスマホがあるのだから問題ないですよね?






いつどこで爆発するか分からないスマホを肌身離さず持ち歩くのが好きだというキチガイ民族wwwww


そんなヒトモドキの分際でiPhoneを欲しがるだなんて、分不相応にもほどがありますね。



-----------------------
韓国がまた除外された!iPhone新作の発売国リストに韓国ネット不満=「韓国を見下してる」「これも戦略?」

 2018年9月16日、韓国・毎日経済は「iPhone新作、韓国をまた1、2次発売国から除外…なぜ?」と題する記事を掲載した。 

 記事によると、米アップルが今月13日に公開したiPhoneの新作3種(XS、XS MAX、XR)の1次発売国(地域を含む)に、アジアでは中国、香港、日本、シンガポール、台湾が、2次発売国にはインドが含まれた。世界全体でみると1次発売国は米国など30カ国、2次発売国はチェコなど20カ国余りという。1次発売国ではiPhoneXS、XS MAXは14日に事前予約を開始、21日に正式に発売される。iPhonXrは1カ月ほど遅い来月19日に事前予約を開始、26日に正式に発売される予定だ。 

 韓国は今回も1次発売国から外され、2次発売国にも含まれなかった。発売が1~2カ月遅れることを考えると、iPhoneXsは12月中の発売が予想されるという。 

 これまでに発売されたiPhoneの販売量を国別に比較すると、1、2次発売国には韓国より販売量が少ないところも含まれている。それにもかかわらず、韓国が3、4次発売国となった背景として、記事は「他のアジア国家に比べて相対的に厳格な電波関連規制」を指摘している。 

 国立電波研究院によると、iPhoneの新作を韓国国内で発売するためには電波研究院の「電波認証」を経なければならない。電波研究院がスマートフォン試験機関に選定した50社のうちアップル側が1社を選定して電波適合性評価を受け、その評価結果による最終承認は電波研究員が担当するというものだ。評価には1カ月ほどかかるという。問題はアップル側が外観、部品配置図、回路図など各種書類を提出しなければならない点で、記事は「新製品の情報流出のリスクがあるため、アップルの神秘主義戦略に反する」と伝えている。 

 これについて、電波研究院の関係者は「電波適合性評価を通過したという認証書があって初めて、iPhoneの新作は税関を通過することができる」とし、「審査過程でデザインなどスマートフォンの詳細情報を試験機関に公開しなければならない」と説明している。 

 この記事を見た韓国のネットユーザーからは、韓国が1、2次発売国に含まれていないことについて「アンドロイドからiPhoneに変えたら不便だよ。高く売るくせに韓国を見下してる」「アップル製品を買わなければいいこと」「スティーブ・ジョブズのいないiPhoneなどいらない」など不満の声が上がっている。 

 一方で「アップルが韓国を見下してるのに、新作が出たって喜ぶ人間がいることが理解できない」「韓国人がどれだけiPhone買ってると思ってるんだ」との声も上がり、韓国での一定のiPhone人気もうかがえる。 

 一部では「買いたがるように仕向けてるのでは」「韓国にはサムスンというライバルがいるから、何か戦略がある気がする」などと推測するコメントも寄せられている。

https://www.recordchina.co.jp/b645583-s0-c20-d0127.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















特許侵害? iPhone Xがバ韓国で販売禁止になる!?

iPhone Xがバ韓国で販売禁止に


現在、バ韓国政府がアメリカのアップル社に対して調査を進めているようです。


理由は、アップル社がバ韓国科学技術院(KAIST)の開発したプロセッサの製造技術の特許を侵害したというもの。



このままで行くとアップルに不利な結果となるのは確実なんだとか。


ま、そりゃそうでしょうね。

バ韓国政府が自国に有利になるよう動いているワケですから。



その結果、バ韓国でアップル製品の輸入販売が禁止になるとのこと。





別に構わないのでは?


バ韓国でiPhoneが入手困難になっても、困るのは屑チョンどもだけですからねwwww



そもそも屑チョンがiPhoneを使用しているだけで、iPhoneのブランドの価値が下がります。


だからアップル社にとっても歓迎すべき事態でしょうね。


-----------------------
韓国でiPhone Xが販売禁止になる可能性―中国メディア

 2018年9月11日、新浪科技は、韓国でアップル製品が販売禁止になる可能性について伝えた。 

 記事は、「アップルは韓国科学技術院(KAIST)の開発したプロセッサの製造技術の特許を侵害したとして韓国政府の調査を受けているが、この調査結果がアップルには不利なものになりそうだ」と紹介。これは、KAISTが開発したFinFETと呼ばれる技術を、アップルが許可なく使用したと訴えられているもので、この技術を使用するとプロセッサの集積度を向上させることができる。 

 記事によると、産業通商資源部はすでに調査を開始しており、2度の調査期間延長を経て、最終的な結果はアップルに不利なものとなりそうだという。記事は、「仮に産業通商資源部の最終的な結論がアップルに不利なものとなった場合、iPhone Xを含む多くのアップル製品の韓国への輸入が禁止されることになる」と指摘した。 

 これより前にKAIST傘下のKIPは、米国でサムスンを訴え、4億ドル(約440億円)の賠償金を勝ち取っている。しかし、サムスンはFinFET技術の使用は認めているが、このバージョンはサムスンが内部で研究開発したもので、KIPが申請した特許のバージョンとは異なると主張しており、サムスンは裁判所が裁定したKIPの特許は、米国と韓国において無効であると訴えているという。 

 そのため、産業通商資源部はアップルに対して結論は出していないものの、最終的な結論はアップルに不利なものになると産業通商資源部は暗示しているという。しかし記事は、「サムスンが勝訴すれば、KAISTの特許は無効と見なされるため、アップルも特許侵害の責任を負わなくて済む」と指摘。産業通商資源部は、現在のところサムスンの上訴の結果を待っているところで、結果が出てからiPhoneやiPadを禁止するか否かを決定するとしている。

https://www.recordchina.co.jp/b642683-s0-c20-d0035.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















バ韓国のiPhoneユーザー6.4万匹がアップル社を提訴!!!!

スマホの爆発でバ韓国塵が全匹死ねばいいのに


バ韓国のiPhoneユーザー6.4万匹が、アップル社を提訴していました。


「アップデートでスマホの動きが重くなったニダ! 新機種に買い替えさせる目的ニダ!!」


と鼻息を荒くしながら総額127億5340万ウォンの賠償を求めているんだとか。



いくらiPhoneを貶めたところで、サムスンのスマホの価値が上がるわけでもないのにwwwww

相変わらず、醜い根性してますなぁ。



そもそも屑チョンの分際でiPhoneを使うのが間違いですね。


ヒトモドキに相応しい爆発スマホを肌身離さず持ち歩くのが正しい姿なんですからwwwww

-----------------------
韓国ユーザー約6.4万人がアップル提訴 iPhone動作減速で

 米アップルがスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」旧機種の動作を意図的に遅くしパフォーマンスを低下させたため被害を受けたとして、韓国のユーザー6万3767人がアップルの米本社と韓国法人を相手取り損害賠償を求める訴訟をソウル中央地裁に起こした。法律事務所のハンヌリが30日、同地裁に訴状を提出した。

 原告側は、アップルがiPhoneの基本ソフト(OS)の更新によりパフォーマンスが低下することを知っていながら、買い替えを促す目的などでこれを隠してユーザーに配布したとし、iPhoneの被害と精神的被害に対する1人20万ウォン(約2万円)、総額127億5340万ウォンの賠償を求めた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/30/2018033001926.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ















【アップルの新作スマホ公開イベント】バ韓国のメディアだけが招待されずwwwwwwwwww

アップルの劣化コピーしか造れないバ韓国のサムスン


先日、アメリカ・カリフォルニア州のアップル新社屋で“iPhone Xの公開イベント”が大々的に行われていました。

世界各国のメディアが招待されていたワケですが……。


バ韓国のメディアはゼロwwwwwww


ただの1匹も招待されていなかったようです。


さぞかし会場の空気は綺麗だったんでしょうねぇ。

屑チョン1匹が息をするだけで数百メートル四方の空気が穢れてしまうんですからwwwww


ま、元々アップルはバ韓国を市場として考えていませんから、

今回の措置は妥当でしょうね。




一部の屑チョンどもは、バ韓国で施行された新たな法律のせいにして納得しているようですが……。

この調子で世界中のイベントに屑チョンが1匹も参加しないようになれば素晴らしいですなぁ。



-----------------------
韓国メディア、新作iPhone公開イベントにやっぱり招かれず=「どうしてこうなったか、メディアはしっかり考えてほしい」―韓国ネット

 2017年9月12日、韓国・聯合ニュースによると、米アップル社の新作スマートフォン「iPhone X」の公開イベントに韓国メディアだけが招待されていないことが分かった。 

 アップルは8月31日(米国現地時間)、各国メディアの記者に対し、9月12日に米カリフォルニア州クパチーノにあるアップル新社屋内の「スティーブ・ジョブズ・シアター」で行われる新作iPhone公開イベントの招待状を発送した。 

 しかし12日現在、韓国メディアの記者でこの招待状を受け取った人は一人もいないという。招待状がなければ当然イベントには参加できず、韓国の記者は注目の高いiPhone X関連の情報を海外メディアの報道を参考に間接的に取材せざるを得なくなった。 

 アップルは韓国の記者を招待しなかった理由を明らかにしていないが、韓国で昨年9月に施行された「不正請託および金品など授受の禁止に関する法律(請託禁止法)」に抵触することを懸念したとの指摘が出ている。 

 アップルは昨年まで、製品発表などのイベントに韓国記者の一部を招待してきた。しかし今年6月に開かれた「世界開発者会議(WWDC)2017」には韓国記者の招待はなく、請託禁止法の影響が指摘されていた。 

 請託禁止法では、企業が特定のメディアを選定し取材の利便性を提供する行為は違法と見なされる。また、国民権益委員会の請託禁止法マニュアルによると、主催者側が「公式なイベント」に伴う交通・宿泊・飲食物やこれに準ずる便宜の提供はできるが、「公式イベント」に認められるためには、原則として参加者が特定されたり差別されたりせず、オープンでなければならない。 

 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「メディアが企業から金品を受け取っていたからこんなことになったんだ」「請託禁止法がなぜこのような内容になったのか、メディアはしっかりと考えてほしい」「企業からお金をもらっていろんな海外取材に行くのは、さぞかし蜜の味だったろう」など、請託禁止法と関連しメディアへの不信の声が多く寄せられた。 

 また、「私たちの生活に必要なのはiPhoneよりも請託禁止法だ」と、請託禁止法への肯定的な意見も。 

 その他に、「どうせイベントに参加しても、他国の記者が書いた記事をコピーして貼り付けるだけ」とのコメントもあった。

http://www.recordchina.co.jp/b190316-s0-c20.html
-----------------------



韓国が嫌いな人だけ押してください
人気ブログランキングへ








アンケート
★よろしければ、アンケートにご協力お願いいたします。








拡散のお願いです
★日本ではなかなか報道されない【韓国の実態】を世間に知らしめるため、一日1クリックしていたければ幸いです。
オススメ外部サイトの記事
★当ブログ管理人のオススメ外部記事です。



★皆さまへ
いつもコメントありがとうございます。
RSS


韓国ネタ(なぜかマスコミでは取り上げられない)
このページのトップに
戻る